映画「劇場特別版『カフカの東京絶望日記』」 PR

「劇場特別版『カフカの東京絶望日記』」鈴木拡樹|映画化は冒険が過ぎる!?「絶望しすぎてはいけない」と気付くためのお薬

「舞台『刀剣乱舞』」「舞台『弱虫ペダル』」シリーズなどへの出演で知られる鈴木拡樹の主演作「劇場特別版『カフカの東京絶望日記』」が、2月28日より2週間限定で劇場上映される。

2019年放送のドラマ全6話から厳選したエピソードと、新規追加カットで構成された本作。「変身」「城」などを手がけた小説家フランツ・カフカが、現代の東京であらゆる事象に絶望するさまがユーモラスに描かれる。

映画ナタリーでは、カフカを演じた鈴木にインタビュー。“映画化は未知すぎる”と心境を明かす彼に、作品への思いや映像ならではの芝居の面白さを語ってもらった。

取材・文 / 秋葉萌実 撮影 / 須田卓馬

映画化は未知すぎて……

「劇場特別版『カフカの東京絶望日記』」

──「カフカの東京絶望日記」はYouTubeでの配信から始まって地上波ドラマ化され、今回劇場特別版が上映されることになりました。鈴木さんにとっては地上波ドラマ初主演作ですが、ここまで大きな展開になると当初は想像していましたか?

YouTubeでたまにちょっと戻したりしながら、気楽な感覚で観られるのをテーマに作っていた作品だったので、実は地上波ドラマ化も「ドラマ? 地上波!? 対応できるのかな?」と思っていたんです。映画化はもう未知すぎて……今でもまだわからない(笑)。ただ、映画を観慣れている方にとっては、普段ご覧になっている作品とはまったく違う印象を抱いてもらえる気がしています。展開がとってもシュールだし、映画らしくない作品を映画にしている。シーンとした狭めの個室で観るのにちょうどいい作品だったのに、だだっ広い空間で大人数に観ていただけるなんて冒険が過ぎるな!という気持ちです。

鈴木拡樹

──(笑)。この劇場特別版には、連続ドラマにはない新規カットも追加されていますね。

新規カットの部分は撮影時に説明を受けてもまったくピンと来なくて、僕は何をやっているんだろう?くらいの感覚で撮っていたんですが、今は疑問が解消されてすごくスッキリしています(笑)。この作品には濃いキャラクターがたくさん出てきますが、彼らがビデオメッセージの形でカフカについて話してくれるシーンも挟まっていて。僕本人がメッセージをもらっているわけではないものの、ちょっと照れくさくなりながら観ていました。

──「カフカの東京絶望日記」関連のニュースは毎回大きな反響があるんです。鈴木さんご自身は作品が視聴者へ届いたという手応えは感じていますか?

Twitterなどで「観ています」「シュールで面白いです」とコメントをいただきました。撮影中は“未知の連続”というか、わからないことが多かったのですが、無事に皆さんに届いてよかったです。

映像芝居は泣くことひとつ取っても難しい

鈴木拡樹
鈴木拡樹

──鈴木さんは舞台を中心に活動されていますが、ドラマや映画など映像作品の芝居ならではの面白さはどんなところに感じていますか。

映像作品でも、ジャンルによってアプローチの方法が違うことがやっとわかってきて面白いです。役者さんの中には映画をやりたいという方もいれば、ドラマのほうがいいという方もいますが、僕にはその差が明確にわからなかったんです。でも今は、ドラマは観てくださる人の日常に溶け込むような空気感を作っていくのがいいと感じているし、映画は舞台に近くて特別感があるのがいいのかなと思っています。劇場に足を運ぶのはやっぱり特別なことですしね。観た人の1日のテンションを左右できるような作品にできたらと心がけ始めたところです。

──なるほど。以前、舞台が多い俳優さんに取材したときには「カメラに寄られる芝居に慣れてないから大変だった」と話していました。

やっぱり皆さんそうなんですね! 僕もいまだに苦戦しています。カメラを挟んで向こう側としゃべったり、なかなか不思議で特殊なことをしていますもんね。でもやっているうちに少しずつ理解できるようになるもので、なんとなくの感覚はつかめてきました。そうなってくるとやりがいや楽しさを見出せるので面白いですね。

「劇場特別版『カフカの東京絶望日記』」

──舞台の経験が豊富な方にとっては、共通の悩みなのかもしれませんね。その俳優さんはカット割の細かさにも苦戦したそうですが、鈴木さんはいかがでしたか。

すごく感情的になるシーンでは、カットの声が掛かったあともその状態をキープしちゃっている自分がいました(笑)。「セッティングに時間が掛かるので楽にしていてください」と言われるけれど、楽にしたらつながらないんです! ついこの間の撮影でもそんなことがありました。感情をずっとキープしていないとどうしてもつながらない気がするので、映像芝居は泣くことひとつ取っても難しいなと思います。