音楽ナタリー Power Push - 藤巻亮太

解き放たれた今だから歌える「日日是好日」

藤巻亮太がニューアルバム「日日是好日」をリリースした。

1stフルアルバム「オオカミ青年」から約3年半。ソロとして表現すべきものを考え、悩み続けてきた彼は、制作過程で心の中に存在していたさまざまな固定観念を次々と消していくことができたという。結果、純粋に音楽と向き合い楽しみ尽くす姿勢を取り戻し、ソロアーティストとして新たな始まりを感じさせる風通しのいいアルバムを作り上げるに至った。

今回音楽ナタリーでは、レミオロメン時代の名曲「3月9日」にちなんだライブを3月9日に東京・Billboard LIVE TOKYOで開催した翌日、藤巻へのインタビューを実施。最近芽生えたというシンガーとしての強い自覚や、アルバム制作を通して晴れていった心の動きについてじっくりと語ってもらった。

取材・文 / もりひでゆき 撮影 / 須田卓馬

  • 350

    124

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レミオロメンの曲を演奏することで楽になった

──この取材の前日、Billboard LIVE TOKYOにて「3月9日PREMIUM DAY!!」というイベントが開催されました(参照:藤巻亮太「3月9日」届けたビルボードライブ)。僕は第2部のライブを拝見したのですが、アットホームな雰囲気の中、心から楽しそうに歌う藤巻さんの姿が印象的で。

藤巻亮太

すごく楽しいライブでした。

──レミオロメン時代の人気曲「3月9日」にちなんでのライブだったわけですよね?

うん。去年くらいからソロライブでもレミオロメンの曲を演奏するようになったことで、自分自身の気持ちがすごく楽になったんですよ。ソロとバンドの線引きが自分の中でなくなったっていう意味で。そういった中で、レミオロメンの初期に作った大切な曲である「3月9日」をみんなが今も好きでいてくれて、実際の“3月9日”という日にちも大事にしてくれている状況があった。だったらその日に生で「3月9日」を聴いてもらいたいなって思ったんですよね。ちょっと縁起物、みたいな感じで(笑)。

──MCでは「3月9日」を節分や七草粥に例えてましたよね。

そうそう(笑)。365日の中の1日でしかないわけだけど、それが何かの行事になれば楽しいじゃないですか。音楽を奏でることはそもそもお祭りみたいなところもあるので、「3月9日」にちなんでみんなにそういう気持ちになってもらえたらいいなって。

──レミオの曲やソロ曲を織り交ぜたセットリストでしたが、メインはニューアルバムの楽曲群でもあって。ライブでいち早く新曲を聴けたのがうれしかったです。

アルバムはフルバンドで演奏してできあがったものなので、昨日のライブのように僕を含めた3人でやるスタイルではそれを完全に再現することはできないんですよね。ただ、アルバムの持っている世界観やトーンを感じてもらえる場にはしたいなと思っていました。アダルトな雰囲気の会場なので基本的にはゆったりした流れを意識しましたけど、アルバムにはアップテンポな曲も入っているので、そこは3人でストンプボックスを踏んだり工夫をしたりすることで、そのトーンを出すことができたかなと思います。

藤巻亮太は藤巻亮太でしかない

──シンプルな編成だった分、藤巻さんのシンガーとしての側面がグッと表出したライブだった気がしました。

藤巻亮太

ちょっと前までやっていた弾き語りツアー(「藤巻亮太 TOUR 2016~歌旅編~」)が影響しているかもしれないですね。僕はもともと3ピースバンドでデビューしているので、バンドのアンサンブルとかアレンジとかを大事にしてるし、その中で歌とギターの役割を探していくことが楽しいんですよ。それが自分の原点としてある。でも、1人でステージに上がる弾き語りツアーを7本やってみたことで、歌の響きや言葉が持っている物語性を純粋に突き詰めていくことが楽しくなって。装飾がない分、歌をうまく響かせることができれば、楽曲の中心にあるものをリスナーにより色濃く届けることができるんだなっていうことに気付けたし、ツアーでそれができるようになった手応えがあったんです。

──歌い手としての自分を改めて顧みることになったわけですね。

そうだと思います。シンガーとしての自分をもっともっと追求したいなって思う気持ちがすごく湧いてきたんですよね。単純に歌だけでどこまで表現できるのかを考え始めると、それはすごく広くて深い世界だと思うけど、ソロシンガーとしてようやくそこと向き合えるようになってきたのかなって。

──そこを突き詰めていくと今後、ソングライティングやアレンジにも何かしらの変化がありそうですよね。

それはきっとあるんじゃないかな。例えば、今までは難しいメロディで、トリッキーなことをやって人の耳に残るものを作っていた部分があったと思うんですよ。もともとトリッキーな曲が大好きだったりもするので。ただ、そういうものではなく、今後はもう少しシンプルなサウンドで、歌の響きでちゃんと勝負できるかもしれないって思うんですよね。メロディを作る上でも、変わっていくことはあるかもしれません。

──藤巻さんがこれまでに生み出してきた楽曲も基本的にグッドメロディだし、その中心には歌があったと思うんです。間違いなく歌の持つ響きはずっと大事にされてきている。その上で今、シンガーとしての意識が高まったとなれば、それはもうソロアーティストとしてさらにパワーアップできることは間違いないですね。

そうだったらいいですよね。5年前とか10年前に作った曲をライブで歌い直してみると、間違いなく今のモードで歌えてるんですよ。その当時よりも今のほうがもっともっと豊かな表情で歌えてるんじゃないかなって思えることもあるし、楽曲に対しての再発見もある。自分の軸みたいなものがわかんなくていろいろ迷ったときもあったけど、結局はソロであってもバンドであっても藤巻亮太は藤巻亮太でしかないわけなので。今の感覚を大事にしながら自由にやっていけたらいいじゃんってところに落ち着いた感じはありますね。

2ndアルバム「日日是好日」2016年3月23日発売 / 3240円 / SPEEDSTAR RECORDS / VICL-65039
「日日是好日」
収録曲
  1. 花になれたら
  2. Weekend Hero
  3. 回復魔法
  4. 日日是好日
  5. 8分前の僕ら
  6. 夏のナディア
  7. My Revolution
  8. 大切な人
  9. 春祭
  10. 雷鳴
  11. おくりもの
  12. ing
藤巻亮太(フジマキリョウタ)
藤巻亮太

2000年12月に前田啓介(B)、神宮司治(Dr)とともにレミオロメンを結成し、ギター&ボーカルを担当。「3月9日」「南風」「粉雪」など数々のヒット曲を発表する。2012年2月にレミオロメンの活動休止を発表し、同月に初のソロシングル「光をあつめて」をリリース。10月には1stソロアルバム「オオカミ青年」を発表した。以降もソロ活動を活発に展開し、2015年5月にはソロ初のミニアルバム「旅立ちの日」をリリースした。2016年2月に初の写真集「Sightlines」を、3月に2作目となるオリジナルフルアルバム「日日是好日」を発表。