藤田麻衣子「思い続ければ」 PR

藤田麻衣子|思い続けた先に見えた第2章

藤田麻衣子がメジャー3枚目となるフルアルバム「思い続ければ」をリリースする。

昨年4月に念願だったオーケストラコンサートを実現させた彼女が抱いた、“思い続ければ夢は叶う”という気持ちを注いで作り上げられた本作。そこには次の夢に向かって突き進もうとする彼女の強い意志と、より自由度を増したサウンドが詰め込まれている。まさに第2章の始まりと呼ぶにふさわしいアルバムはどう紡がれていったのか? 藤田にじっくりと話を聞いた。

取材・文 / もりひでゆき 撮影 / 星野耕作

思い続ければ夢は叶うことを強く実感

──藤田さんにとって約2年ぶりとなるアルバム「思い続ければ」。そのタイトルには、デビュー当時からの念願だったオーケストラコンサートを昨年4月に実現させたことが強く投影されているんじゃないですか?

藤田麻衣子

はい。去年の後半くらいから、ファンの方や友達に「ちょっとギラギラ感が減って、ニコニコ楽しそうにしてるね」って言われることが多くなったんですよ。私としてはそれまでも笑って過ごしていたつもりだったけど、意識しない部分ではどこか変化があったのかもしれないなと思っていろいろ考えてみたところ、やっぱり初めてのオーケストラコンサートが自分にとって大きなポイントになってるんだなっていうことにたどり着いて。要は、思い続ければ夢は叶うんだっていうことをそこで強く実感することができたので、自然と笑顔がこぼれるようにもなっていたんじゃないかなって。で、今回のアルバムにはそういった経験と今の自分の気持ちをちゃんと残しておきたいと思ったのでこのタイトルにしたんですよね。

──そこにはきっとさらなる夢、未来に向けた思いも込められているはずですよね。本作のリリースが解禁されたタイミングで藤田さんは「第2章の始まりのような気持ちでこのアルバムを作りました」とコメントされていて。

今まで築いてきた自分らしさはもちろん出しつつ、新しい挑戦もしたいなっていう気持ちが強くあったんですよ。前作からの2年間は、曲作りはしているけど発表する場がないっていうある意味、孤独な時間だったんですけど(笑)、その中でいろんなことを学ぶこともできたので、それを今回はしっかり出したいなと思ったんです。私の楽曲では圧倒的にバラードが人気で、アップテンポなものがちょっと弱かったりしたんですね。だけど今回は自分として力作だと思えるアップな曲も入れることができたので、もがき続けながらも新しいことができるようになった私をちゃんと見せられたんじゃないかなと思っていて。そういう意味での第2章ってことでもあるんですよね。

──収録曲に関しては、ご自身にとっての大きな転機となったオーケストラコンサート以降に作られたものも多いですか?

そうですね。オーケストラコンサートのあとに書いたのは「どこまで行けば」や「オクリモノ」「さよならありがとう」かな。あと「思い続ければ」もそうです。けっこうありますね。最近書いた曲をぽんぽんぽんと入れた感じもあったので。

今回が一番自分らしいアルバム

──タイトル曲である「思い続ければ」のモチーフは、2013年の日本武道館公演のために作られたそうですね。

そうなんですよ。ただ、思い続ければ夢は叶うというテーマの曲を歌うにはオーケストラコンサートをやってからじゃないとだめだなと思って、デモを一度封印していたんです。それがようやく歌えるようになったし、タイアップである「みやぎ米と四姉妹ものがたり。」PR動画のテーマともうまく合致したので今回改めて曲にしました。オーケストラコンサートは実現しましたけど、そこは自分にとってのゴールではないし、まだまだ道は続いていくんだよっていうこともしっかり伝えられる内容になったので、自分にとってすごく大切な曲になりました。

──この曲が象徴的ですけど、今回のアルバムは本当に藤田さんのリアルな姿が詰まっている内容になっていますよね。

藤田麻衣子

私もそう思います。メジャーデビューしてからアルバムは3枚目になるんですけど、今回が一番自分らしいアルバムになったなっていう気持ちでいますね。

──さまざまなタイプの楽曲が収録されているし、曲ごとに変幻自在の歌声が響いてもいます。それによって新たな表情を感じる部分もすごく多くて。

確かに曲調は幅広いですよね。ちょっとミュージカルっぽくファルセットで歌い上げている曲もあれば、語るように歌っている曲もある。かと思えばバキバキのビートの上で歌う、ちょっと人工的な感じの曲があったりもして。今回は、自分が好きで聴いてきたいろんなタイプの音楽を、ナチュラルに自分の色としてアルバムに集められたような気がしているんですよね。だから制作はいつも以上にすごく楽しかったです。

──音楽的なルーツや嗜好を自分の楽曲に反映させることを今まではあまりやってこなかったんですか?

曲の中の1つの要素として出ていた部分はあったと思うんですよ。ただ、今回のようにガッツリやったのは初めてかもしれないです。例えば「嫉妬」という曲がミュージカルっぽい雰囲気なんですけど、10年前の私だったらきっとそういう曲を書く技術もなかったし、歌いこなすこともできなかったと思うんですよ。しかも、自分の音楽の軸みたいなものが固まっていない段階でそういう曲をやってしまうと、アーティストとしての方向性がブレてしまうと言うか、お客さんも戸惑っちゃうじゃないですか。だから、自分の嗜好を思い切り出すことができるようになったのも今だからこそなのかなって思うんですよね。「こんなことやっちゃダメなんじゃないかな」って自分で勝手に蓋をしてた部分をようやく開くことができたのかなって。

藤田麻衣子「思い続ければ」
2018年1月10日発売 / Victor Entertainment
藤田麻衣子「思い続ければ」初回限定盤

初回限定盤 [CD+DVD]
5616円 / VIZL-1292

Amazon.co.jp

藤田麻衣子「思い続ければ」通常盤

通常盤 [CD]
3240円 / VICL-64905

Amazon.co.jp

CD収録曲
  1. 素敵なことがあなたを待っている
  2. オクリモノ
  3. きっと感じてた
  4. 思い続ければ
  5. 恋ってどうやってするものだっけ?
  6. 嫉妬
  7. 秋風鈴
  8. 一緒に暮らそう
  9. さよならありがとう
  10. やるしかない
  11. どこまで行けば
  12. あなたがいるから[album Ver.]
初回限定盤DVD収録内容

藤田麻衣子 Live 2017 ~緋色の欠片 10th Anniversary~ @EXシアター六本木

  1. 横顔 ~わたしの知らない桜~
  2. ねぇ
  3. 金魚すくい
  4. 水風船
  5. 秋風鈴
  6. 運命の人
  7. 高鳴る
  8. きっと
  9. それでも私は
  10. 二人なら
  11. 瞬間
  12. 君が手を伸ばす先に
  13. 今でもあなたが
  14. この白い雪と
  15. 卒業
  16. 恋に落ちて
  17. 宝物
藤田麻衣子 LIVE TOUR 2018 ~素敵なことがあなたを待っている~
  • 2018年2月8日(木)大阪府 なんばHatch
  • 2018年2月9日(金)愛知県 DIAMOND HALL
  • 2018年2月18日(日)福岡県 DRUM LOGOS
  • 2018年2月22日(木)宮城県 Rensa
  • 2018年2月24日(土)北海道 cube garden
  • 2018年4月10日(火)東京都 東京国際フォーラム ホールC
藤田麻衣子(フジタマイコ)
藤田麻衣子
愛知県名古屋市出身のシンガーソングライター。2006年9月「恋に落ちて」でインディーズデビュー。すべての楽曲の作詞作曲を手がけるほか、アーティストへの楽曲提供も行っている。フリーライブを軸に活動しながらファンを増やし、2012年に東京・渋谷公会堂公演、2013年7月に東京・NHKホール公演を実施。同年10月には東京・日本武道館での弾き語り無料ワンマンライブを成功させた。2014年3月に「涙が止まらないのは」でメジャーデビュー。同年10月にメジャー1stアルバム「one way」をリリースした。2016年には47都道府県ツアーを行い、11月にCDデビュー10周年を記念してベスト盤「10th Anniversary Best」を発表した。2017年4月に東京・すみだトリフォニーホールで念願のオーケストラコンサートを初開催し、9月にシングル「素敵なことがあなたを待っている / 秋風鈴」をリリース。2017年1月にニューアルバム「思い続ければ」を発表する。