ビデオパス PR

「コーヒーが冷めないうちに」有村架純×伊藤健太郎|“東京で一番平和”な2人がともに過ごした日々

有村架純が主演を務める「コーヒーが冷めないうちに」が、9月21日より全国で公開される。川口俊和の小説をもとにした本作は、ある席に座ると過去に戻れる不思議な喫茶店・フニクリフニクラを舞台に、そこへ集う人々が巡り会う奇跡を描いたヒューマンストーリー。ドラマ「重版出来!」「アンナチュラル」などで知られる塚原あゆ子の映画監督デビュー作となる。

映画ナタリーでは、本作の公開を記念してフニクリフニクラの店員・時田数役の有村と常連客の大学生・新谷亮介役の伊藤健太郎にインタビュー。撮影時の思い出や、劇中で演じたキャラクター同様に少しずつ親しくなっていったという2人の関係性、そして完成版を観た際に涙したエピソードなどを語ってもらった。

取材・文 / 秋葉萌実 撮影 / 佐藤類

ビデオパスなら映画・ドラマ・アニメが見放題。さらに劇場鑑賞料金が最大700円引き!

塚原あゆ子監督は愛がある(有村)

──まずは脚本を読んだときの感想から聞かせてください。

有村架純

有村架純 いいお話だなと率直に思いました。4つのエピソードが断片的ではなく、しっかりと1本にまとまった脚本になっていたので「これを映像化したらどうなるんだろう?」と、撮影が楽しみになりました。映画の数は、原作に登場する時田計と数が合わさった人なのかなと思ったので、2人の要素をうまく取り入れながら役作りをしていきました。

伊藤健太郎 初めて脚本を読んだときは、気持ちがギュンとなりました。それぞれのエピソードは近い境遇の方が観たら考えさせられるものがあるだろうし、観る人1人ひとりに寄り添えるようなお話だなと思って。早く撮りたいし、皆さんにも観てもらいたい気持ちがありました。

──監督から何かリクエストはありましたか?

伊藤健太郎

伊藤 僕は塚原あゆ子監督と話し合って一緒に作っていくことが多かったです。自分の普段の話をしてみたら、監督から「じゃあそういう感じで」と言われたり。ご一緒させていただくのはドラマ「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」以来2度目なので、僕を理解していただけているのかなと思います。前回から成長した姿を見せたい!と緊張したこともありましたが(笑)。

有村 監督はすごく優しくて愛情のある方なんですよね。私も細かい要望はありませんでしたが、監督から「コーヒーを淹れるシーンは神秘的・幻想的に見せたい」と言われていたので、丁寧に淹れるように心がけました。

──確かに、コーヒーのいい香りがこちらにも伝わってきそうなシーンでした。

有村 現場も毎回いい香りでした(笑)。

2人の会話は、東京で一番平和!(伊藤)

──数は受けのお芝居が多い役ですよね。有村さんはInstagramで「難しい」とコメントされていましたが、どんなところでそう感じました?

「コーヒーが冷めないうちに」

有村 数はフニクリフニクラの一店員として客観的にお客様を見ている立場ですが、あの喫茶店にまた行きたい!と皆さんに思ってもらえる人でもいなければならないんです。彼女の存在をどう示せばいいかと最初は悩みました。(吉田羊演じる)平井さんに対しては少し入り込むだろうな、松重豊さんと薬師丸ひろ子さんが演じられた男女は見守るような形でいるんだろうなとか、人によって数の距離感を変えていくのが難しかったですね。

──伊藤さんが演じた新谷は映画のオリジナルキャラクターです。いい意味で普通というか、等身大の大学生だなと感じました。

伊藤 新谷は普通の人だし突拍子もないことができないので、特徴のある役と比べると少し難しかったです。数ちゃんと新谷は、違うところで生活をしていたら交わらなかったような2人。彼らの違いみたいなものは大事に表現できればと考えていました。

──なるほど。数は最初は少し孤独を感じさせる女性として描かれていましたが、新谷と親しくなったことをきっかけに変わっていきますね。有村さんは、数の変化は自然に演じられました?

有村 そうですね。健太郎くんとも最初はお互いに少し距離があった気がしたんですが、撮影が進むにつれてしゃべることも増えてきました(笑)。

伊藤 いつの間にか、空き時間にたくさんしゃべるようになりました。

有村 うん。平和な会話をしていたよね。

伊藤 たぶん東京で一番平和な会話をしている2人でしたよ!

──打ち解けてきて、お互いに意外性を感じた部分はありましたか。

有村 健太郎くんは落ち着いている印象があったので、私としてはすごく居心地がよかったんですが、21歳でこの落ち着きはどういうことなんだ?とも思っていたんです。確か、お姉ちゃんがいるんだよね?

伊藤 はい。

有村 だからなのか歳上の人と関わることに慣れている感じがして。それを知って、こういう雰囲気の理由が納得できた気がしました。

伊藤 (キャラクターを)意識して作っているんです(笑)。

「コーヒーが冷めないうちに」

有村 え!? でも等身大なところもあって、親しみやすくてみんなに愛されるし、いじられたりもする。監督もスタッフさんも健太郎くんのことが好きなんだろうなあというのがよくわかる現場でした。

伊藤 なるべく現場が楽しいほうがいいなと思っているので、自分がいじられることでみんなが笑えるんだったらそれも楽しいなと。有村さんに意外な点はありませんね。僕は人に対して、喜怒哀楽の差が激しいかそうじゃないかという見方をするんですが、有村さんは激しくないですよね?

有村 うん。フラット。

伊藤 すごく穏やかで魅力的な人だと思いました。僕の周りには、ずっとフラットな人はあまりいないんですよ。お話をしていて楽しかったです。

「コーヒーが冷めないうちに」
2018年9月21日(金)全国公開
「コーヒーが冷めないうちに」
ストーリー

時田数がいとこの流と切り盛りする喫茶店フニクリフニクラには、不思議な都市伝説があった。それは、店内のある席に座ると望んだ時間に戻れるというもの。そしてその願いを叶えるためには、いくつかのややこしいルールがあった。噂を聞いて店を訪れた客たちはどんなことをしても現実は変わらないと知りながらも、大切な人との再会を強く望んでその席に座る。そのとき彼らを待っていたものとは……?

スタッフ

監督:塚原あゆ子

脚本:奥寺佐渡子

原作:川口俊和「コーヒーが冷めないうちに」「この嘘がばれないうちに」(サンマーク出版刊)

音楽:横山克

主題歌:YUKI「トロイメライ」(EPICレコードジャパン)

キャスト

有村架純、伊藤健太郎、波瑠、林遣都、深水元基、松本若菜、薬師丸ひろ子、吉田羊、松重豊、石田ゆり子ほか

ビデオパスなら映画・ドラマ・アニメが見放題。
ビデオパス会員なら劇場鑑賞料金割引サービスも!

まずは無料でお試し!
ビデオパスとは

「ビデオパス」は映画(洋画・邦画)やドラマ、アニメなどさまざまなジャンルの映像作品を視聴できる動画配信サービス。最新のレンタル作品や月額562円(税抜)の見放題プランに加え、会員登録不要の無料作品もご用意。見放題プランは、毎月もらえる「ビデオコイン」を使って追加料金なしで毎月1本の最新作品を視聴でき、初回登録時には30日間無料でお試し視聴できる。

ビデオパス会員特典!劇場鑑賞料金割引の詳細はコチラ!(auスマートパス・auスマートパスプレミアムも対象)

TOHOシネマズ

auマンデイ

ユナイテッド・シネマ / シネプレックス

auシネマ割
有村架純(アリムラカスミ)
1993年2月13日生まれ、兵庫県出身。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で主人公の母親の少女時代を演じてブレイクし、2017年には「ひよっこ」でヒロインを務めた。主な映画出演作は「ストロボ・エッジ」「映画 ビリギャル」「ナラタージュ」など。主演ドラマ「中学聖日記」が10月から放送されるほか、映画「かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―」が11月30日、「フォルトゥナの瞳」が2019年に公開を控える。
伊藤健太郎(イトウケンタロウ)
1997年6月30日生まれ、東京都出身。ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」で俳優デビュー。近年の参加作には、主演映画「デメキン」をはじめとして「ルームロンダリング」、声のキャストを務めた「映画ドライブヘッド~トミカハイパーレスキュー 機動救急警察~」などがある。10月からはドラマ「今日から俺は!!」がオンエア。また出演作「覚悟はいいかそこの女子。」が10月12日、「ういらぶ。」が11月9日に公開される。

有村架純:スタイリング / 瀬川結美子(NOMA)
ヘアメイク / 尾曲いずみ(STORM)
伊藤健太郎:スタイリング / 池田友紀(Be Glad)
ヘアメイク / 伊藤ハジメ(Crollar)