逢魔が辻の決闘

オウマガツジノケットウ

上映時間:72分 / 製作:1951年(日本) / 配給:大映京都

解説 東照宮より拝領した短刀を紛失したため、取り潰しとなった金森藩の浪人たちは、将軍の代参で上洛する竹姫に再興を直訴。竹姫は、京滞在中の間に、初姫と短刀を持ってくれば願いを叶えるというが……。大河内の役は浪人たちを助ける青江隼人。岡譲二演じる槍の名手、大泉夕雲斎が隼人に斬られて“こんなはずではなかったわい“と言う場面では、公開当時笑いが起こったとか。

情報提供:ぴあ