音楽ナタリー Power Push - 雨のパレード

新たな時代を切り拓くメジャーデビュー作

雨のパレードが3月2日にフルアルバム「New generation」をリリースし、今作でSPEEDSTAR RECORDSからメジャーデビューを果たす。音楽ナタリーではスペースシャワーTV主催のライブツアー「スペースシャワー列伝15周年記念公演 JAPAN TOUR 2016」への出演でも注目を集めている雨のパレードの実態を探るべく、フロントマンの福永浩平(Vo)にインタビューを実施した。メジャーデビュー作を「New generation」(新世代)と名付けた彼が語る、バンドの展望とは?

取材・文 / 石橋果奈 インタビュー撮影 / 上山陽介

  • 179

    48

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平成3年生まれはフラストレーションが溜まっている

──今回メジャー1stアルバムを発売されますが、どのような1枚になりましたか?

福永浩平(Vo)

「New generation」っていうタイトルは、直訳すると新世代という意味で。僕らが新世代として、今後の音楽シーンを牽引する存在になるための1枚にしようと思って作った作品です。

──けっこう思い切ったタイトルですよね。

もしかしたらケンカ売っちゃってるかもしれないですね(笑)。

──“New generation”として、どのように音楽シーンを牽引していきたいですか?

雨のパレードのテーマは、受け手に常に新鮮味を感じさせることなんじゃないかなって考えていて。とにかく新しさにあふれた音を出して今の音楽シーンを引っ張っていきたいですね。僕は平成3年生まれで、同世代のバンドにはSuchmos、Yogee New Waves、LILI LIMITとかがいるんですけど、みんなフラストレーションが溜まっていると思うんですよ。「なんでこの音楽が売れるんだよ」「俺らで変えるぞ」っていう、そんな世代だと僕は思ってて。シーンを塗り替えたいという一心だと思いますね、僕も含めてみんな。

──福永さんは売れたいっていう気持ちが前提としてある?

もちろん。幕張メッセを埋めたいと思ってるんで。

──なるほど。そういう強い気持ちがないとやっぱり「New generation」っていうタイトルは付けられないですよね。

(笑)。同世代のバンドはこの先それぞれのやり方で活躍していくと思いますし、自分たちも負けてられないですよね。

バンドであり、バンドサウンドではない

雨のパレード(撮影:宮下太輔)

──サウンド面で意識した点はありますか?

最近、“バンドという形態ではあるけれど、バンドサウンドではない”みたいなものに惹かれていて。そういうものを意識しましたね。

──雨のパレードは使用する機材がかなり多いほうだと思うんですけど、そういったいろんな音を取り入れることによって“バンドという形態ではあるけれど、バンドサウンドではない”という感じを出しているのでしょうか?

そうですね。ギターやベースがシンセも弾くし、サンプラーでパーカッションとかも鳴らすし、機材はホントに多くて(笑)。音数を増やすっていうと、単に足しただけに聞こえるかもしれないんですけど、僕らライブで同期は取り入れていないんです。自分たちの手でできる範囲で音を作って、使う音の種類や1つの音の厚みにこだわって、ボーカル、ギター、ベース、ドラムっていう編成でも、普通のバンドサウンドとはちょっと違う雰囲気が出るようにしています。

──なるほど。ご自身のライブパフォーマンスについてはどう思いますか? 普段と変わらずラフにステージに上がる人と、俳優みたいに演じるようにパフォーマンスをする人がいると思うんですけど。

たぶんその中間ぐらいだと思います。学生時代によく出演していた地元の鹿児島のライブハウスには、演じるようなパフォーマンスをする人たちが多かったんです。そういう人たちに憧れて、そっちの畑に行ってみようと思ったけどなりきれなくて。でも当時はその憧れと同時に「学んできた音楽と違うな」っていう、コンプレックスに近い思いも自分の中にあって。

──そうだったんですね。

僕、音楽の専門学校を出ているんですけど、そういうところに通っていると音楽理論とかを学ばずに感情や感覚だけで音楽をやってる人たちに対して「音楽理論がなっていないと本物の音楽じゃない」って決めつける風潮を感じたりするんですよ。僕は理論でガチガチに固めた音楽じゃホントに表現したい部分は出ないと思うから、感情や感覚も大切だと思うんです。でも周りがみんなそういう感じだから、なかなか自分の気持ちは出せなくて。そこにいる自分自身に対しても納得がいかなかくて、フラストレーションを感じていましたね。

メジャー1stアルバム「New generation」
2016年3月2日発売 / 3024円 / SPEEDSTAR RECORDS / VICL-64526
初回限定紙ジャケット
通常盤ジャケット
収録曲
  1. epoch
  2. Tokyo
  3. Movement
  4. Focus
  5. breaking dawn
  6. novi Orbis
  7. new place
  8. 10-9(New recording)
  9. 揺らぎ巡る君の中のそれ(New recording)
  10. encore
  11. Noctiluca
  12. Dear J&A
  13. Petrichor
ツアー情報
雨のパレード ワンマンツアー「New generation」
  • 2016年4月2日(土)大阪府 CONPASS
  • 2016年4月3日(日)愛知県 Live & Lounge Vio
  • 2016年4月9日(土)東京都 clubasia
雨のパレード(アメノパレード)

福永浩平(Vo)、是永亮祐(B)、山﨑康介(G)、大澤実音穂(Dr)からなる4人組バンド。2015年7月に残響レコードから発売した3rdミニアルバム「new place」の表題曲がスペースシャワーTVのレコメンド企画「it!」に選出され話題を集める。同年10月に大阪・ミナミ地区で開催されたサーキットイベント「MINAMI WHEEL」では、初出演ながら会場に入場規制がかかるほどの来場者数を記録する。2016年1月にインディーズ最後の作品となる1stシングル「Tokyo」を発表。3月にリリースするニューアルバム「New generation」でSPEEDSTAR RECORDSからメジャーデビューを果たす。