ナタリー PowerPush - きゃりーぱみゅぱみゅ

新曲でLet's 世界征服!きゃりーが気になる3人とは?

きゃりーぱみゅぱみゅが、2013年第3弾となるシングル「インベーダーインベーダー」を早くもリリースした。タイトル曲は「ジーユー」CMソングとして大量オンエア中のアッパーなナンバー。ナタリーでは勢いに乗るきゃりー本人にインタビューを行い、楽曲の魅力について話を聞いた。またインタビューの後半では、今きゃりーが気になる人物を3人教えてもらった。

取材・文 / 大山卓也 インタビュー撮影 / 上山陽介

 
mixiチェック

テーマは世界征服

きゃりーぱみゅぱみゅ

──新曲「インベーダーインベーダー」聴かせてもらいましたが、めちゃめちゃアガる曲ですね。

今回は「ファッションモンスター」に続く「ジーユー」のCMソング第2弾ということで、おしゃれで世界征服するっていうのがテーマなんです。歌詞にも「おっしゃ Let's 世界征服」って出てくるんですけど。

──世界征服をテーマにした曲って、あんまりない気がしますね。

今、ワールドツアーをもうすぐ終えるところなので、そういうのもあって(笑)。アレンジも宇宙サウンド? ピコピコした近未来っぽい感じで、すごく盛り上がれる曲だと思います。サビの「だ だ だ だ インベーダー」っていうところがすごく頭に残るし、中毒性ありますよね。

──ここまでぶっ飛んだ曲ってきゃりーさんには珍しいですよね。きゃりーさんの曲は楽しい曲や明るい曲でも、単に楽しいだけじゃなく、切なさや寂しさを感じさせるものが多いように思います。でもこの「インベーダーインベーダー」は楽しいほうに振り切れてる感じがして。

そうなんです。今回は歌詞も「目からビーム」「耳からミサイル」とか、今までで一番攻めてると思うし、でもこういう現実感のない感じもすごく好きですね。

現実と非現実のバランス

──こういう曲って、歌ってるときはどんな気持ちなんですか?

きゃりーぱみゅぱみゅ

うーん、等身大の自分の気持ちみたいのをこの曲に込めるのは、まあ難しいですよね(笑)。でもいつもレコーディングのときって、気持ちを込めすぎると中田(ヤスタカ)さんにダメ出しされることが多いので、わりと淡々と歌うようにしてて。淡々と滑舌よくはっきり歌うことを心がけてます。

──じゃあきゃりーさんはライブのときも、あまり気持ちを入れずに歌っている?

あ、それは入れてる曲と入れてない曲に分かれます。

──例えば気持ちを入れてる曲って?

入れてる曲は「ふりそでーしょん」ですね。「ふりそでーしょん」は20歳になった今の自分にぴったりな歌だし、特に2番の歌詞の「ありがとう みんなに会えて」ってとことかは、ちゃんとお客さん1人ひとりの顔を観て気持ちを届けるように歌ってます。その点「にんじゃりばんばん」とかは感情を込めて歌うというよりは、盛り上げようっていう気持ちのほうが強いですね。

──じゃあ「ふりそでーしょん」は等身大の自分に近いんですね。

そうですね。「Unite Unite」とかもそうですけど。私の曲って、ぶっ飛んでるありえない感じとちょっとリアルが入ってるのと、そのバランスもいいなと思っていて。今回「インベーダーインベーダー」はだいぶありえない感じになりましたけど(笑)。

ニューシングル「インベーダーインベーダー」/ 2013年5月15日発売 / unBORDE
初回限定盤 [CD+フォトブック] 1800円 / WPCL-11417
通常盤 [CD] 1200円 / WPCL-11418
収録曲
  1. インベーダーインベーダー
  2. Point of view
  3. ファッションモンスター -extended mix-
きゃりーぱみゅぱみゅ
きゃりーぱみゅぱみゅ

1993年東京生まれ。フルネームはきゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅ。高校生のときから原宿系ファッションモデルとして活動し、キュートなルックスとブログでの奔放な言動が話題を集める。2011年8月にはワーナーミュージック・ジャパンから中田ヤスタカ(capsule)プロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」でメジャーデビュー。2012年は5月に1stフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」をリリースした後、初の全国ツアー、初の日本武道館ワンマンライブ、「NHK紅白歌合戦」初出場と怒涛の快進撃を続ける。2013年2月からはヨーロッパ、アジア、アメリカを回る初のワールドツアーを開催。