幽世テロルArchitect「ユビキリゲンマン」 PR

幽世テロルArchitect|とにかく速く、面白く 急成長する3人

必死にもがいて作ったシングル

──1stシングル「かごめかごめ / Hybrid TABOO」の発売日には2ndシングル「ユビキリゲンマン」の発売情報が公開されていました。10月の頭にはすでに2ndシングルの制作もしていたってことですよね?

のなめら そうです。

──デビュー前から2枚目のシングルを作っていたわけですよね。

ヤマコマロ とにかく必死でした(笑)。

のなめら 必死にもがいて作ったシングルです。きっとこういうペース感で活動していくのも、私たちには必要なんだって、最近わかってきた気がしています。

──今作の表題曲「ユビキリゲンマン」はすごく力強い曲ですよね。

ヤマコマロ 表題曲の「ユビキリゲンマン」は、すごく強い思いを重くなりすぎないようにブチまけた曲だと思っています。

のなめら 前作よりも歌詞がわかりやすくなっているから、聴いてくれてた人に伝わってくれるといいな。

──確かに、前作のほうが難解な言葉が多かった気がします。

个喆 今回のほうが覚えやすかった。

のなめら

のなめら それと前回はレコーディング当日まで、マロがどんな人かわからないまま曲だけが先に作られてた状態だったんだけど、今回はマロらしい歌のパートが用意されてたりもして。

个喆 歌割りの感じも変わりました。

──前作の表題曲が「かごめかごめ」で、今作が「ユビキリゲンマン」。意図しているのか偶然なのかはわかりませんが、日本の童謡的なことをテーマにしている共通点があるなって思いました。

ヤマコマロ 本当だ!

个喆 どっちも「本当は怖い」みたいに言われる歌だ。

のなめら じゃあ次は「通りゃんせ」かなあ。

練習とはまったく違うものができあがる

──シングルの2曲目「いろはにコラージュ」が、めちゃくちゃポップな曲で驚きました。

のなめら 1stシングルの「逆十字」と同じで、「いろはにコラージュ」は、のなめと个喆だけのときにあった曲なんですよ。

个喆 うん。

ヤマコマロ 実は私が幽世に加入するときに聴かせてもらった音源が「逆十字」と「いろはにコラージュ」のデモだったんです。すっごい可愛い曲で、「私もポップになりたい!」って思ったのを覚えています。私、自分にポップなイメージが全然ないから(笑)。

のなめら ちゃんとポップになれてたよ! それにマロが入ってパンチが加わったと言うか。

个喆

个喆 3人で歌うことになって、ラップの部分を新しく入れたんです。そこではやっぱりマロの存在感があって、すごくよかった。

ヤマコマロ 自分がどうやってこのポップな曲に入っていくか、すごく考えてレコーディングに臨んだんですよ。

のなめら すごい!

──2人から3人になることで、アーティスト写真のテイストもガラっと変わって、イメージ的には舵を切ったように見えるんですけど、そこで曲をボツにしないところが面白いですよね。

个喆 ライブですごく盛り上がる曲だから、なくならなくてよかった。

のなめら ライブではお客さんと遊んでる感じになるんです。

ヤマコマロ お客さんと一体になれる曲だよね。

──3曲目の「Therefore?」は、ちょっと洋楽っぽい曲ですよね。

ヤマコマロ サイケデリックな感じが1回聴いたら忘れられない。

のなめら サビのところが洋楽っぽいんですよね。歌が主役じゃなくて、ドロップみたいな感じになってる。

──歌い方も特殊ですよね。語りっぽいところもあれば、囁くように歌うところもある。

のなめら 実は「Therefore?」はレコーディング前に仮歌が送られてこなかったんです。

个喆 その場その場でやってました。

ヤマコマロ 仮歌がなくて、「自分で思う歌を出してみろ!」みたいな感じ。

のなめら でも勝手に歌うと「違う」って言われたり(笑)。

ヤマコマロ そうそう。

のなめら ディレクションをしてもらって、いろんな歌い方を試してみたんですけど、自分自身、知らなかった声の出し方や歌い方の引き出しを開けてもらった感じがあります。

ヤマコマロ

ヤマコマロ 仮歌がなくても一応練習してレコーディングに行くわけですよ。で、現場でいろいろ試しながら作るので、家での練習とはまったく違うものができあがるんです。

个喆 全然予想してなかった曲になる(笑)。

のなめら だからレコーディングもめっちゃ面白いです。

──録る順番は決まっているんですか?

のなめら マロが一番。

ヤマコマロ どの曲も私からですね。

──なぜですか?

ヤマコマロ 最初の「かごめかごめ」を録るときにじゃんけんをしたんです。それで負けて「じゃ、マロが先ね」みたいな流れに。

のなめら でもマロが先に録るのが一番いいと思う!

个喆 うん。土台になってくれてる。

のなめら マロの声が入ってたほうが歌いやすいし。

ヤマコマロ 私は2人より声が低いから、そこから重ねていったほうがいいのかなって思ってます。

幽世テロルArchitect「ユビキリゲンマン」
2017年11月29日発売 / コドモメンタルINC.
幽世テロルArchitect「ユビキリゲンマン」

[CD]
1080円 / CMI-0031

Amazon.co.jp

収録曲
  1. ユビキリゲンマン
  2. いろはにコラージュ
  3. Therefore?

ツアー情報

幽世テロルArchitect「SUBTABOO TOUR」
  • 2018年1月13日(土) 東京都 TSUTAYA O-Crest
  • 2018年2月4日(日)愛知県 今池GROW
  • 2018年2月11日(日・祝)北海道 COLONY
  • 2018年2月12日(月・祝)福岡県 福岡DRUM SON
  • 2018年3月10日(金) 大阪府 北堀江club vijon
幽世テロルArchitect(カクリヨテロルアーキテクト)
幽世テロルArchitect
のなめら、个喆、ヤマコマロの3人からなるユニット。2017年7月にのなめらと个喆の2人体制で活動を開始し、所属レーベルプロダクション・コドモメンタルINC.が主催するライブイベント「こどもめんたる~はっぴょうの伍~」で初ライブを行う。同年8月にヤマコマロが加入し、3人体制に。同年10月に1stシングル「かごめかごめ / Hybrid TABOO」を発表した。翌11月2ndシングル「ユビキリゲンマン」をリリース。2018年1月には全国5都市を回る初のワンマンライブツアー「SUBTABOO TOUR」を開催する。