映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

もしも建物が話せたら

もしも建物が話せたら

モシモタテモノガハナセタラ
CARHEDRALS OF CULTURE

解説

“もしも建物が話せたら私たちにどのような言葉を語り掛けるか“をテーマに、文化的建築物の心の声を描き出すオムニバス・ドキュメンタリー。ヴィム・ヴェンダース、ロバート・レッドフォード、マイケル・マドセンら世界の映画人6人がそれぞれ思い入れのある建築物を取り上げ、文化を反映し、社会を映し出す鏡でもある建物のストーリーを綴る。

ストーリー

文化的建築物の物語を描くにあたって、レッドフォードは、11歳の時にかかったポリオの予防接種を開発したソーク研究所を、ヴェンダースは地元ベルリンのフィルハーモニーを選んだ。やがてそれら建築物には命が吹き込まれ、一人称で私たちに語りかけてくる。

2016年2月20日(土)公開 / 上映時間:165分 / 製作:2014年(独=デンマーク=ノルウェー=オーストリア=仏=米=日本) / 配給:アップリンク

(C)Wim Wenders

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー