音楽ナタリー Power Push - BAND-MAID

重要なのは“ギャップ”メイド服着た技巧派ロックバンド

メイド喫茶で働いていた小鳩ミク(Vo, G)を中心に結成された5人組ガールズロックバンドBAND-MAIDが5月18日にミニアルバム「Brand New MAID」をリリースする。彼女たちはインディーズ時代の楽曲「Thrill(スリル)」が海外のWebサイトで紹介されたことがきっかけで国外での認知度が高まり、3月にはアメリカで初の海外ライブを行い成功を収めた。本作でメジャーデビューを果たす5人に、BAND-MAID結成の経緯や、メイド服を着て活動することの意味、新作の魅力などについて話を聞いた。

取材・文 / 田中和宏 撮影 / 西槇太一

  • 178

    114

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイドさん時代を経てバンド結成

──BAND-MAIDの結成の経緯から聞かせてください。秋葉原のメイド喫茶で働いていた小鳩ミクさんを中心に結成されたそうですが、なぜバンドを始めようと思ったのですか?

BAND-MAID

小鳩ミク(G, Vo) 高校時代にいろんなバンドのライブを観に行っていて自分でもいつかやってみたいなって考えてたんです。で、高校卒業後にメイドさんのアルバイトをしていたときにバンドとメイドを掛けあわせたら面白いことができるんじゃないかなって思ったのがきっかけです。だからバンド名もそのまま、“バンド”と“メイド”をくっつけただけで(笑)。

──メンバーはどうやって探したんですか?

ミク 歌波はネットに“弾いてみた”動画をアップしていて、すごく上手だなあと思って連絡を取りました。

遠乃歌波(G) 私はもともとシンガーソングライターをやっていたんですけど、本当はバンドに入ってリードギターを弾きたかったんです。ミクからメイド服を着たバンドっていうコンセプトは聞いていたし、高校時代に偶然自分もメイド服を着てバンドをやっていたことがあったので抵抗もなく。

廣瀬茜(Dr) で、歌波を以前サポートしていた私とMISA(B)にも声がかかって。

MISA(B) ずっと茜とは一緒にいろいろやってたので、話が早かったんです。

まさかメイド服を着るとは

小鳩ミク(Vo, G)

──そして結成から約1カ月後に彩姫(Vo)さんが加入しています。なぜすぐにメンバーを増やすことにしたのでしょうか?

ミク もともと曲を用意してたので、4人だけで結成後すぐにライブをやってみたんですけど、もっと重い雰囲気のサウンドにしたいなあと感じていて。で、同じ事務所にいた彩姫ちゃんの歌声がBAND-MAIDに合うって確信したので、声をかけました。

──ミクさんは現在ギター&ボーカルですが、もともとはボーカルのみでしたよね?

ミク 彩姫が加入したときにツインボーカル、ギター2本の編成に変えました。

歌波 結成時から「ギターは2本欲しいよね」って話がメンバー間であったんですよ。ツインギターのほうがカッコよくてヘビーなサウンドアプローチができると思って。メイドさんの格好でかわいい楽曲だと、見た目と音のイメージがそのままになっちゃうし。

──彩姫さんはオファーを受けた際、ビジュアルとサウンドのコンセプトを聞いてどう思いましたか?

彩姫(Vo)

彩姫(Vo) メイド服を着て活動するっていうのは最初、聞かされてなかったんですよ。

ミク 隠しました(笑)。歌波には抵抗されなかったけど、茜とMISAにはちょっと抵抗されたので、彩姫を誘うときはまずサウンド面から興味を持ってもらおうと。

彩姫 「ちょっとかわいらしい格好でやる」とだけは聞かされていたんですよ。音源を先にもらってカッコよかったし、かわいい格好って言っても「まさかメイド服とか着るわけじゃあるまいし」と思って加入を決めたんですけど、楽屋にカチューシャとかエプロンがあって(笑)。

歌波 だまされちゃったねー(笑)。

彩姫 でも曲がカッコよかったから、断ろうとは思わなかったです。

──メイド服を着ることに違和感はありましたか?

彩姫 始める前は「どうなんだろう、これ」って思いましたよ。だけど1回目のステージに立った時点で違和感は感じなかったし、むしろ衣装やコンセプトが決まっているほうがシャキッとする感じがしました。

──ちなみにMISAさんは加入にあたってどんなことを考えましたか?

MISA もともと私はThe Smashing Pumpkinsみたいなオルタナ系のバンドをやってたんで、メイド服ってどうなんだろうなあと。でも前のバンドの解散が決まったタイミングで誘われたっていうのもあったんで一晩考えさせてもらいました。

──バンドを続けられるチャンスは逃したくないですよね。

MISA(B)

MISA そう、ベーシストであり続けたかったし、デモ音源がカッコよかったのでやることにしました。

──結成当初の衣装は今よりもかわいらしいメイド服でほぼおそろいでしたが、今はそれぞれ違う衣装で。

ミク 最初は「果たしてどういうスタイルがカッコよくて、自分たちにしっくりくるのか」と模索してたので、衣装もおそろいでコテコテのメイド服のままでしたね。

 サウンド的にもどちらかというとポップ寄りで、ハードな路線ではなかったです。私は「Thrill(スリル)」までツインペダルを使ってなかったし。

──「Thrill(スリル)」は1stシングル「愛と情熱のマタドール」(2014年8月発売)のカップリング曲ですよね。

ミク 自分たちの求めるサウンドを模索している時期に「Thrill(スリル)」ができて、メンバー全員で「ああ、この感じだ」ってBAND-MAIDのサウンドイメージが一致したんですよ。「今後は『Thrill(スリル)』寄りの楽曲をやっていこう」ってシングルのカップリングで方向性が定まったっていう(笑)。

──2015年11月発表のミニアルバム「New Beginning」は海外のiTunes Storeでも配信されました。海外進出はいつから意識してたんですか?

ミク “かわいい”と“カッコいい”を兼ね備えているバンドとして世界で勝負したいと結成当初から意識してました。最初に出した自主制作盤が「MAID IN JAPAN」というタイトルでしたし、そのときから日本から海外へっていう意思表示はしてましたね。

ミニアルバム「Brand New MAID」2016年5月18日発売 / 日本クラウン
Type-A [CD+DVD] 2500円 / CRCP-40460
Type-B [CD] 2000円 / CRCP-40461
CD収録曲
  1. the non-fiction days
  2. LOOK AT ME
  3. ORDER
  4. Brand-New Road
  5. YURAGU
  6. FREEDOM
  7. Before Yesterday
  8. alone
  9. REAL EXISTENCE(Live Ver.)※Type Bのみ収録
Type-A DVD収録内容
  • the non-fiction days(Music Video)
  • ORDER(Music Video)
  • alone(Music Video)
ツアー情報
BAND-MAID「Brand New MAID」Release Tour
  • 2016年6月24日(金)東京都 Zirco Tokyo
  • 2016年7月12日(火)茨城県 mito LIGHT HOUSE
  • 2016年7月13日(水)宮城県 仙台MACANA
  • 2016年7月18日(月・祝)京都府 京都MOJO
  • 2016年7月22日(金)神奈川県 club Lizard YOKOHAMA
  • 2016年7月31日(日)埼玉県 HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
  • 2016年8月4日(木)兵庫県 MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
  • 2016年8月6日(土)山口県 LIVE rise SHUNAN
  • 2016年8月12日(金)熊本県 熊本B.9 V2
  • 2016年8月13日(土)福岡県 LIVE SPOT WOW!
  • 2016年8月14日(日)福岡県 Queblick
  • 2016年8月28日(日)滋賀県 守山Blue
  • 2016年9月2日(金)新潟県 CLUB RIVERST
  • 2016年9月3日(土)山梨県 甲府Conviction
  • 2016年9月8日(木)北海道 Crazy Monkey
  • 2016年9月9日(金)北海道 Crazy Monkey
BAND-MAID「Brand New MAID」Release Tour Final Series
  • 2016年9月19日(月・祝)大阪府 心斎橋CLUB DROP
  • 2016年9月25日(日)愛知県 豊橋 club KNOT
  • 2016年10月1日(土)東京都 TSUTAYA O-WEST
BAND-MAID(バンドメイド)
BAND-MAID

2013年7月に秋葉原のメイド喫茶で働いていた小鳩ミク(Vo, G)を中心に、廣瀬茜(Dr)、遠乃歌波(G)の4人で結成されたガールズロックバンド。結成から1か月後に彩姫(Vo)が加入し5人編成となる。メイド服を身にまとい、ライブを“お給仕”、ファンを“ご主人さま”、“お嬢さま”と呼ぶスタイルで活動している。2014年1月に1stミニアルバム「MAID IN JAPAN」をリリース。4月に東京・Shibuya Milkywayにて初のワンマンお給仕を開催し、2015年7月に東京・Shibuya eggmanで行った2度目の単独お給仕ではチケットを完売させる。同年11月に2ndミニアルバム「New Beginning」を発表し、同作はiTunes Storeにて海外配信された。2016年3月にアメリカ・シアトルで実施された日本文化のコンベンションイベント「SAKURA-CON」に出演し、約3000人の観客を前にパフォーマンスを行った。5月18日に3rdミニアルバム「Brand New MAID」を日本クラウンよりリリースし、メジャーデビュー。新作を携えて初の全国ツアーを開催するほか、イギリスやメキシコでのお給仕を控えている。