映画としての音楽

映画としての音楽

エウガトシテノオンガク

2014年11月15日(土)公開 / 上映時間:56分 / 製作:2014年(日本) / 配給:Charm Point

解説 『眠り姫』の七里圭監督が“映画を音から作り始める“試みとして行った一夜限りのライブイベントを映画化し、独特の世界観で作り上げた実験的作品。日夏耿之介訳『院曲撒羅米』(オスカー・ワイルドの戯曲『サロメ』)と、歌や語りを融合させた幻想的な世界を映し出す。音楽は池田拓実、さとうじゅんこ、徳久ウィリアム、山崎阿弥らが手掛ける。

ストーリー 2014年4月26日、七里圭監督が“映画を音から作る“試みの第1弾として実験的ライブを実施。擬人化された映画史と『サロメ』のテキストが交錯し、12名の歌や語りが怒号のように渦巻く。まだ目覚めぬ映画を呼び覚ます儀式のような空間が生み出される。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全7件)