映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

黒子のバスケ ウインターカップ総集編 ~涙の先へ~

黒子のバスケ ウインターカップ総集編 ~涙の先へ~

クロコノバスケウインターカップソウシュウヘンナミダノサキヘ

解説

累計3000万部突破の驚異的な売り上げを記録した超人気コミック『黒子のバスケ』。本作はそのTVアニメシリーズを3部構成で限定上映する総集編の第2部にあたる。ウィンターカップにおける準々決勝“誠凜vs陽泉“と、準決勝“誠凜vs海常“のふたつの闘いが、緊迫感あふれるストーリー展開と迫力たっぷりの作画で繰り広げられていく。

ストーリー

準々決勝で陽泉と激突した誠凜高校は、身長208センチメートルの紫原によるディフェンスや、エースの氷室が繰り出す攻撃に苦しめられる。続く準決勝では海常と対戦。最も警戒する絶対的エース、黄瀬が負傷でベンチへ下がり、戦況は誠凜に有利と思われたが……

2016年10月8日(土)公開 / 上映時間:90分(日本) / 配給:松竹

(C)藤巻忠俊/集英社・黒子のバスケ製作委員会

(C) PIA

黒子のバスケ ウインターカップ総集編 ~涙の先へ~のニュース

映画ナタリーをフォロー