Panasonic「プライベート・ビエラ 19Z1」 PR

アイナ・ジ・エンド(BiSH)×Panasonic「プライベート・ビエラ 19Z1」特集|オススメ映画も紹介 迫力サウンドのポータブルテレビで「ひとり贅沢」体験

ナタリーで展開するPanasonic「プライベート・ビエラ 19Z1」特集にBiSHのアイナ・ジ・エンドが登場。迫力の音と映像が楽しめる“ひとり贅沢”をコンセプトにした19V型ポータブルテレビ「19Z1」を使って、映画好きを公言しているアイナに自身の好きな映画2本とBiSHのライブ映像を鑑賞してもらった。また家の中で持ち運びができるモニターや本体内蔵のYouTubeアプリの使い心地などを試してもらった。

取材・文 / 田中和宏 撮影 / 西槇太一

Panasonic「プライベート・ビエラ 19Z1」

モニター部とクレードル型スピーカー部とHDD内蔵ブルーレイ / DVDプレイヤー部からなるポータブルテレビ。スピーカーはサブウーファーと4つのフルレンジスピーカーを内蔵した2.1chで、ディスプレイとスピーカーを合体させることにより、ポータブルテレビとしては他に類を見ない迫力ある重低音を実現した。

さらに、ライブ映像を観るのにピッタリな“エクストリームライブ”や、好みに合わせてバーチャルサラウンド効果や低音 / 高音レベルを設定できる“ユーザー”など音声モードも充実。チューナー部にはブルーレイ / DVDプレーヤーが搭載されるうえ、アンテナ線のあるリビングにチューナーを設置すれば好きな場所に持ち運んで(※)視聴することができる。

※建物の構造や周囲の環境によっては、電波が届かない場合があります。

自宅のテレビ&音楽の視聴環境

──普段からテレビはご覧になりますか?

アイナ・ジ・エンド

1人暮らしを始めてからあまり観なくなりました。でもBiSHで自分が出ているテレビ番組とか、挿入歌を歌わせていただいたドラマ「きみが心に棲みついた」とかは観ています。挿入歌(アイナ歌唱参加のMONDO GROSSO「偽りのシンパシー」)がどういうシーンで使われているのか気になって。

──メンバーとテレビ番組の話をする機会はあるんですか?

ハシヤスメ(・アツコ / BiSH)がよくテレビを観てるので、「アメトーーク!」とかの情報を教えてもらいます。彼女はすごいバラエティ好きなんですよ。

──そうなんですね。では音楽は普段どのような環境で聴くことが多いですか?

一番多いのはスマホでYouTubeかな。あと最近ハマっている聴き方があって、TSUTAYAで大量にいろんなCDを借りて、パソコンに取り込んでアルバム単位で聴いています。

──パソコンはスピーカーにつないでいるんですか?

一応つないでるんですけど……1000円くらいのスピーカーです。本当はこだわりたくて何度か電器屋さんに行っていろいろ調べてみたんですけど、どれにしたらいいのかわからなくて。スピーカーはまだ私には早いのかななんて思いながらも、1人暮らしで音楽を楽しむ環境はこれから整えていく感じです。

アイナ・ジ・エンド、オススメ映画はこの2本

──アイナさんが映画を好きになったきっかけを教えてください。

お母さんがすごく映画好きなんです。私が小学生のとき、家に帰ってお母さんがいると、いつも鶏の軟骨をボリボリ食べる音と、映画の音が聞こえてました。しかもお母さんが観る映画は「SAW」とか「バイオハザード」とかグロテスクな作品が多くて、「なんで軟骨食べながら観られるん?」って思ってました(笑)。おかげで人の手が切断されるような映像とかも全然観られるんですよね。

──グロ系の作品にも耐性があるんですね。今回はアイナさんにオススメの映画のDVDを持ってきていただきました。「ライフ・イズ・ビューティフル」「渇き。」の2本ですが、まずセレクトした理由を教えてください。

「ライフ・イズ・ビューティフル」(製作:1998年[イタリア])

解 説
妻となる女性に幸福感を与え、1人息子を戦争の狂気から守りぬく、ある男の人生の物語。愛する者のために笑顔をたやさない主人公の姿が、笑いと共に感動を呼び起こす。
ストーリー
舞台は1939年のイタリア。ユダヤ人のグイドは女性教師と惹かれ合い、騒動の末に結婚。数年後、ナチスに連行されてしまった彼は、幼い息子を収容所の恐怖から守るため大芝居を打つ。

「ライフ・イズ・ビューティフル」は人生の中で一番好きな映画です。切ないけど心が温まるという表現がぴったりの作品で、家族への愛がとても伝わってくるところが大好きです。

アイナ・ジ・エンド

──同じ事務所のWACK所属のカミヤサキ(GANG PARADE)さんがTwitterで「泣ける系か、ファンタジーでオススメ映画あったら教えてください是非!」と投稿した際、アイナさんはこの映画をオススメしてましたね(参照:アイナ・ジ・エンド (@aina_BiSH) | Twitter)。

映画の話になるとついオススメしちゃうくらい好きなんですよね。この映画は物語を通じて“わかりやすい親からの愛”を感じるんです。その気持ちを自分の親と重ねて、「お父さんもこういうふうに私を愛してくれているのかな」と思ったり、逆に「私が親になったらこういうことが子供にできるのかな」って思ったり。この映画に影響を受けたと言うよりは、映画を観たことで親の愛について考えるきっかけが生まれたって感じです。

──もう1本の映画は役所広司さん、小松菜奈さんが親子役を演じている映画「渇き。」です。

「渇き。」(製作:2014年[日本])

解 説
映画「告白」の中島哲也監督が役所広司を主演に迎え、深町秋生の小説「果てしなき渇き」を映画化。突然、失踪してしまった優等生の娘を、元刑事の父親が捜索するうちに想像もしていなかった事態に巻き込まれていく姿を描く。主人公の娘役をオーディションで抜擢された小松菜奈が演じるほか、妻夫木聡、オダギリジョー、中谷美紀らが出演している。
ストーリー
元刑事で警備員の藤島のもとに、離婚した元妻から娘・加奈子が失踪したという連絡が入った。加奈子は成績優秀、容姿端麗で高校ではカリスマ的存在。藤島は自分のせいで壊れてしまった“家族“を再び取り戻すべく、1人で姿を消した加奈子の行方を追う。

小松菜奈ちゃんが世界で一番好きなんです。それがきっかけで観たんですけど、内容も大好きです。主人公のお父さんは失踪した娘に人生をめちゃめちゃにされたのに、その娘を一生懸命探すんですね。「親って例え自分の子供が人を殺したとしても味方でいてくれるものなのかな」って思いました。だとしたら、かけがえのない唯一の存在だなって。“親からの愛”という意味では「ライフ・イズ・ビューティフル」と似ているんですけど、作品を通して親の愛の形を客観的に感じることもできたし、「こういう関係性もあるのか」と新しい考えが生まれるきっかけにもなりました。

BiSH「PAiNT it BLACK」
2018年3月28日発売 / avex trax
BiSH「PAiNT it BLACK」CD+Blu-ray

[CD+Blu-ray]
4320円
AVCD-94027/B

Amazon.co.jp

BiSH「PAiNT it BLACK」CD+DVD

[CD+DVD]
3780円
AVCD-94026/B

Amazon.co.jp

BiSH「PAiNT it BLACK」CD

[CD] 1080円
AVCD-94028

Amazon.co.jp

CD収録曲
  1. PAiNT it BLACK
  2. SCHOOLYARD
Blu-ray / DVD収録内容

2017.11.29 Roppongi Hills Arena
THE けやき坂 GUERRiLLA BiSH

  1. My landscape
  2. SMACK baby SMACK
  3. プロミスザスター
  4. FOR HiM
  5. GiANT KiLLERS
  6. BiSH-星が瞬く夜に-

Music Video

  • SMACK baby SMACK
  • JAM
  • JAM (AiNA THE END Ver.)
  • JAM (CENT CHiHiRO CHiTTiii Ver.)
  • JAM (MOMOKO GUMi COMPANY Ver.)
  • JAM (HASHiYASUME ATSUKO Ver.)
  • JAM (Ling Ling Ver.)
  • JAM (AYUNi D Ver.)

Making Movie

BiSH(ビッシュ)
BiSH
アイナ・ジ・エンド、モモコグミカンパニー、セントチヒロ・チッチ、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dの6人からなるアイドルグループ。BiSを作り上げた渡辺淳之介と松隈ケンタがタッグを組み、彼女たちのプロデュースを担当している。2015年5月に1stアルバム「Brand-new idol SHiT」をリリース。同年5月に東京・中野heavy sick ZEROにて初のワンマンライブ「THiS IS FOR BiS」を開催し、以降のライブは各所でソールドアウトを記録する。2016年5月にはメジャー1stシングル「DEADMAN」をリリースしavexよりメジャーデビュー。さらに6月から10月にかけて全国ツアー「BiSH Less than SEX TOUR」を開催し、ツアーファイナル「帝王切開」では東京・日比谷野外大音楽堂で単独公演を成功させた。同年10月にメジャー1stアルバム「KiLLER BiSH」、2017年3月にメジャー2ndシングル「プロミスザスター」を発売し、6月にミニアルバム「GiANT KiLLERS」を発表。7月22日には千葉・幕張メッセ イベントホールにてグループ史上最大規模のワンマンライブを行った。同年11月にフルアルバム「THE GUERRiLLA BiSH」をリリースした。2018年3月にテレビアニメ「ブラッククローバー」のオープニングテーマを表題曲としたシングル「PAiNT it BLACK」を発表し、5月には神奈川・横浜アリーナにてワンマンライブ「BiSH "TO THE END"」を控えている。