auスマートパス・うたパス PR

「亜人」佐藤健×THE ORAL CIGARETTES|同世代が手を組み放つ「亜人」ワールド

身体能力が高くないとできないお芝居(中西)

──オーラルの皆さんは、印象に残っているアクションシーンはありますか?

中西 ワイヤーを使ったアクションシーンはリアルですごいなと。高い身体能力がないとできないお芝居だと思います。

鈴木 僕は圭が佐藤に飛びかかるシーン! あれ、僕が佐藤だったら潰れてるな……と思います。

佐藤 (笑)

鈴木 だからお二人ともすごく体を鍛えはったんやろうなって、観ながら感心していましたね。

──確かにお二人とも鍛え抜かれた体をしていましたよね。現場で食事制限が流行っていたと伺いましたが。

佐藤 僕が食事制限にハマった時期が、ちょうど亜人の時期だったということもありました。

──(笑)。IBMの再現度もすごいなと思ったのですが、すべてCGだということもあり、演じる段階ではかなり手探りだったのではないでしょうか。

「亜人」

佐藤 そうですね。想像力を駆使して、みんなで息を合わせて撮っていきました。

──監督から「こんなふうに演じてほしい」という演出はありました?

佐藤 あんまり多くはなかったですね。本広監督は、どちらかというと俳優たちから出てくるものをしっかりと見てくれるタイプの方でした。

オーラルがどういうバンドなのか伝わる楽曲(山中)

──では、主題歌についてももう少しお話いただければと思います。オーラルの皆さんは映画主題歌は初めてですよね。どういったテーマで制作を進めていったんでしょうか?

THE ORAL CIGARETTES

山中 エンドレスリピートという「亜人」のテーマを、楽曲とサウンド、歌詞に落とし込めたらいいなと思ってました。楽曲を作る段階で本広監督と話し合いをしていたのですが、「ライブでしっかり映える楽曲を作ってもらえたらそれだけで大丈夫です」と言っていただけて。僕らのライブのことまで考えてくれるんや!とすごくうれしくなりました。なので「亜人」をすごく意識しましたが、オーラルがどういうバンドなのかがしっかりと伝わるような楽曲になったんじゃないかと思っています。

──本広監督はTwitterに「映画ではイントロを特にこだわって作って貰いました!」と投稿していましたね。

山中 イントロについては、本広監督とめっちゃやりとりしました!

あきらかにあきら 何往復もしたよね。4、5回?

山中 そのくらい音源を送りました。監督からも「こういう感じなんだよね」って参考となる音源をいただいて。音楽を作る側と聴く側の理論っていうのはまた違うんだなと改めて実感しましたし、勉強になりました。監督が言うということはきっとリスナーも同じように感じるんだろうと、素直に受け止めて制作していきましたね。

予想以上にカッコいい音を乗せてくれた(佐藤)

──佐藤さんは、主題歌を最初に聴いたときはどんな印象を受けました?

佐藤健

佐藤 初めて聴いたのは、予告編かな? ちゃんと聴いたのは、試写のときでしたね。エンドロールの前の、最後の画の段階から曲がかかるんですが、僕はそうなるんじゃないかなと薄々想像していて、その出だしが大事だなと思っていたんです。そこを期待しながら観ていたら、予想以上にカッコいい音を自分の姿に乗せてくれて。爽快感がある感じで終わるように仕上げてくださったのですごくうれしかったです。

山中 ありがとうございます!

佐藤 監督がイントロにこだわったというのにすごく納得できました。きっと映画の都合や尺の問題でお願いしたこともあったと思いますが、結果的に音楽と映像のどちらにとっても、すごくよくなった気がします。

意識したのは“ずっと走っている感じ”(あきらかにあきら)

──プレイヤーとして、楽曲に込めたこだわりについても教えてください。

あきらかにあきら 僕はずっと走っている感じを意識していました。映画を観た人がその気持ちのまま、余韻に浸れるような。不気味な要素をできるだけ削って、ストレートに曲を聴いてもらえるような楽曲にしつつ、フレーズは印象付けたいという話をしていたんです。

佐藤 まさにそうなっています! 映画自体の構造もそうだし、オーラルさんの曲もそういうふうに作ってもらったから、(映画が)あっという間に終わったように感じられる。観終わったあともまだ走り続けている感覚がして、終わったー!というのではなく、また始まるんじゃないか?という気分になるんですよね。

鈴木 僕はコーラスで、みんなで歌えるようなパートがあるところですね。今までの曲だったら自分のギターが前にくるのが多かったんですけど、今回はライブの一番最後の曲に演奏できるような、フィナーレ感があるものにしてほしいと本広監督から言っていただいたので。それを僕が邪魔せずに疾走感を残そうというのはすごく意識しました。

「亜人」

中西 すっごくいろいろ考えたんですけど、根本的に僕らは、歌が主軸にくるという意識で曲を作っているんです。今回は「亜人」の楽曲ということで、いろんな場所で流れるんだろうなと思ったし、テレビや街などで流れてくるときに一番聴こえてほしいのは歌なんです。だからドラムの音をメロディに寄り添わせるというのは今まで以上に意識しました。そこに違和感があったら僕としては失敗なんですけど、違和感なくメロディがみんなに届いていたらいいなというイメージは強かったなと思います。

うたパス
早くも解禁! 主題歌「BLACK MEMORY」がうたパスで聴ける♪

※スマートフォンのみ対応

「亜人」
2017年9月30日(土)より全国ロードショー
「亜人」
ストーリー

研修医・永井圭は、ある日交通事故に遭い死亡。しかし直後に肉体が回復して生き返ったことで、不死身の新人類“亜人”であることが発覚する。国家に追われ、非人道的な実験の被験者にされる圭。そんな彼に、国家転覆を謀り大量虐殺を繰り返す亜人最凶のテロリスト・佐藤が助けの手を差し伸べた。しかし、佐藤の思想に共感できない圭は、彼を止めるため直接対決に挑む。

スタッフ

監督:本広克行
原作:桜井画門「亜人」(講談社「good!アフタヌーン」連載)
主題歌:THE ORAL CIGARETTES「BLACK MEMORY」

キャスト

永井圭:佐藤健
佐藤:綾野剛
戸崎優:玉山鉄二
田中:城田優

奥山:千葉雄大
下村泉:川栄李奈
永井慧理子:浜辺美波
高橋:山田裕貴

映画『亜人』auスペシャルサイト
佐藤健(サトウタケル)
1989年3月21日生まれ、埼玉県出身。「ROOKIES」「龍馬伝」「Q10」「ビター・ブラッド~最悪で最強の親子刑事~」「天皇の料理番」などのテレビドラマや、「るろうに剣心」3部作、「バクマン。」「世界から猫が消えたなら」「何者」などの映画に出演した。12月16日には主演作「8年越しの花嫁 奇跡の実話」が公開される。2018年には「いぬやしき」「ハード・コア」が公開予定。2018年4月からNHK連続テレビ小説「半分、青い。」に出演。
THE ORAL CIGARETTES(オーラルシガレッツ)
2010年に奈良で結成された4人組ロックバンド。メンバーは山中拓也(Vo, G)、鈴木重伸(G)、あきらかにあきら(B, Cho)、中西雅哉(Dr)。アグレッシブかつ緻密に構築されたサウンドでファンを増やしていき、2012年にオーディション「MASH FIGHT!」にて初代グランプリを獲得する。2013年8月に1stミニアルバム「オレンジの抜け殻、私が生きたアイの証」をリリース。その後、2014年7月にメジャー1stシングル「起死回生STORY」、同年11月にアルバム「The BKW Show!!」を発表。2015年9月下旬から山中の声帯ポリープ摘出手術のため、約2カ月間ライブ活動を一時休止するも、11月にアニメ「ノラガミ ARAGOTO」のオープニングテーマ「狂乱 Hey Kids!!」をシングルリリースした。2016年4月30日には地元・奈良のなら100年会館で初のホールワンマンライブ「THE ORAL CIGARETTES 唇ワンマンライブ~故郷に錦を飾りまSHOW!!~」を開催。2017年2月には3rdアルバム「UNOFFICIAL」を発表、6月には初の東京・日本武道館でのワンマンライブを実施した。2018年2月には大阪城ホールワンマンも決定している。
  • スマパスプレミアム
  • スマートパス
  • ビデオパス