生きろ 島田叡—戦中最後の沖縄県知事

生きろ 島田叡—戦中最後の沖縄県知事

イキロシマダアキラセンチュウサイゴノオキナワケンチジ

2021年3月20日(土)公開 / 上映時間:118分 / 製作:2021年(日本) / 配給:アーク・フィルムズ

(C)2021 映画『生きろ 島田叡』製作委員会

解説 『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』の佐古忠彦監督が、戦中最後の沖縄県知事・島田叡の真実に迫ったドキュメンタリー。沖縄戦を生き延びた住民たちや遺族などへの取材を通して、島田叡の生涯と知られざる沖縄戦中史を浮き彫りにする。主題歌『生きろ』を小椋佳が手がけ、語りを山根基世、津嘉山正種、佐々木蔵之介が担当。

ストーリー 日本の敗色濃厚だった、太平洋戦争末期。新たな沖縄県知事として任命された島田叡は、大規模な疎開促進や大量の米を確保するなど、県民のため様々な施策を断行していく。しかし戦況が悪化し、県民が命を落としていく中、島田は軍部から苦渋の選択を強いられる。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:佐古忠彦
音楽:兼松衆

生きろ 島田叡—戦中最後の沖縄県知事の画像

生きろ 島田叡—戦中最後の沖縄県知事の動画