GLAY「SUMMERDELICS」 PR

亀田さんと一緒にやるようになって、楽曲やアレンジのアプローチは確実に増えた

──ここ数年GLAYはさらに進化してますよね。キーボードを入れずにライブをやることで、ギターロックバンドとしての存在感が確立されてきたと思うのですが、そこで得たものもアルバムに反映されているんでしょうか?

HISASHI(G)

うん、それもあると思います。1990年代のGLAYの楽曲はテレビ、ラジオで聴かれることを想定してミックスされていたから、ギターロックと言うよりも、J-POP、J-ROCKという印象が強かったと思っていて。もちろんそれはそれでよかったと思うんだけど、亀田誠治さんがプロデューサーとして入ってくれてからは、ギターをフィーチャーしたアンサンブルに変わってきてるんですよ。ただ、ギターとボーカルの音のレンジはすごく近いから、アイデアを駆使して、いろんなアプローチを試してるんですよね。TAKUROはLes PaulとMarshallで生々しい音を出しているので、僕としてはTAKUROの音、TERUの声をすり抜けながら、自分のやり方で曲を彩る方法を考えていて。今回のアルバム、ギターのオーバーダビングはすべて自分の家で行ったんです。それも初めてだったんですけど。自分の家で入れたフレーズを亀田さんが聴いて「こういうこと、どんどんやってよ」って言ってくれて。最初は「そんなことしていいんだ?」って衝撃だったんですけど、すごく楽しかったですね。ずっと家でダビングしてたせいか、アイデアがどんどん広がって。時空が違うアイデアを好きなように入れていたから、できあがってみるとライブの表現が大変なんですけど(笑)。

──亀田さんのプロデュースワークもこのアルバムの大きなポイントだった?

そう思います。プリプロで作った音源を亀田さんに渡して、さらにアレンジしてもらってるんですけど、その段階で構成が変わってることもあって。「2番でキレイに終わってたのに、亀田さんが3番まで作ってきた。ヤバい、歌詞を増やさなきゃ」とか(笑)。プリプロの音源の段階で、その楽曲の世界がハッキリ見えてるみたいなんですよね、亀田さんは。新たにギターのフレーズを入れてくれることもあるんですけど、それがまたすごくカッコよくて。亀田さんと一緒にやるようになって、楽曲やアレンジのアプローチは確実に増えたと思います。

──なるほど。

新しいドラマーとの出会いも増えましたからね。ライブではずっと永井(利光)さんに叩いてもらってますけど、レコーディングではいろんなドラマーに参加してもらっていて。「XYZ」のドラムは玉田豊夢くんなんですが、それも亀田さんが「GLAYに合うと思う」って引き合わせてくれたんですよ。「微熱Ⓐgirlサマー」で叩いてくれた小夜子ちゃんもそうだけど、ドラマーとの出会いもすごく大きいですね。ドラマーが変われば、そこに乗せる音も変わってきますから。

──HISASHIさんは、オーソドックスなロックギタリストとはまったく違うアプローチが多いですよね。

オーソドックなロックギターはTAKUROがやってくれてますからね。去年ACE OF SPADESのレコーディングがあったんですけど、ギターは自分1人だから、ちょっと戸惑っちゃうんですよ(笑)。「まずバッキングからか……どこまでやればいいのかな」って。GLAYのときはTAKUROのギター、TERUの声が軸になっているから、安心感があるんです。だからこそ自由にやれるのかなって思うし、聴いてくれる人にも「ギターって、こんなにいろんなことができるんだな」と伝えたいんですよね。カッコいいギタリストでありたいという気持ちもあるんですが、表現する勇気みたいなものを伝えられたらいいなと。

メンバーそれぞれの“人”が見える

──アルバムリリース後、秋には全国ツアーがスタートします。GLAYはライブにも新しいテクノロジーを積極的に取り入れてますよね。

個人的にも、ツアーのたびに新しい機材を導入してますからね。ただ、メンバーから出てくる演出のアイデアはけっこうアナログなんですよ。「ここでゾンビが落ちてきたら面白いよね」とか、「アルバムのジャケットの絵を動かしたい」とか。いろいろな舞台を観たり、ビジュアルと音をリンクさせているアーティストのライブを参考にしながら、「GLAYのライブでこんなことをやったら面白いだろうな」ということを発信して。そこも楽しみながらやってますね。ただ、演出家の方からは、突拍子もないアイデアはもう出てこないと思うんですよ。よくも悪くもGLAYのイメージがあるので、外からそれを壊すのは難しいんじゃないかなって。そこを崩せるのは内側にいる人たち、つまりメンバーだけだと思うんです。

──GLAYにイノベーションを起こせるのはあくまでもメンバーの4人である、と。アルバム「SUMMERDELICS」は、その大きなきっかけとなりそうですね。

HISASHI(G)

メンバーそれぞれの“人”が見えるんですよね、アルバムに入っている曲を聴いていると。JIROの曲は「JIROらしいな」と思うし、TERU、TAKUROの曲もそうだし。4人の個性がしっかり確立できたうえで、それをうまくまとめられたアルバムじゃないかなって。こういう作り方は、スピード感を求められる今の時代にも合ってると思うし、しばらく続くような気がしてますね。

次のページ »
JIROソロインタビュー

GLAY「SUMMERDELICS」特集トップへ
TERU
TAKURO
HISASHI
JIRO
Message to GLAY
GLAY「SUMMERDELICS」
2017年7月12日発売 / LSG
GLAY「SUMMERDELICS」CD+DVD2枚組

CD+2DVD盤
5400円 / PCCN-00027

Amazon.co.jp

GLAY「SUMMERDELICS」CD

CD盤
3240円 / PCCN-00028

Amazon.co.jp

GLAY「SUMMERDELICS」G-DIRECT限定盤

G-DIRECT限定盤
[5CD+3Blu-ray+グッズ]
24800円 / LSGC-0002

購入はこちら

CD収録曲(共通仕様)
  1. シン・ゾンビ [作詞・作曲:HISASHI]
  2. 微熱Ⓐgirlサマー [作詞・作曲:HISASHI]
  3. XYZ [作詞・作曲:TAKURO]
  4. 超音速デスティニー [作詞・作曲:HISASHI]
  5. ロングラン [作詞・作曲:TAKURO]
  6. the other end of the globe [作詞:TERU、TAKURO / 作曲:TERU]
  7. デストピア [作詞・作曲:HISASHI]
  8. HEROES [作詞・作曲:TERU]
  9. SUMMERDELICS [作詞:TAKURO / 作曲:JIRO]
  10. 空が青空であるために [作詞・作曲:TERU]
  11. Scoop [作詞:TAKURO / 作曲:JIRO]
  12. 聖者のいない町 [作詞・作曲:TAKURO]
  13. Supernova Express 2017 [作詞・作曲:TAKURO]
  14. lifetime [作詞・作曲:JIRO]
Single Track Only Live @函館アリーナ [DVD(CD+2DVD盤) / Blu-ray(G-DIRECT限定盤)]
  1. My Private "Jealousy"
  2. 天使のわけまえ
  3. 疾走れ!ミライ
  4. とまどい
  5. SOUL LOVE
  6. a Boy~ずっと忘れない~
  7. Way of Difference
  8. グロリアス
  9. 真夏の扉
  10. Bible
  11. ずっと2人で…
  12. HOWEVER
  13. いつか
  14. 微熱Ⓐgirlサマー
  15. THOUSAND DREAMS
  16. 百花繚乱
  17. 誘惑
  18. HEROES
  19. 紅と黒のMATADORA
  20. サバイバル
  21. 彼女の“Modern…”
  22. BLEEZE
  23. MUSIC LIFE
VIDEO GLAY 7 [Blu-ray(G-DIRECT限定盤)]
  1. SCREAM
  2. ANSWER
  3. ASHES-1969-
  4. SORRY LOVE
  5. VERB
  6. 紅と黒のMATADORA
  7. I LOVE YOUをさがしてる
  8. SAY YOUR DREAM
  9. 春までは
  10. I am xxx
  11. LET ME BE Live Ver. 2009-2010 at makuhari messe
  12. 誘惑
  13. Apologize
  14. Precious
  15. Satellite of love
  16. everKrack
  17. My private "Jealousy"
  18. Time for Christmas
  19. 君にあえたら
  20. Bible
  21. JUSTICE[from]GUILTY
  22. 運命論
  23. Eternally
  24. DARK RIVER
  25. DIAMOND SKIN
  26. BLEEZE
  27. 百花繚乱
  28. 疾走れ!ミライ
  29. さくらびと
  30. 外灘SAPPHIRE ~スタジオセッションVer~
  31. YOU ~スタジオセッションVer~
  32. 黒く塗れ! ~スタジオセッションVer~
  33. BLEEZE ~スタジオセッションVer~
  34. HEROES
  35. 微熱Ⓐgirlサマー
  36. つづれ織り~so far and yet so close~
  37. 彼女はゾンビ
  38. Scoop
  39. Supernova Express 2016
  40. 空が青空であるために
  41. デストピア/超音速デスティニー
  42. the other end of the globe
SUMMERDELICSハイレゾ音源 / GLAY Documentary Film Part1 ~俺(TERU)にVENEZIAでライブをさせてくれ編~ / GLAY Documentary Film Part2 ~GLAY史上最大の作戦編~[Blu-ray(G-DIRECT限定盤)]
Live CD Single Track Only Live @函館アリーナ [CD(G-DIRECT限定盤)]
  1. My Private "Jealousy"
  2. 天使のわけまえ
  3. 疾走れ!ミライ
  4. とまどい
  5. SOUL LOVE
  6. a Boy~ずっと忘れない~
  7. Way of Difference
  8. グロリアス
  9. 真夏の扉
  10. ずっと2人で…
  11. HOWEVER
  12. いつか
  13. 微熱Ⓐgirlサマー
  14. THOUSAND DREAMS
  15. 誘惑
  16. HEROES
HIGHCOMMUNICATIONS TOUR Supernova 16.3.4 ロームシアター京都 [CD(G-DIRECT限定盤)]
  1. SE
  2. Scoop
  3. 千ノナイフガ胸ヲ刺ス
  4. 汚れなきSEASON
  5. laotour ~震える拳が掴むもの~
  6. 冬の遊歩道
  7. 100万回のKISS
  8. More than Love
  9. MERMAID
  10. Believe in fate
  11. SORRY LOVE
  12. カナリヤ
  13. 航海
  14. 空が青空であるために
  15. 百花繚乱
  16. BEAUTIFUL DREAMER
  17. Supernova Express 2016
HIGHCOMMUNICATIONS TOUR Supernova reprise 16.11.10 下北文化会館 [CD (G-DIRECT限定盤)]
  1. SE
  2. MIRROR
  3. デストピア
  4. Scoop
  5. 千ノナイフガ胸ヲ刺ス
  6. Freeze My Love
  7. 誘惑
  8. 生きてく強さ
  9. THINK ABOUT MY DAUGHTER
  10. BELOVED
  11. 都忘れ
  12. 彼女はゾンビ
  13. 微熱Ⓐgirlサマー
  14. 時計
  15. BLEEZE
  16. 彼女の“Modern…”
  17. HIGHCOMMUNICATIONS
HIGHCOMMUNICATIONS TOUR Never Ending Supernova 17.5.4 足利市民会館 [CD(G-DIRECT限定盤)]
  1. SE
  2. the other end of the globe
  3. THE FRUSTRATED
  4. DIAMOND SKIN
  5. ASHES -1969-
  6. BROTHEL CREEPERS
  7. BE WITH YOU
  8. May Fair
  9. SOUL LOVE
  10. MERMAID
  11. FRIEDCHICKEN & BEER
  12. WORLD’S END
  13. 時計
  14. XYZ
  15. CRAZY DANCE
  16. ピーク果てしなく ソウル限りなく
  17. HEROES
GLAY ARENA TOUR 2017 "SUMMERDELICS"
  • 2017年9月23日(土・祝)新潟県 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
  • 2017年9月24日(日)新潟県 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
  • 2017年9月30日(土)大阪府 大阪城ホール
  • 2017年10月1日(日)大阪府 大阪城ホール
  • 2017年10月7日(土)宮城県 セキスイハイムスーパーアリーナ
  • 2017年10月8日(日)宮城県 セキスイハイムスーパーアリーナ
  • 2017年10月21日(土)広島県 広島グリーンアリーナ
  • 2017年10月22日(日)広島県 広島グリーンアリーナ
  • 2017年10月25日(水)東京都 日本武道館
  • 2017年10月27日(金)東京都 日本武道館
  • 2017年10月28日(土)東京都 日本武道館
  • 2017年11月3日(金・祝)北海道 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
  • 2017年11月4日(土)北海道 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
  • 2017年11月11日(土)神奈川県 横浜アリーナ
  • 2017年11月12日(日)神奈川県 横浜アリーナ
  • 2017年11月15日(水)大阪府 大阪城ホール
  • 2017年11月16日(木)大阪府 大阪城ホール
  • 2017年11月25日(土)福岡県 マリンメッセ福岡
  • 2017年11月26日(日)福岡県 マリンメッセ福岡
  • 2017年12月9日(土)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
  • 2017年12月10日(日)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
  • 2017年12月16日(土)愛知県 日本ガイシホール
  • 2017年12月17日(日)愛知県 日本ガイシホール
2018年3月に台湾・台北アリーナライブ開催!
GLAY(グレイ)
GLAY
北海道函館市出身の4人組ロックバンド。TAKURO(G)とTERU(Vo)を中心に1988年から活動を開始し、1989年にHISASHI(G)が、1992年にJIRO(B)が加入して現在の体制となった。1994年にシングル「RAIN」でメジャーデビュー。1996年にはシングル「グロリアス」「BELOVED」が立て続けにヒットし、1997年に「HOWEVER」がミリオンセールスを記録したことでトップバンドの仲間入りを果たす。1999年7月には千葉・幕張メッセ駐車場特設会場にて20万人を動員するライブ「MAKUHARI MESSE 10TH ANNIVERSARY GLAY EXPO '99 SURVIVAL」を開催し、有料の単独ライブとしては世界最多観客動員を記録する。2000年に入ってからも数多くのヒット曲やヒットアルバムを生み出し、2010年4月には自主レーベル「loversoul music & associates」(現:LSG)を設立。メジャーデビュー20周年となる2014年は、9月に宮城・ひとめぼれスタジアム宮城にて単独ライブ「GLAY EXPO 2014 TOHOKU」を行い、11月にオリジナルアルバム「MUSIC LIFE」をリリースした。2015年には5月に10年ぶりとなる東京・東京ドーム公演を2日間にわたって開催。2016年1月にシングル「G4・IV」を発表し、同月より全国ツアー「GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2016 "Supernova"」を開催した。2017年7月に2年半ぶりとなるニューアルバム「SUMMERDELICS」をリリース。9月末からは「GLAY ARENA TOUR 2017“SUMMERDELICS”」と題した全23公演、23万人を動員する大型アリーナツアーを開催する。2018年3月には台湾・台北アリーナ公演の開催も決定している。