Aimer「Black Bird / Tiny Dancers / 思い出は奇麗で」 / 菅野祐悟「映画『累-かさね-』オリジナル・サウンドトラック」 PR

Aimer×菅野祐悟|映画「累-かさね-」から生まれ落ちた音楽

9月7日に土屋太鳳と芳根京子がダブル主演を務める映画「累-かさね-」が公開される。

「累-かさね-」は松浦だるまによる同名マンガを原作としたサスペンスで、天才的な演技力を持ちながらも自身の容姿にコンプレックスを抱く女性の淵累と、類まれなる美貌を持ちながら、演技面で伸び悩む舞台女優の丹沢ニナが、魔法の口紅を使って互いの顔を入れ替えることから物語が展開していく。

音楽ナタリーでは今回、「累-かさね-」の主題歌を担当するAimerと、劇伴を手がける菅野祐悟の対談を実施。「累-かさね-」という作品を通して生まれた音楽について語り合ってもらった。

取材・文 / 須藤輝

音楽に対する考え方、思想が垣間見えるAimerの楽曲

──お二人は初対面とのことですが、まず菅野さんはAimerさんに対してどのような印象を持たれていましたか?

菅野祐悟 Aimerさんは、まず歌声が個性的で素敵だなって前から思っていたんです。歌のうまい人はいても、1回聴いただけで印象に残る声を持った人は非常に少ないので。それに加えて、サウンドプロデュースも素晴らしい。今回の「累-かさね-」の主題歌「Black Bird」もすごくカッコいいですし。

Aimer ありがとうございます。実は、「累-かさね-」の主題歌のお話をいただいたのはけっこう前で、それもあってじっくり時間をかけて丁寧に制作できたんです。候補曲を何曲かに絞ってから、ちょっといろいろあって最終的に「Black Bird」に。

菅野 佐藤(祐市)監督から「イメージが違う」とか言われたのですか?(笑)

映画「累-かさね-」のワンシーン。©2018映画「累」製作委員会 ©松浦だるま/講談社

Aimer いや、そうではなくて(笑)。もう1曲すごく競り合った曲があって、どちらが「累-かさね-」にふさわしいかで制作チーム内で意見が割れたと言うか。ポジティブな意味でものすごく悩んで、決めかねていたんです。

──「Black Bird」になった決め手はなんだったんですか?

Aimer 漠然とした言い方になってしまうんですけど、ある種の疾走感や、サビの開けた感じですね。あと「Black Bird」はメロディライン自体はアレンジ次第で明るい方向にも持っていける曲だったので、むしろこちらに決まってからは、いかに明るさを抑えるかという方向でアレンジが進んでいきました。

菅野 「Black Bird」はざっくり言うと骨太のロックですよね。ちょっと専門的な話になっちゃいますけど、この曲はオケと歌のミックスバランスで言うと、歌のボリュームを小さめにミックスしてあって。ロックの場合はそういうミックスをすることが多いんですけど、声に力がない人がそれをやると歌が埋もれちゃうんですよね。だけどAimerさんの歌は分厚いギターサウンドの中でもものすごい存在感を放っている。そういうふうに歌える歌手って、日本ではかなり珍しいんじゃないかなって。

Aimer いやいやいやいや。でも、おっしゃる通り今回はミックスにもこだわっていて、一歩間違うとちょっと安っぽい響きになりそうなところを、うまくローを生かしたまま、声も抜けてっていう。

菅野 その音作りも含めて、Aimerさんの楽曲からはプロデューサーやディレクターの音楽に対する考え方、大げさに言うと思想みたいなものが垣間見えるんです。まずクリエーターをちゃんと選ぶということに重きを置いて、その方たちとAimerさんが真剣に向かい合っていい音楽を作ろうとしているんだろうなって。そういう音の密度と言うか濃度みたいなものをすごく感じますね。

Aimer ありがとうございます。この「Black Bird」を作曲した飛内(将大)さんとはデビュー曲(「六等星の夜」)から一緒に音楽を作り続けているんですが、そんなふうに感じていただけていたのであれば、とてもうれしいです。

菅野 そういう姿勢って絶対、音に出ますから。

Aimer「Black Bird / Tiny Dancers / 思い出は奇麗で」
2018年9月5日発売 / SME Records
Aimer「Black Bird / Tiny Dancers / 思い出は奇麗で」初回限定盤

初回限定盤 [CD+DVD]
1620円 / SECL-2330~1

Amazon.co.jp

Aimer「Black Bird / Tiny Dancers / 思い出は奇麗で」通常盤

通常盤 [CD]
1350円 / SECL-2332

Amazon.co.jp

初回限定盤CD収録曲
  1. Black Bird
  2. Tiny Dancers
  3. 思い出は奇麗で
  4. 今日から思い出 Evergreen ver.
  5. Black Bird(Movie ver.)
通常盤CD収録曲
  1. Black Bird
  2. Tiny Dancers
  3. 思い出は奇麗で
  4. 今日から思い出 Evergreen ver.
初回限定盤DVD収録内容
  • 「Black Bird」MUSIC VIDEO(Movie ver.)
  • 「Ref:rain」MUSIC VIDEO
菅野祐悟「映画『累-かさね-』オリジナル・サウンドトラック」
2018年9月5日発売 / SME Records
菅野祐悟「映画『累-かさね-』オリジナル・サウンドトラック」

[CD]
2700円 / SECL-2333

Amazon.co.jp

収録曲
  1. 累の記憶
  2. 自信と優越感
  3. 光の下へ
  4. 私は女優
  5. オーディション
  6. トレーニング
  7. 私の居場所
  8. まるでシンデレラ
  9. 嫉妬
  10. 顔を返して
  11. 支配
  12. 本当の君
  13. 恋敵
  14. 偽物
  15. 見えるものが、すべて
  16. ターリア病
  17. この顔がお前からすべて奪った
  18. 5ヶ月
  19. 奈落の底
  20. ユダヤの預言者ヨカナーン
  21. 伝説の女優
  22. 初めての快感
  23. サロメになる
  24. 幕開け
  25. サロメのダンス
  26. ヨカナーンの首をちょうだい
  27. 狂気の笑み
  28. 終わらせない
  29. お前の唇に、あたし、キスをした
映画「累-かさね-」
2018年9月7日 全国ロードショー
映画「累-かさね-」
Aimer(エメ)
女性シンガーソングライター。幼少期よりピアノやギターでの作曲や英語での作詞を始め、15歳のとき声が一切出なくなるというアクシデントを経験し、それがきっかけとなり独特の歌声を獲得する。2011年から音楽活動を本格化させ、同年9月にシングル「六等星の夜 / 悲しみはオーロラに / TWINKLE TWINKLE LITTLE STAR」でメジャーデビューを果たした。以降、「夏雪ランデブー」「機動戦士ガンダムUC」といったアニメ作品のテーマソングを担当。2014年6月に2ndアルバム「Midnight Sun」と、澤野弘之とのコラボレーションアルバム「UnChild」を同時発売し、同年9月には菅野よう子、青葉市子らが参加する新作「誰か、海を。」を発表した。2016年7月にONE OK ROCKのTaka(Vo)と凛として時雨のTK(Vo, G)が提供およびプロデュースした楽曲を収めた両A面シングル「insane dream / us」、8月にRADWIMPSの野田洋次郎(Vo, G)制作の「蝶々結び」を収めたシングルをリリース。9月にTaka、野田のほか、andropの内澤崇仁(Vo, G)、スキマスイッチが楽曲提供およびプロデュースをした新曲を含むアルバム「daydream」を発表し話題を集める。2017年5月にベストアルバム「BEST SELECTION "blanc"」と「BEST SELECTION "noir"」を同時リリース。8月に初の東京・日本武道館単独公演を行い、1万3000人を動員した。2018年2月にCocco提供の「眩いばかり」を含むニューシングル「Ref:rain / 眩いばかり」を、9月に映画「累-かさね-」の主題歌「Black Bird」を収録したシングルをリリース。
菅野祐悟(カンノユウゴ)
1977年生まれの作曲家。東京音楽大学作曲科卒。2004年フジテレビドラマ「ラストクリスマス」でドラマ劇伴デビューする。手がけた主な作品に、映画「祈りの幕が下りる時」「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」「亜人」「昼顔」「3月のライオン」「真夏の方程式」「SP 野望篇/革命篇」「容疑者Xの献身」、テレビドラマ「刑事ゆがみ」「東京タラレバ娘」「MOZU」「ガリレオ」「ホタルノヒカリ」「新参者」、アニメ「ニンジャバットマン」「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風/ダイヤモンドは砕けない/スターダストクルセイダース」「PSYCHO-PASS サイコパス」などがある。2009年公開の映画「アマルフィ 女神の報酬」で「第19回 日本映画批評家大賞」の「映画音楽アーティスト賞」と、「日本シアタースタッフ映画祭」で「音楽賞」を受賞。その後、NHK大河ドラマ第53作目の「軍師官兵衛」、連続テレビ小説第98作目の「半分、青い。」の音楽を担当する。現在は映画、テレビドラマ、アニメーションを中心にドキュメンタリー、ゲーム音楽などあらゆるメディアで幅広く活躍中。2018年9月に自身が音楽を手がけた映画「累-かさね-」のサウンドトラックアルバムをリリースした。