夜の本気ダンス×Panasonic「プライベート・ビエラ 19Z1」特集|耳と目で楽しむ「ひとり贅沢」バンドマンも太鼓判の美麗映像と迫力サウンド

耳と目で楽しんでもらいたい、こだわりの初ライブDVD

──「Kotteri!intelli!One Man Show!2018 Live at STUDIO COAST」は、夜ダンにとって初のライブDVDですよね。

鈴鹿 はい。シングルの特典でライブDVDを付けたことはあったんですけど、単独となるとボリューム感が違いますね。曲のつなぎもちゃんとわかるようになってて、僕ら的にはホンマに見どころだと思う。僕ら、照明さんやPAさんもずっと同じ人とやってるので、その人たちと一緒に作り上げたワンマンライブの映像を残せてうれしいです。

──なぜこのタイミングでライブDVDをリリースすることになったんでしょうか?

マイケル(B)

マイケル 西田が入って1年ちょい過ぎたタイミングだし、STUDIO COASTというすごく華のある場所でワンマンをできることになったから映像に残すべきだろうなって。僕らはライブを観てもらってなんぼのバンドなんですけど、現場に行くのにハードルが高い人もいるだろうし。パッケージだったら手に取りやすいかなというのもありました。

米田 今回音にもすごいこだわってて。コーストの空間の広さやライブの臨場感を耳で感じられるようにミックスしてもらったんです。「プライベート・ビエラ 19Z1」のスピーカーだと、会場で鳴っていた音と近い音響で聞こえますね。

マイケル そうだね。奥行きが感じられる。

米田 あとそれぞれの楽器の音がきれいに聞こえるけど、音が分離しすぎてない。いい感じに混ざってる。

──皆さんがオススメしたいDVDの見どころは?

米田 さっきマイケルが話してたアコギのセクションはオススメですね。

マイケル うん。あと僕はアンコールですかね。「戦争」のド頭で僕のおいしいシーンがあって、そこがちゃんと収録されてるので確認してもらいたいです。

西田一紀(G)

西田 個人的に2曲目の「Eve」の後半かな。STUDIO COAST公演のときはステージにお立ち台があって、2曲目のアウトロでバッと前に出てお立ち台に上がった瞬間に歓声がバーッと沸いて。自分の予想よりもすごい盛り上がりだったのでびっくりしたんですよ。お客さんの歓声もDVDに収まってて、印象的なシーンですね。

鈴鹿 ライブDVDだとドラムがじっくり観られると思うので、僕のプレイを観てほしい(笑)。あとは5曲目の「Can't You See!!! 」あたりとか今までとはまた違うノリの曲やったりするんで、耳と目で楽しんでもらえたらうれしいです。

──MCもしっかり収められてますよね。

鈴鹿 そこは観たい人だけで……恥ずかしいんでね(笑)。

10周年を迎え、京都に根付くような活動を

──夜ダンは今年結成10周年なんですよね。

マイケル 10周年については、オリジナルメンバーの鈴鹿くんに語ってもらおうかな。

鈴鹿 10年やってるからって言って「みんな祝ってくれ!」って気持ちはあんまりなくて。自分ではあんまり自覚がないんですけど、でもファンに「10周年だね、おめでとう」とか言ってもらえるとやっぱりうれしいですね。オリジナルメンバーは僕だけですけど、あとから入ってきたメンバーがいなければ10年を迎えることはできなかったので感謝しかないです。

──3月31日にはアニバーサリーイベントがLIQUIDROOMにてオールナイトで開催されます。

夜の本気ダンスと「プライベート・ビエラUN-19Z1」。

鈴鹿 アニバーサリーってファンに何かできるタイミングではあるので、イベントでは感謝の気持ちを伝えたいです。

──オールナイトイベントを開催するのは初めてですか?

鈴鹿 自分らで企画するのは初めてです。普段のライブではやらない昔の曲をやったり、特別なゲストを呼んだり、朝まで飽きずに楽しませられるような内容にしようと考えてます。

マイケル 鈴鹿くんはなんかするの?

鈴鹿 ダンスバトルでもする? これから練習することになるけど。

マイケル たぶんえらい空気になると思うで(笑)。まあ、それくらい自由な感じでやりたいなと思います。

──10周年以降の夜ダンの展望は?

米田 基本は変わらず。音源をリリースして、ライブをして、全国をツアーで回って……あとは京都に根付くような企画を僕たちから発信していけたらいいなって。

鈴鹿 くるりの「京都音楽博覧会」、10-FEETの「京都大作戦」、ROTTENGRAFFTYの「ポルノ超特急」など先輩方が京都でイベントをやってらっしゃいますからね。僕らも、それに続くような形で何かできたらと思います。

「プライベート・ビエラ 19Z1」と間接照明があればモテる!

──最後に新生活を始める人に応援メッセージをお願いします。

西田 そんなに気負わず、神経質にならずに暮らしていればいいんじゃないかと思いますね。僕も夜ダンに加入するタイミングで、神戸の実家を離れて、京都で1人暮らしを始めて環境が変わったんですけど、肩に力が入りすぎるとがんじがらめになるんですよ。「郷に入っては郷に従え」という言葉がありますから、あまり神経質にならなければ自然と環境になじめるんじゃないかな。

米田 そうだね。あと、「プライベート・ビエラ 19Z1」持ってたらモテるんちゃう?

マイケル うん。部屋にこれと間接照明あったら絶対モテる!

鈴鹿 「家にビエラあるから」って言ったら気になるあの子も来てくれるよ(笑)。

米田 なんせスペックがすごいですから。

マイケル ホンマにな。だから鈴鹿くん買うてよ。

鈴鹿 (パナソニックの担当者に向かって)あの……カード使えますか?

──(笑)。新生活を送る人にライブDVDの中から1曲送るとしたら?

鈴鹿 「戦争」ですね。

米田西田マイケル なんでや!?

鈴鹿 いや、これから日々戦っていかなければいけないわけですから!

マイケル 無理やりだな(笑)。

鈴鹿 いや、1曲と言わずやっぱり全部観てほしい! あとライブに来てもらえれば、仕事とか学校でしんどいことがあっても楽しくなると思います。

夜の本気ダンス
Panasonic特集
「アイナ・ジ・エンド(BiSH)×Panasonic「プライベート・ビエラ 19Z1」
夜の本気ダンス×Panasonic「プライベート・ビエラ 19Z1」
Panasonic「プライベート・ビエラ 19Z1」

モニター部とクレードル型スピーカー部とHDD内蔵ブルーレイ / DVDプレイヤー部からなるポータブルテレビ。スピーカーはサブウーファーと4つのフルレンジスピーカーを内蔵した2.1chで、ディスプレイとスピーカーを合体させることにより、ポータブルテレビとしては他に類を見ない迫力ある重低音を実現した。

さらに、ライブ映像を観るのにピッタリな“エクストリームライブ”や、好みに合わせてバーチャルサラウンド効果や低音 / 高音レベルを設定できる“ユーザー”など音声モードも充実。チューナー部にはブルーレイ / DVDプレーヤーが搭載されるうえ、アンテナ線のあるリビングにチューナーを設置すれば好きな場所に持ち運んで(※)視聴することができる。

※建物の構造や周囲の環境によっては、電波が届かない場合があります。

夜の本気ダンス「Kotteri ! intelli ! One Man Show ! 2018 Live at STUDIO COAST」
2018年3月28日発売 / Victor Entertainment
BiSH「PAiNT it BLACK」CD+Blu-ray

初回限定盤 [DVD+CD]
4860円
VIZL-1344

Amazon.co.jp

BiSH「PAiNT it BLACK」CD+DVD

通常盤 [DVD]
4104円
VIBL-878

Amazon.co.jp

DVD収録内容
  1. Call out
  2. Eve
  3. SHINY
  4. LOVE CONNECTION
  5. Can't You See!!!
  6. Japanese Style
  7. fuckin' so tired
  8. You gotta move
  1. B!tch
  2. N.G.S
  3. SEA
  4. Heart Beat
  5. Candy tune
  6. Dance in the rain
  7. By My Side
  8. BIAS
  1. Weekender
  2. WHERE?
  3. Feel so good
  4. TAKE MY HAND
  5. Crazy Dancer
  6. 戦争
初回限定盤CD収録曲
  1. Call out
  2. Eve
  3. SHINY
  4. LOVE CONNECTION
  5. Can't You See!!!

    - HONKI DANCE TIME -

  1. Japanese Style
  2. fuckin' so tired
  3. You gotta move
  4. B!tch
  5. N.G.S
  6. SEA
  1. By My Side
  2. BIAS
  3. Weekender
  4. WHERE?
  5. Feel so good
  6. TAKE MY HAND
夜の本気ダンス(ヨルノホンキダンス)
夜の本気ダンス
米田貴紀(Vo, G)、鈴鹿秋斗(Dr)、マイケル(B)、西田一紀(G)からなる4人組ロックバンド。2008年に京都府で結成された。2014年2月にタワーレコード限定シングル「Bitch」を発表したのち、3月に初の全国流通ミニアルバム「DANCE STEP」をリリース。同年11月にアルバム「DANCE TIME」を、2015年にシングル「By My Side」を発売する。2016年2月から3月にかけてスペースシャワーTV主催のライブツアー「スペースシャワー列伝15周年記念公演 JAPAN TOUR 2016」に出演。同年3月にアルバム「DANCEABLE」でビクターエンタテインメントからメジャーデビューを果たす。9月に前ギタリストの町田建人がバンドを脱退し、10月に西田が加入。12月に新体制後初の作品となるメジャー1stシングル「Without You / LIBERTY」をリリースした。2017年10月にメジャ―2ndアルバム「INTELLIGENCE」を発表し、初の東京・新木場STUDIO COAST公演を含む全国ツアーを開催。2018年3月に新木場STUDIO COAST公演の模様を収めたライブDVDをリリースした。