ドヴラートフ レニングラードの作家たち

ドヴラートフ レニングラードの作家たち

ドヴラートフレニングラードノサッカタチ
DOVLATOV

2020年6月20日(土)公開 / 上映時間:126分 / 製作:2018年(ロシア) / 配給:太秦

(C)2018 SAGa/ Channel One Russia/ Message Film/ Eurimages

解説 現代ロシアの伝説的な作家セルゲイ・ドヴラートフの激動の人生における6日間を映画化した伝記ドラマ。ソ連の厳しい統制下、ドヴラートフをはじめ若き芸術家や活動家たちの姿を活き活きと描くとともに、ブレジネフ時代の光と影をリアルに映し出す。監督は、『神々のたそがれ』の巨匠アレクセイ・ゲルマンの息子アレクセイ・ゲルマン・ジュニア。

ストーリー ブレジネフ政権下にある、1971年のレニングラード。除隊したドヴラートフは、言論の自由が抑圧された時代に、ジャーナリストとして働きながら、執筆活動に勤しんでいた。そんな彼の周囲には、詩人ヨシフ・ブロツキーなど、若き芸術家や活動家たちがいた。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:アレクセイ・ゲルマン・ジュニア

キャスト

ミラン・マリッチ
ダニーラ・コズロフスキー
スヴェトラーナ・ホドチェンコワ
エレナ・リャドワ

ドヴラートフ レニングラードの作家たちの画像

ドヴラートフ レニングラードの作家たちの動画