ウトヤ島、7月22日

ウトヤ島、7月22日

ウトヤトウシチガツニジュウニニチ

2019年3月8日(金)公開 / 上映時間:97分 / 製作:2018年(ノルウェー) / 配給:東京テアトル

Copyright (C) 2018 Paradox

解説 2011年7月22日に起きたノルウェー・ウトヤ島での無差別銃乱射事件を、72分間ワンカットで映像化。主人公カヤを中心に、若者たちが極限の恐怖の中でいかに行動していったかを、実際の生存者の証言に基づいて描き出す。監督は『ヒトラーに屈しなかった国王』で、アカデミー賞外国語映画賞ノルウェー代表作品に選出されたエリック・ポッペ。

ストーリー 2011年7月22日、ノルウェー首都、オスロ政府庁舎爆破事件により8人が死亡。さらにオスロから40キロ離れたウトヤ島で銃乱射事件が発生する。労働党青年部のサマーキャンプに参加していた少女カヤは、極限の恐怖の中で妹を必死に捜し続けるのだが……

情報提供:ぴあ

この映画の画像・動画(全7件)