コブクロ「ONE TIMES ONE」 PR

コブクロ|高野苺がくれた最高のご褒美を手に決戦前夜へ

高野苺からコブクロへの質問

──高野先生から質問が送られてきているので、ぜひお二人に答えていただきたいと思います。

高野苺

いつもツアーの曲順はどうやって決めるんだろうと思っていたのですが、どうして「君になれ」を1曲目にしたのか気になります。

小渕 「君になれ」は曲ができてから「1曲目にふさわしい」と思ったのではなく、ライブの1曲目として作ったんですよね。「心」のツアーのオープニングは「君になれ」以外にありえなかったんです。

黒田 「『TIMELESS WORLD』のツアーでブリッジとして使ったフレーズを『心』のツアーの1曲目に持ってきたら面白くない?」という発想ですね。

高野苺

「君になれ」の好きな歌詞や、思い入れの強い箇所はありますか?

小渕 「何も無くて良い 空っぽなら 素直になれ」ですね。コブクロとして活動する中で、スランプのときに「今は空っぽなんだ」と思えず、「違う!」って爪を立てるような感じになってしまうことがあったんです。そういうときは素直になるべきだし、ようやくそれができるようになってきたのかなと。自分にとっては一番痛いところを突いてくる歌詞なんですよね。

黒田 僕は好きな歌詞という概念がないんです。すべての歌詞、すべての曲をフラットに捉えていると言うか。だからこの質問は小渕にしか答えられません(笑)。

高野苺

「君になれ」は誰の心にも響くメッセージがたくさん詰まっていると思います。特にどんな人に届いたらいいなと思いますか? これはマンガを描くうえでも聞いておきたいです。

小渕 やっぱり夢を抱いている人ですよね。ある程度は夢が叶っていて、ゆったり進んでいる人というよりも、「目指すところに行きたい」と思いながら、半ばあきらめかけている人が聴いて「そうだよな」と感じてもらえるような歌になったらいいなと。

黒田 全世界、すべての人に届けたいです。聴いた人が全員「おお!」と感じるような歌を歌いたいといつも思っているので。

高野苺

連載の長さですが、描こうと思えばいくらでも描けそうな気がしているんですが、どのくらい続いたらいいと思いますか?

小渕 ははは(笑)。これはすごい質問ですね。

黒田 まず「描こうと思えばいくらでも描けそうな気がしている」というのがすごい。

小渕 そうだよね。僕は2回でも3回でもいいと思ってるんです。高野先生が「描き切った」と思ってくれたら、それでいいので。

黒田 わかる。

小渕 ずっと描いてもらえるんだったら、コブクロの名前を次の人に譲るときまでお願いしたいです(笑)。そうだ、高野先生も襲名制にしたらどうですか?(笑)

黒田 300年でも続けられますね(笑)。

小渕 そうだね(笑)。それにしても「いくらでも描けそう」にはビックリです。この質問自体に感動したし、「参りました」が答えですね(笑)。

高野苺

毎回お会いさせていただいてもコブクロさんが大好きだということを伝えられずに反省しながら帰るのですが、好きだということが伝わっていますか?

小渕 もちろん伝わってますよ。ライブのあと、楽屋に来てくれたときもほとんど話さないんですよ。でもたくさんツアーグッズを抱えていて、「またCD買いました」ってポスターも持っていて。

黒田 初めてお会いしたときからかなり時間が経っていて、回数も増えているんですけど、ほぼ無言なんです。“初めて僕らに会った中学生のコブクロファン”みたいな感じと言うか。小渕と一緒で心の表皮が薄いんでしょうね。常にいろいろなものを吸収しているから、何度会っても僕らに慣れないんじゃないかな。一度、お酒でも飲みに行きましょう(笑)。

決戦前夜のような緊張感で迎える2人きりのツアー

──最後にこの後の活動について聞かせてください。まずは何と言っても、2人だけで回る全国ツアーですね。

黒田 ホントに怖いですね、正直。歌とアコギだけで2時間半とか3時間のステージをやれるのか……しかも会場がデカいですからね。僕ら実は19年間やってきて、体調の都合でライブを中止したことが一度もないんですよ。

小渕 台風で中止になったことはあるけど、それ以外ではないね。

黒田 そうそう。でも今回はかなり不安で。「1日目で力を使い果たして、2日目は中止ということもあるかもな。20年目だし、それもアリか……いや、ナシやな」っていう(笑)。

小渕 まさに“不安 TIMES 不安”やな(笑)。コブクロは僕と黒田の2人組ですけど、音源に関してはほとんどがバンドと一緒に録ってるんですよ。ファンの方から「ライブで2人だけのシーンがもっと観たい」という声をいただくことがあるんですけど、いつものライブだとそういう場面は全体の1割くらい。でも今回のツアーは10割ですからね。それで会場に来てくれた方から「ダメだった」と言われたら、それもう完全にダメということじゃないですか。逆に「いいね」と思ってもらえたら、お互いに二度と離れない関係になれるだろうし。大きなチャンスでもあり、大きな賭けでもある。そういうツアーだと思います。

──コブクロにとって大きな意味を持つツアーになりそうですね。20周年を間近に控えた、今の心境はどうですか?

小渕 20代、30代でやってきたことを、40代になって改めてやるという感じなんですよ。音楽的な体力は付いていると思うし、凝り固まっているところはないか確認しながら、堂々と20周年を迎えたいなと。ただのお祭りではなく、最高の21年目に進むための1年にしたいし、その最後の修行が「ONE TIMES ONE」ツアーなんだと思います。

黒田 一昨年くらいに「20周年、どうする?」というミーティングを始めたときは、あまり乗り気ではなかったんです。自分たちの誕生日を自分たちで祝うみたいだし、サムくないかなって。でもいろいろな議題について話をしていくうちに「本当に20年を迎えるんだな。俺、大丈夫かな?」と思い始めたんですよ。20年続けたら何か形になっていないとマズいじゃないですか。今小渕が“修行”と言ったけど、今回のツアーは自分たちが試される場所になると思います。決戦前夜と言うと大げさだけど、すごく緊張感がありますね。

コブクロ「ONE TIMES ONE」
2018年4月11日発売 / Warner Music Japan
コブクロ「ONE TIMES ONE」初回限定盤

初回限定盤 [CD+グッズ]
1944円 / WPCL-12858

コブクロ「ONE TIMES ONE」通常盤

通常盤 [CD]
1300円 / WPCL-12857

購入・再生はこちら

初回限定盤CD収録曲
  1. ONE TIMES ONE
  2. バトン
  3. 君になれ
  4. 君という名の翼(LIVE from 2017.8.21 東京国際フォーラムA)
  5. 蒼く 優しく(LIVE from 2017.8.22 東京国際フォーラムA)
  6. 心(LIVE from 2017.8.22 東京国際フォーラムA)
  7. 蕾(LIVE from 2017.10.28 東京ドーム)
  8. STAGE Acoustic ver.(LIVE from 2016.6.7 シダックスカルチャーホール)
  9. ONE TIMES ONE(Instrumental)
  10. バトン(Instrumental)
  11. 君になれ(Instrumental)
通常盤CD収録曲
  1. ONE TIMES ONE
  2. バトン
  3. 君になれ
  4. ONE TIMES ONE(Instrumental)
  5. バトン(Instrumental)
  6. 君になれ(Instrumental)

公演情報

コブクロ「KOBUKURO WELCOME TO THE STREET 2018 ONE TIMES ONE supported by 三井住友 VISA カード」
  • 2018年5月26日(土)静岡県 エコパアリーナ
  • 2018年5月27日(日)静岡県 エコパアリーナ
  • 2018年6月2日(土)神奈川県 横浜アリーナ
  • 2018年6月3日(日)神奈川県 横浜アリーナ
  • 2018年6月16日(土)福岡県 マリンメッセ福岡
  • 2018年6月17日(日)福岡県 マリンメッセ福岡
  • 2018年6月23日(土)広島県 広島グリーンアリーナ
  • 2018年6月24日(日)広島県 広島グリーンアリーナ
  • 2018年7月4日(水)愛知県 日本ガイシホール
  • 2018年7月5日(木)愛知県 日本ガイシホール
  • 2018年7月14日(土)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
  • 2018年7月15日(日)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
  • 2018年7月21日(土)大阪府 京セラドーム大阪
  • 2018年7月22日(日)大阪府 京セラドーム大阪
コブクロ結成20周年記念ライブ
  • 2018年9月16日(日)宮崎県 宮崎市生目の杜運動公園 多目的グラウンド
    OPEN 12:30 / START 14:30
コブクロ
1998年、路上ライブをしていた小渕健太郎と黒田俊介が出会い結成。2000年3月に大阪・梅田バナナホールで初ワンマンライブを敢行し、2001年シングル「YELL~エール~」でメジャーデビュー。2005年に発売したシングル「ここにしか咲かない花」「桜」がロングヒットを記録する。2006年5月には初の日本武道館公演を大成功に収め、続いてリリースしたベストアルバム「ALL SINGLES BEST」は350万枚を超える大ヒットに。その後も数々のヒット曲やコラボ作を発表し、活動の幅をさらに拡大させるが、2011年8月末に休養を発表した。2012年7月に復活を宣言。2015年12月発売のシングル「未来」は映画「orange -オレンジ-」の主題歌として話題になった。2016年6月には約2年半ぶりのアルバム「TIMELESS WORLD」を発売。2017年5月に映画「ちょっと今から仕事やめてくる」の主題歌であるシングル「心」をリリースした。同年7月8日から全国ツアー「アサヒもぎたて presents KOBUKURO LIVE TOUR 2017 “心”」を実施。2018年4月にシングル「ONE TIMES ONE」を発表した。9月8日の結成20周年を目前に、初の2人だけでの演奏となる、全国ツアー「KOBUKURO WELCOME TO THE STREET 2018 ONE TIMES ONE supported by 三井住友 VISAカード」を5月26日の静岡・エコパアリーナを皮切りに、7都市14公演開催する。9月16日には結成20周年を記念したライブを小渕健太郎の故郷である宮崎・宮崎市生目の杜運動公園 多目的グラウンドにて行う。
高野苺(タカノイチゴ)
1月11日生まれ。B型。長野県出身。「START」でデビュー。代表作に「夢みる太陽」がある。2012年より別冊マーガレット(集英社)にて、長野県松本市を舞台とした「orange」を連載。同作は実写映画およびドラマ化された。「月刊アクション」2018年6月号より、コブクロの楽曲「君になれ」を元にした同名マンガを連載する。