映画「悪と仮面のルール」 PR

「悪と仮面のルール」玉木宏×新木優子 / 吉沢亮×中村文則インタビュー|悪になりきれず葛藤する男の“究極の愛”

玉木宏さんは、人類が到達してしまった最終形態(中村)

──中村さんは、撮影現場にも見学に行かれたそうですね。

中村 それが……1回だけお邪魔したんですが、ベッドシーンに行ってしまったんですよ……。

吉沢 ああ、玉木さんのベッドシーン!

中村 そうそう。僕、本当に最悪でしょ?(笑) ちょうど選挙期間中だったので、選挙カーが現場の近くを通るたびに撮影がストップしてしまうんです。玉木さんは本当に優しいから、ストップがかかるたびに上半身裸のまま僕のところに来てくれて、「中村さん、愛知県出身ですよね?」みたいなことをいろいろと話しかけてくれるんですよ。気を使っていただいて本当にごめんなさい! すぐに帰るから!と思ってましたね。

吉沢 ははは。

中村 でも僕は、何も知らずに行ったらそのシーンだったんです! 玉木さんにこの間も「あのとき、狙って来たんですよね?」といじられて、「違う違う!」と話しました(笑)。正確に言えば、ことが終わったあとでベッドにいるシーンだったんですが。

──玉木さん演じる実写版の久喜文宏はいかがでしたか。

「悪と仮面のルール」より、久喜文宏(右)。

中村 もちろん素晴らしかったです。顔を変えた存在という面でも、悪になりきれないという面でも微妙な役どころ。その繊細さを見事に演じてくださって、ありがたかったですね。玉木さんはもう、人類が到達してしまった最終形態みたいな、素晴らしい外見をされているじゃないですか。

一同 (笑)

中村 ご本人に「最終形態ですね」と言うわけにもいかないから、先日玉木さんのファンクラブイベントにゲスト出演させていただいた際には「存在感がある」という控えめな言い方に変えたんですけど(笑)。そんな感じ、しませんか?

吉沢 わかります。オーラが半端じゃない。僕はこの映画の中で、基本的に玉木さんとの共演シーンしかなかったんです。

「悪と仮面のルール」より。左から伊藤亮祐、久喜文宏。

中村 確かに、そうだね。

吉沢 現場ではほぼ一言もお話ししていなくて。伊藤と新谷の微妙な距離感をすごく気にしていたので、あまり玉木さんに近付かないようにしていました。玉木さんもそれを察してくださったので、芝居の中でもその距離感のまま会話できた気がします。現場ですごく仲良くなっていたら、あの絶妙な関係での“すがる芝居”はできなかったと思います。

「共に生きていきましょう」がすごく好きなんです(吉沢)

──ではここで、作品のテーマでもある“善と悪”について伺えればと思います。お二人はどこからを悪と判断するのか、それぞれのルールがあれば教えてください。

吉沢 難しいですね……。

「悪と仮面のルール」より。左から久喜文宏、久喜幹彦。

中村 要は、見方によるんですよね。善と言われているものが悪だったりもしますから。この映画でも、予告編には“悪”という言葉がたくさん出てきますが、最後まで観た人は文宏のことを“悪”とは思えないはずですよね。お兄ちゃん(中村達也演じる久喜幹彦)はものすごく悪いやつだったけど(笑)。だから“善と悪”の違いは、この映画で文宏や伊藤と、あのお兄ちゃんを見比べるとわかる気がします。幹彦も、本当はかわいそうな人間なんですけどね。えらく悪い人だなと思って観ていたけど、僕が書いたんだった(笑)。

吉沢 そうですね(笑)。僕も、文宏や伊藤は見る角度によって悪にも善にもなると思います。でも普通の物語に登場する悪役って、自分の正義を貫いているけど、別の主人公目線でストーリーが進行するせいで“悪”とされるパターンが多いですよね。中村さんの作品が興味深いのは、いくら考えてもどうしようもないくらいの“悪”が出てくるんですよ。自分が悪いことをしていると気付いている、自分が“悪”だと認識している悪なのが面白い。「掏摸」でもそうなんですけど。

中村 確かに。

──ではせっかくですので、吉沢さんから大ファンである中村さんへ、何か聞きたいことがあればぜひ質問していたければと思います。

吉沢 いいんですか! 僕、関係者試写で初めて中村さんとお会いしたとき、想像していた方と全然違って驚いたんです。すごくフランクな方だったというか。

中村 それ、よく言われます(笑)。トークイベントに出ても、お客さんはけっこうびっくりするみたい。どんな人が来るんだろう?って待ってたら、こういう人間が普通に「どうもどうもー」って言いながら出てくるので、「ええー!」って(笑)。

吉沢 ははは。だからさっきの“悪”に関する描き方もそうなんですけど、どこからこの表現が出てくるのか気になりますね。

中村 作品のテーマは全部自分の中から出てくるので、誰かに取材しているわけではないです。書いているのはあくまで自分の中にあるものだけど、僕も社会人ですから、内面の邪悪さを周りに撒き散らそうとは思わないわけですよ(笑)。

吉沢 それはそうですね(笑)。

中村文則

中村 もう40歳なので、大人として人に接するよう心がけていますから(笑)。でもけっこう作家って、作風と人柄が逆なことも多いですよ。極悪なものを書いている人がフランクだったり、ハートウォーミングなものを書いている人がすごく気難しかったり。

吉沢 なるほど。でも皆さん、ご自身の中に潜んでいるものを書いているってことなんですね。

中村 僕の場合はそうですね。他人に対しては見せないけど、内面ではうわーっと渦巻いているので。もちろん自分の中にお兄ちゃん(幹彦)と同じ部分もあるし、文宏だっているし、作品に登場するのは全部僕。伊藤は特に、ある意味僕自身に近いですね。

吉沢 それから……少し話は変わるんですが、僕、中村さんがいつもあとがきで「共に生きていきましょう」って書かれているのが、すごく好きなんです。

中村 それはよかった、うれしい(笑)。僕は自分の内面をさらけ出して小説を書いているし、読者さんは人に言えないようなことを頭に浮かべながら読んでくれることもある。それってかなり濃密なコミュニケーションなので、読者の皆さんと一緒に年齢を重ねていければと思っているんです。もともとあれは震災後に書き始めたんですが、今はもっと広い意味になっていますね。読者の方にお手紙をもらうと、あのあとがきが好きだとよく言ってもらえるんです。だいたい作品を書き終わったときはそんな気持ちなんです。生きていると面倒なこともあるけど、みんなでがんばりすぎないようにがんばりましょう、と。

ワールドワイドな雰囲気のある作品(中村)

──ありがとうございます。では最後に、この特集を読んでいる原作ファンの方や、映画を楽しみにしている方にメッセージをお願いします。

吉沢亮

吉沢 小説に描かれているものが映像という形できちんと表現されているので、原作ファンの方々にも楽しんでいただけると思います。小説の重厚感のある世界観を、監督が重厚感のある画でばっちり撮っているので、映像作品としてもすごくレベルの高いものになっています。原作ファンの方はもちろん、もしかしたらこの映画をきっかけに中村さんの小説を知る方がいるかもしれませんし、とにかくいろんな人に観ていただきたいです。

中村 この映画は従来の邦画っぽくない感じがして。映像や演技の仕方も、かなりワールドワイドな雰囲気のある作品だと思います。そういった映画のよさを改めて感じていただきたいです。すべての映画好きの方に観てもらいたいですね。

玉木宏 / 新木優子 / 吉沢亮 インタビュー&メイキング動画

「悪と仮面のルール」
2018年1月13日(土)より全国公開
「悪と仮面のルール」
ストーリー

日本有数の財閥・久喜家に生まれた11歳の文宏は、父親から、自分がこの世界に災いをもたらす存在“邪”になるべく生まれ、育てられたことを告げられる。やがて文宏は、父が自分を完全な“邪”にすべく、初恋の女性・香織へ危害を加えようと企てていることに気付き、父を殺害。それによって自身が悪にのみ込まれてしまったと感じ、香織との決別を決意する。大人になった文宏は、整形手術によって顔を変え、“新谷弘一”という別人として生きていた。探偵を使い再び香織に近付き、彼女を守るために殺人を繰り返す文宏だったが、彼の過去を知る異母兄の幹彦や、日本転覆を狙うテロ組織が香織を狙い始めたと知り……。

スタッフ / キャスト

原作:中村文則「悪と仮面のルール」(講談社文庫)
監督・編集:中村哲平
脚本:黒岩勉
主題歌:Uru「追憶のふたり」(ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ)
出演:玉木宏、新木優子、吉沢亮、中村達也、光石研、村井國夫、柄本明ほか

吉沢亮(ヨシザワリョウ)
1994年2月1日生まれ、東京都出身。2011年に特撮ドラマ「仮面ライダーフォーゼ」の仮面ライダーメテオ / 朔田流星役で注目を浴びる。2013年に「ぶっせん」でドラマと舞台に初主演。主な出演映画に「アオハライド」「オオカミ少女と黒王子」「さらばあぶない刑事」などがある。2017年にはドラマと2本の映画からなる「トモダチゲーム」シリーズや「銀魂」「斉木楠雄のΨ難」に出演。2018年には主演映画「あのコの、トリコ。」「ママレード・ボーイ」(桜井日奈子とのダブル主演)や、出演作「リバーズ・エッジ」「レオン」の公開も控えている。
中村文則(ナカムラフミノリ)
1977年生まれ、愛知県出身。福島大学行政社会学部応用社会学科卒業。2002年に「銃」で新潮新人賞を受賞しデビュー。2004年に「遮光」で野間文芸新人賞、2005年に「土の中の子供」で芥川賞、2010年に「掏摸[スリ]」で大江健三郎賞に輝いた。「掏摸[スリ]」の英訳版は米Wall Street Journalの2012年ベスト10小説に、「悪と仮面のルール」の英訳版は同誌の2013年ベストミステリー10小説に選出。ほか主な著作は「R帝国」「教団X」など。「去年の冬、きみと別れ」は岩田剛典主演で映画化され、2018年3月10日に公開される。