映画「ニンジャバットマン」 PR

「ニンジャバットマン」特集|DC×タイムスリップ×戦国時代!?日本発の型破りアニメに著名人11名が驚愕!

日本が世界に放つ戦国エンタテインメント「ニンジャバットマン」が6月15日に全国公開される。本作ではバットマンやジョーカーらDCコミックのキャラクターが、ゴッサムシティを飛び出し戦国時代の日本へタイムスリップ! テレビアニメ「ポプテピピック」の神風動画がアニメーション制作を担当し、豪華キャストとクリエイターが集結した。

この特集では、いち早く本作を鑑賞した著名人11名から寄せられた応援コメントを紹介。また本編のイチオシ場面とともに監督・水﨑淳平によるコメントをお届けする。最後のページには、バットマン役の山寺宏一&ジョーカー役の高木渉が見どころを語るインタビューも!

「ニンジャバットマン」
2018年6月15日(金)全国公開
ストーリー

戦国時代の日本。現代の犯罪都市ゴッサムシティからタイムスリップしてきた悪党たちが、“ヴィラン大名”として勢力を振るっていた。彼らが好き放題に暴れ続ければ、世界の歴史が変わってしまうことに。同じく日本に降り立ったバットマンは最狂の悪党ジョーカーたちに立ち向かう。

スタッフ

監督:水﨑淳平
脚本:中島かずき
キャラクターデザイン:岡崎能士
音楽:菅野祐悟
アニメーション制作:神風動画

キャスト

声:山寺宏一、高木渉、加隈亜衣、釘宮理恵、子安武人ほか

日本が誇るクリエイター陣

本作は、放送開始とともに爆発的な話題を集めた「ポプテピピック」の神風動画が手がける初の長編オリジナル作品。神風動画の代表・水﨑淳平が監督を務め、アニメファンのみならず往年のDC映画ファンをも熱狂させる新たなエンタテインメントを生み出した。型破りなストーリーを書き上げたのは、劇団☆新感線の作家であり「天元突破グレンラガン」「キルラキル」などでアニメファンからも信頼の厚い中島かずき。さらにキャラクターデザイナーとして「アフロサムライ」の岡崎能士が参加している。

日本文化に放り込まれるDCヒーロー

劇中には、さまざまな日本文化と出会うバットマンたちの姿が。茶屋で休憩し、茅葺屋根の建物をバットケイブに見立て、富士山麓でヴィラン大名たちとの合戦に臨むといった、和のテイストが随所にちりばめられている。宣教師に変装して剃髪姿で街を歩くブルース・ウェインや、歌舞伎の見得を切るジョーカーなどの貴重な姿も!

著名人11名の応援コメント

歌広場淳

「お前ら、遊ぶことを忘れてないか?」という問いに対する日本からの回答が、この「ニンジャバットマン」だ。

「俺たちが一番楽しく遊べるんだぜ!」と言わんばかりに、日本のクリエイターたちが散らばってるおもちゃを拾い集めた結果、“観るエナジードリンク”が完成! もうお腹いっぱいになりました。

今までの「バットマン」シリーズでやってほしい表現を全部やってくれた、アニメならではのカッコよさ。オリジナリティとクオリティどちらも素晴らしく、パッと見の「なんかすげえな感」だけじゃない、随所の味付けもしっかり。

日本人は本当に遊び方が上手だなあ。世界よ、これが日本のアニメだ!

それにしても、現代に生きる僕たちがバットマンを好きなのは当たり前ですよね。だって遠い昔の戦国時代からDNAに刻まれているんだから! たーだ、ツッコミ不在の世界だったので次回作にはゴールデンボンバーのツッコミ担当であるわたくしの登用をお願いします!

歌広場淳(ウタヒロバジュン)
歌広場淳
1985年8月30日生まれ、千葉県出身。ヴィジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」のベース。日本大学芸術学部文芸学科卒業。同バンドの楽曲「女々しくて」はオリコンカラオケランキング歴代1位となる51週連続1位を獲得した。ドラマ・映画・ミュージカル・宝塚歌劇団の鑑賞、読書、早押しクイズなど多くの趣味を持つ。2018年3月より全国36公演の全国ツアー「ロボヒップ」を開催中。

桜坂洋

ぼくらはいま、アニメの新しいスタンダードの誕生を目にしているのかもしれない。登場するすべての要素・展開をぼくらはすでに知っていて、なおかつすべてが斬新だ。サンディエゴではじめて“Sushi”を食べたときと同じ驚きをこのバットマンは与えてくれた。

桜坂洋(サクラザカヒロシ)
桜坂洋
1970年生まれ。第2回集英社スーパーダッシュ小説新人賞最終選考作を改稿・改題した「よくわかる現代魔法」で2003年にデビュー。2004年刊行の「All You Need Is Kill」で注目を集め、同作はマンガ化、トム・クルーズ主演で実写映画化された。そのほかの著書に「スラムオンライン EX」などがある。

ZEN

普通のアメコミヒーロー物かと思った貴方は開始2分でその予測をぶち壊されることでしょう。

これまでリンクするはずのなかった舞台上に驚くほど落とし込まれたバットマンワールドに少年心が、いとも簡単に呼び覚まされました。

バットマンアクションの最大の特徴ともいえる、ガジェットを駆使したバトルシーンは日本を牽引するアニメーターによってさらに進化し、アニメとは思えないほどの音・動き・カメラワーク、その全てが感覚に直接訴えかけてくるようでした。

ZEN(ゼン)
ZEN
1993年5月13日生まれ、東京都出身。パルクールアスリート。16歳で単身アメリカ・ロサンゼルスに渡り、トレーニングを積む。2015年、カナダで開催された大会North American Parkour Championshipsで優勝し、アジア人史上初の全米・北米チャンピオンとなる。CMやMVといった映像でも活躍し、俳優として「HiGH&LOW」シリーズなどに参加している。

廣瀬智紀

ニンジャバットマン、日本のアニメ、脚本家の中島かずきさん。そんな文字を見るだけでワクワク。見事に疾走感のある爽快な物語もさることながら、画の強さ、繊細さ、大胆さ、美しさに目を奪われ、バットマンたちヒーローや悪党が戦国時代に溶け込もうとする姿にくすり。なんだか日本がもっと好きになりました。これが日本が世界に送る「バットマン」なのだと。とにかく多くの方に観て頂きたいです。

廣瀬智紀(ヒロセトモキ)
廣瀬智紀
1987年2月14日生まれ、埼玉県出身。「弱虫ペダル」「ダイヤのA」など多くの舞台に出演する一方、映画やドラマでも活躍。2017年、劇団☆新感線の舞台「髑髏城の七人 season月 下弦の月」に出演した。2018年8月に主演舞台「ファンタジーオーケストラミュージカル『スサノオと美琴~古事記~』」、10月に川栄李奈とW主演する新作舞台の上演を控える。2019年には「映画刀剣乱舞」「鹿沼」が公開。

松澤千晶

お恥ずかしながら初めてのバットマンでして、おそらくバットマンにとっても、初めてのことが多かったと思います。

何も知らずに一度、これを機に彼の活躍をいくつか拝見してから二度、鑑賞させていただきましたが、知らなくても面白かったのに、知っているとこんなにも楽しめるなんて……と、オリジナルへの敬愛と、その遊び心に痺れました。

テクノロジーと切り離された戦国時代で愛車も無く、馬に乗るバットマン。しかしながら、いつもの彼の強さが生かせないからこそ、ヒーローとしての本質的な彼の強さを感じられ、最後は作中のジョーカーの「最高だぜバットマン!」の叫びとリンクするほど。そして、その最高は集結したファミリーがいるからこそなのも、やっぱり最高です。

ストーリー以外にも、音、動き、重量感、手裏剣から何から一つ一つの道具が生きていて、爆発がとにかく気持ち良く、言葉遊びからねぷたから、日本って楽しそう!と思える仕掛けや描写が盛りだくさん。

この国、この時代だからこそできる戦い。バトルでなく、戦(いくさ)を、バットマンに嗜んでもらうことができて嬉しかったです。

きっとこれからも戦い続けるバットマン。もし彼にお会いすることができたら、あの時どうでした?と聞いてみたいです。

松澤千晶(マツザワチアキ)
松澤千晶
1985年1月28日生まれ、東京都出身。フリーアナウンサー。「Oha!4 NEWS LIVE」「日経CNBCキャスター」「TBSニュースバード」などで活躍する。また、アニメ・ゲームへの関心が高く、多数のイベントや関連番組でMCを務めている。

大川ぶくぶ

ぶっ飛んだ演出に常時大喜び! あとジョーカーの顔に是非注目して欲しいです、やばすぎる!

大川ぶくぶ(オオカワブクブ)
大川ぶくぶ
漫画家。

小島秀夫

時代劇、特撮、漫画、アニメ。さまざまなジャンルが群雄割拠する日本のエンタメ戦国時代を生き抜いた、メイド・イン・ジャパンの血と肉が生きている。

それだけではない。この和製“バットマン”は、日本とハリウッドとのエンタメ合戦を空から見おろす、鳥でも獣でもない“コウモリ”のようにも見えてくる。

小島秀夫(コジマヒデオ)
小島秀夫
1963年生まれ。ゲームクリエイター、コジマプロダクション代表。1987年、初めて手がけた「メタルギア」でステルスゲームと呼ばれるジャンルを切り開き、「メタルギア」シリーズで世界的な人気を獲得。現在、企画・脚本・監督・ゲームデザインを行うノーマン・リーダス主演の新作、PlayStation4専用ソフト「DEATH STRANDING」を制作中。

鈴木拡樹

世界的に有名なバットマンがアメコミのテイストを残しながら日本の戦国時代に居る違和感が面白い。

今作の脚本を担当された中島かずきさんと、以前お仕事をする機会があったのですが、そのときに私は第六天魔王の役を演じさせていただきました。その事もあって第六天魔王(ジョーカー)を応援してしまう不思議な見方をしてしまいました。

歴代のバットマンの敵が戦国武将になっている設定の面白さ! 成る程感が凄い! 納得の配役です。

あと私がとても引き込まれたのはバトルシーン! 早い展開での攻防戦の格好良さとカメラワークの演出で浮遊感を感じさせていただきました。

SEの臨場感も凄く迫力がありました。音だけで距離や攻撃威力がわかる!

ニンジャバットマン全身で楽しむ事が出来ました!

皆さんも是非、全身で楽しんでください。

鈴木拡樹(スズキヒロキ)
鈴木拡樹
1985年6月4日生まれ、大阪府出身。2007年のテレビドラマ「風魔の小次郎」でデビュー。2008年には「最遊記歌劇伝 -Go to the West-」で主演を務める。以降、「舞台『刀剣乱舞』」シリーズ、「舞台『弱虫ペダル』」シリーズ、「劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月」などに出演。2018年6月には「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰」、2019年には「映画刀剣乱舞」が控える。

武田梨奈

クールだ! なんてクールなんだ!と心の中で叫んでいました。

ジャパニーズカルチャーの中で暴れるキャラクター達に興奮が止まらなかったです。

世界中のリアクションが気になる映画の一つ。

そして、男達に埋もれない圧倒的存在感のキャットウーマンやハーレイ・クインにメロメロでした。

武田梨奈(タケダリナ)
武田梨奈
1991年6月15日生まれ、神奈川県出身。10歳で空手道場に入門。2009年に「ハイキック・ガール!」で映画初主演を務めた。主な出演作に映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」やドラマ「ワカコ酒」シリーズなど。現在、セゾンUCカードやグンゼ・SABRINAのCMに出演中。2018年には主演作「三十路女はロマンチックな夢を見るか?」が公開されたほか、「世界でいちばん長い写真」「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。」などの作品が公開待機中である。

FROGMAN

私の映画「DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団」も無茶苦茶な作品だと思ってましたが、本作はここまでやり切るとは!

劇場版「鷹の爪」にかけたアイデアと情熱と予算をこの作品は冒頭3分でぶち抜いていく! DC映画史上、最もぶっ飛んだ作品!!!

FROGMAN(フロッグマン)
FROGMAN
1971年4月9日生まれ、東京都出身。映画の制作スタッフとしてキャリアを積んだ後、島根県へ移住し「蛙男商会」名義でFlashアニメを発表。2006年放映の「秘密結社 鷹の爪」を含む「THE FROGMAN SHOW」でブレイクした。現在は東京に拠点を移し、ディー・エル・イーに所属。2017年公開の劇場アニメ「DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団」では監督を務めたほか、TOKYO FM「シン 鷹の爪団の世界征服ラヂヲ」、TBSラジオ「AI時代のラジオ 好奇心プラス」など、ラジオパーソナリティとしても活躍する。

山田裕貴

忍者大好き、戦国時代大好き、バットマン大好き、ヴィランも大好き。僕のための映画かな?というくらい、好きなものが全部詰まってました!

細かいことを考えさせないスピード感。シンプルを貫く心意気。予想外の連続。これまでのDCとのギャップが過ぎる!

日本とバットマンがこんなにもマッチするとは。“バットマン越しの富士山”なんてかつてないし、天守閣での日本刀バトルはまさに夢!

山田裕貴(ヤマダユウキ)
山田裕貴
1990年9月18日生まれ、愛知県出身。2011年に俳優デビュー。近年の主な出演作に「あゝ、荒野」「亜人」「二度めの夏、二度と会えない君」「デメキン」など多数。2018年の公開作には「となりの怪物くん」「万引き家族」「虹色デイズ」「あの頃、君を追いかけた」がある。現在、テレビドラマ「特捜9」にレギュラー出演中。2019年放送のNHK連続テレビ小説「なつぞら」への出演が決定。