映画ナタリー Power Push - テレビドラマ「警視庁 ナシゴレン課」島崎遥香インタビュー

女優・ぱるる、初めてだらけの主演ドラマで新しい自分探し

AKB48の島崎遥香が、10月17日放送開始のテレビドラマ「警視庁 ナシゴレン課」で初の女刑事役に挑戦。事件現場に足を運ばず、週刊誌やワイドショーの情報をもとに推理するという一風変わった刑事ドラマだ。共演には古田新太、勝村政信ら個性派俳優たちが名を連ね、刑事部屋という限られた空間を舞台にした“ワンシチュエーションコメディ”が繰り広げられる。

AKB48グループのメンバー41人が各話で主演を務め、本作の主演オーディションも兼ねて制作されたホラードラマ「AKBホラーナイト アドレナリンの夜」の投票企画で1位を勝ち獲った島崎。AKB48からの年内卒業を発表し、女優として活動していく決意を表明したばかりの彼女は、本作で感じている“試練”をどう乗り越えるのか? 撮影現場で話を聞いた。

取材・文 / 金須晶子 撮影 / 小坂茂雄

  • 314

    167

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「警視庁 ナシゴレン課」はビデオパスで見逃し見放題配信。さらにビデオパスしか観られない配信限定スピンオフ「恋するアルマジロ」も見放題!

撮影初日のお弁当がナシゴレンでした!

──本日、第2話の撮影現場にお邪魔しています。撮影が始まって、手応えは感じていますか? 

島崎遥香

“個性的な女デカ長”という役柄を聞いたときは「面白そう!」と思ったんですが、刑事ものは難しいイメージがあって……。普段使わないような言葉がセリフに出てきたりするので苦戦しています。“風早恭子”というキャラクターについても模索している真っ最中です。

──「ナシゴレン課」という風変わりなタイトルが目を引きますよね。事件現場に向かわない刑事っていう設定もユニークです。初めにドラマのタイトルを聞いたとき、どんな印象を抱きましたか?

「問題ナシゴレン!」っていう決めゼリフがあると最初に聞いていたので、すぐに納得できました。だからそんなに不思議だとは思わなかったです(笑)。恭子は現場に行かないで事件を解決するんですけど、これってやっぱり普通じゃありえないことなんですかね? 現実でもそういう人っているんでしょうか、気になります……。

──たいていの刑事は真っ先に現場へ向かうような(笑)。ちなみに“ナシゴレン”ってアジア料理ですが、食べたことは?

撮影初日のお弁当がナシゴレンでした! 初めてのナシゴレン、おいしかったです。

待ち時間は台本とにらめっこ

──そのときが初めてだったんですね! ワンシチュエーションという条件での撮影はいかがですか? アドリブが飛び交ったりしているんでしょうか。

撮影中の様子。

この場所しかない、難しいと感じる瞬間ばかりです。1話を撮り終え、2話の撮影に入りましたが、まだまだ不安ばっかり。アドリブなんて考える余裕もまだないです……。当日のリハーサルで監督と話し合って、その場であれこれ付け足していくことはありますが。事前に覚えてきたセリフがまったく違うものに変わってしまうことが多いので、待ち時間はいつも台本を眺めています。にらめっこみたいに(笑)。

──古田新太さんや勝村政信さんといった百戦錬磨の先輩方と一緒に演技するのは刺激的でしょうか。

「警視庁 ナシゴレン課」第1話より。

ただただ「すごいなあ」と思うばかりです。まだ個人的にはあまりお話しできてなくて。アドバイスも恐れ多くて聞けないです!

──ワンシチュエーションということで、舞台みたいなライブ感も感じられそうですね。

はい、テンポが大事になってきます。でも皆さんほんとに面白いから、思わず笑っちゃうんですよ。恭子は笑うようなキャラじゃないのに。毎回笑いをこらえるのがつらいです(笑)。

“ザ・きつい女”にはしたくない

──確かに、恭子には笑ったりみんなでワイワイしてるイメージはないです……。島崎さんは風早恭子のキャラクターをどのように捉えていますか?

島崎遥香

1話のときはけっこうクールで、髪型もビシッとキメて撮ったんです。でも2話を撮る前に、監督が「もうちょっと柔らかめにしようか」と。だから髪型も服のテイストも1話とちょっと違う雰囲気になってます。私自身、最初は“クールで笑わない女”っていうイメージを持っていたんですけど、いざ撮影が始まったら恭子はけっこう他人の発言に対してツッコむし、ボケるときもあるんです。だから“ザ・きつい女”っていうだけのキャラクターにならないように、仕草や表情のバリエーションを増やしていきたいと思ってます。しばらくは試行錯誤しそうですが。

──この役は島崎さんが「AKBホラーナイト アドレナリンの夜」の投票企画で1位を獲ってゲットした役ですね。主演を務めることにプレッシャーはありますか?

主演ではあるんですけど、支えてもらっている側の主演なので……。「引っ張っていかなきゃ!」って考えるより、「皆さんの力をお借りしたい」という気持ちが強いです。

島崎遥香

──それでは、最後に読者ヘ向けてひと言お願いします。

まだ私も1話を観れていないので(取材時点)、どういうできあがりになっているか想像つかないです。完成したものを観て、反省して、改善できるところは今後に生かしていきます。まだ恭子のキャラをつかもうとしているところなので、今後どういうふうになっていくか……。変わっていくかもしれないところも含めて、皆さんも毎回楽しみにしていただけたら。ワンシチュエーションだったり、刑事ものだったり、初めてのことだらけなので、新しい“島崎遥香”も見つけてもらえるかな?と思っています。

島崎遥香

テレビドラマ「警視庁 ナシゴレン課」

テレビドラマ「警視庁 ナシゴレン課」

警視庁の一風変わった部署「ナシゴレン課」。そこで25歳にして課長に抜擢された風早恭子は、自ら部屋を出て捜査にあたることはなく、卓越した洞察力と推理力をもって難事件を解決していく。彼女を取り巻く同僚には、長年刑事になることを夢見ていた48歳の新人刑事、恭子に何かとバカにされる小心者のサブリーダー、恭子を一方的にライバル視するエリート刑事といった強い個性の持ち主たちが顔をそろえた。「聞き込み? 張り込み? 必要ないない」と言い放つ、自由奔放で高飛車な女刑事とその仲間たちの騒がしい日常を描くワンシチュエーションコメディ。

スタッフ

企画・原作:秋元康
脚本:徳尾浩司ほか
監督:古厩智之、佐藤太、二宮崇ほか

キャスト

風早恭子:島崎遥香
石鍋幹太:古田新太
高見拳次郎:波岡一喜
鳥海琴美:猫背椿
小野田哲:越村公一
浅羽ショウ:中山麻聖
伊吹暁彦:勝村政信

放送情報

地上波放送

テレビ朝日(一部地域を除く) 2016年10月17日(月)スタート
毎週月曜 24:15~24:45

auビデオパス

auビデオパスにて地上波放送直後より、見放題独占配信。
※テレ朝動画でも個別課金型配信

「警視庁 ナシゴレン課」はビデオパスで見逃し見放題配信。

さらにビデオパスしか観られない配信限定スピンオフ「恋するアルマジロ」も見放題!

auビデオパスとは

auビデオパスは、auの動画配信サービス。月額562円(税抜)で映画(洋画・邦画)やドラマ、アニメ、ライブなどさまざまなジャンルの映像作品が見放題となり、さらに追加料金なしで毎月1本の新作も視聴できる。初回登録時は30日間無料。

島崎遥香(シマザキハルカ)

1994年3月30日生まれ、埼玉県出身。2009年9月、「AKB48 第六回研究生(9期生)オーディション」に合格。2012年9月に開催された「AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会」で優勝し、29thシングル「永遠プレッシャー」で初めてセンターポジションを担当する。その後、現在まで選抜メンバーとして数々のシングル曲に参加。2015年には「劇場霊」でホラー映画に初主演し、第21回エトランジェ映画祭に監督の中田秀夫とともに出席した。そのほか近年の出演作に「ホーンテッド・キャンパス」、ドラマ「ゆとりですがなにか」など。AKB48グループメンバー41人が各話で主演を務め、2015年10月から2016年3月にかけて放送されたホラードラマ「AKBホラーナイト アドレナリンの夜」の視聴者・審査員投票企画で1位を獲得し、ドラマ「警視庁 ナシゴレン課」の主演の座を射止める。2016年10月、AKB48を年内に卒業することを発表した。