コアラモード.「ビューティフルデイズ」 PR

コアラモード.|大切な思い出を胸に進み続ける2人

コアラモード.がニューシングル「ビューティフルデイズ」を3月6日にリリースする。

放送中のテレビアニメ「逆転裁判~その『真実』、異議あり!~ Season2」のエンディングテーマとなっている表題曲は、過ぎ去った美しい日々への感謝を歌うミディアムナンバー。ドラマチックなサウンドと強さを秘めたボーカルが、聴き手の心を優しく震わせる仕上がりとなっている。またカップリングには、友達との絆を描いた桜ソング「カンパイ!」と、横浜18区にある施設“地区センター”をテーマにした「地区センターに行こうよ」が収録されている。

昨年始動した新プロジェクト「Coalamode.Labo 2018→2019~あれもShow! これもShow!~」で積極的に新たな試みに挑んでいるコアラモード.の2人に、本作に込めた思いを聞いた。

取材・文 / もりひでゆき 撮影 / 須田卓馬

僕ら自身がワクワクしたい

──コアラモード.は昨年「Coalamode.Labo 2018→2019~あれもShow! これもShow!~」と題したプロジェクトを始動しましたね。

コアラモード.

小幡康裕(Key, G, B, Dr, Programming) そうなんですよ。今までやったことない活動……例えば演劇の方とコラボレーションしてライブをやったり、あんにゅと僕の2人だけでいろんな楽器を取っ替え引っ替えするワンマンライブをやったり、みたいな新しい試みを2018年、19年にかけて、どんどんトライしていこうと。そんなプロジェクトなんです。

あんにゅ(Vo, G) もっといろんなことに挑戦したいよねっていう話になったときに、じゃあせっかくだったらプロジェクトにしたほうが自分たちとしても意識的にやるだろうということで。去年からすでにいろいろな企画をやらせてもらっていますけど、ここからもまだまだありますから。ちょっとまだ言えませんけど(笑)。

──企んでいることはあるわけですね。

あんにゅ えへへへ(笑)。音楽だけじゃなくて、「突然あんにゅ何し出したの!?」みたいなこともやれたらいいなと思ってます。

小幡 やりたいことのアイデアはどんどん出てきていますからね。「コアラモード.はまだこんな部分を隠し持っていたのか!」みたいなことを感じてもらいたいですし、何より僕ら自身がもっとワクワクしたいんですよ。

──そういった実験的な活動が今後の楽曲にフィードバックすることもありそうですよね。

小幡 うんうん。それはきっとあると思います。意外性のある引き出しを惜しみなくどんどん開けていくので、楽しみにしていてほしいです。

大切なものを守りたい

──そんなコアラモード.から約1年ぶりのシングルが届きました。表題曲「ビューティフルデイズ」は、放送中のテレビアニメ「逆転裁判~その『真実』、異議あり!~ Season2」のエンディングテーマとして書き下ろされたそうですね。

小幡 はい。昔作ったストック曲の中に、「逆転裁判」という作品の世界観につながりそうなメロディの原石を見つけたんですよ。

あんにゅ 私が2013年頃に作っていたメロディなんですけど。

小幡康裕(Key, G, B, Dr, Programming)

小幡 うん。で、そのデモを元にしつつ作品に合わせた歌詞を書いていき、今の形にブラッシュアップしていったんですよね。

あんにゅ 実はほかにもアップテンポの明るい曲とか、いくつか候補を作っていたんですけど、アニメの物語の今後の方向性にマッチするということで結果的に「ビューティフルデイズ」を選んでいただきました。

──“過去の大切な記憶=ビューティフルデイズ”をテーマにしようと思ったのはどうしてだったんですか?

小幡 コアラモード.としては「大切な人や記憶、思い出を守りたい」というテーマを発信したいと常々思っていて。で、今回僕らの曲がエンディングテーマになる「逆転裁判」という作品もまた「大切なものを守りたい」というテーマを持っていると感じたんです。その共通する部分に気付いたとき、ふと“ビューティフルデイズ”という言葉が浮かび、それをあんにゅが昔作ったメロディにはめれば、きっとグッとくる曲になるんじゃないかと。それがこの曲の始まりだったんです。

サビまでたどり着いてテーマがわかる構造

──作詞にはあんにゅさんと小幡さん、お二人の名前がクレジットされていますね。

小幡 テーマが決まった段階でサビの「守りたいビューティフルデイズ」というフレーズが出てきたので、そこに向けて響きの美しい言葉をメロディに合わせて注いでいった感じでしたね。2人で細かく話し合いながら。結果、今までのコアラモード.の曲の中ではもっとも説明しきっていない歌詞になったような気がします。

あんにゅ うん、ちょっと抽象的ではあるよね。

小幡 Aメロは情景描写で終始しているし、Bメロの「ねぇ 神様 ねぇ」のところなんかはある意味、モノローグっぽく自問自答している感じになっていて。サビまでたどり着いてようやくこの曲の伝えたいテーマがわかる構造になっていますからね。

あんにゅ(Vo, G)

あんにゅ ちなみに「ねぇ 神様 ねぇ」のフレーズが唯一、もともとあったデモの歌詞から残った部分なんです。強く印象に残るし、「逆転裁判」の世界にも寄り添えるんじゃないかなって。裁判ともなると神頼みしたくなる瞬間もきっとあるだろうから。

──明確なテーマはありつつも、聴き手ごとにさまざまな受け取り方ができる曲になっていますよね。それぞれの思いを滑り込ませることができる余地のある歌詞というか。

小幡 制作過程ではもっといろいろ説明しきって、わかりやすい歌詞にしたほうがいいんじゃないかって話になった瞬間もあったんですけどね。そういう部分も含め、今回は1行ごとの語尾に至るまでホントに試行錯誤しながら書いていったので、今までで一番時間がかかりました。

あんにゅ Aメロに出てくる「うたう鳥」ってフレーズなんかは、ここに至るまでにいろんなパターンを考えたもんね。全体的に言葉数が多くないから、1カ所変えると見える景色がガラッと違ってきちゃうんですよ。なので言葉を変えるごとに歌ってみて、それを聴き直してまた変えて、みたいな作業を何度も繰り返しました。いつにも増して、慎重に言葉選びしたと思います。

コアラモード.「ビューティフルデイズ」
2019年3月6日発売 / アリオラジャパン
コアラモード.「ビューティフルデイズ」初回限定盤

初回限定盤 [CD+DVD]
1620円 / BVCL-954~5

Amazon.co.jp

コアラモード.「ビューティフルデイズ」通常盤

通常盤 [CD]
1200円 / BVCL-956

Amazon.co.jp

CD収録曲
  1. ビューティフルデイズ 
  2. カンパイ! 
  3. 地区センターに行こうよ
  4. ビューティフルデイズ Instrumental
初回限定盤DVD収録内容
  • 「ビューティフルデイズ」ミュージックビデオ
コアラモード.
コアラモード.
ボーカルのあんにゅとサウンドクリエイターの小幡康裕からなる神奈川・横浜出身の男女2人組ユニット。2013年の結成以来、横浜を拠点に精力的なライブ活動を行い徐々に注目を集める。2014年11月には自主制作の4曲入りシングル「メモリーズ」をリリース。2015年2月にフジテレビ系“ノイタミナ”アニメ「四月は君の嘘」後期オープニングテーマ「七色シンフォニー」でメジャーデビューを果たした。2016年は愛知学院大学のCMソング「拝啓、5年後の私」を収めたシングル「さくらぼっち」や、tvk「saku saku」のエンディングテーマとしてオンエアされていた「雨のち晴れのちスマイリー」、NHK「みんなのうた」への提供曲「ママのママのママのママ」などを発表。2017年2月にこれらの楽曲を収めた1stアルバム「COALAMODE.」をリリースした。2018年4月にテレビ東京系アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」のエンディングテーマ「花鳥風月」を発表したのち、5月に2ndアルバム「COALAMODE.2~街風泥棒~」を発売。11月に新プロジェクト「Coalamode.Labo 2018→2019」を始動させ、2019年3月にニューシングル「ビューティフルデイズ」をリリースする。