リアル人狼ゲーム 戦慄のクラッシュ・ルーム

リアル人狼ゲーム 戦慄のクラッシュ・ルーム

リアルジンロウゲームセンリツノクラッシュルーム

2014年4月5日(土)公開 / 上映時間:77分 / 製作:2014年(日本) / 配給:日本スカイウェイ=パル企画

(C)2014 日本スカイウェイ、パル企画

解説 手軽にプレイできる心理ゲーム“人狼“をモチーフにしたサバイバル映画の第2弾。あるマンションの1室に集った9人の男女が、部屋から脱出するため、激しい駆け引きと心理戦を繰り広げる。AKB48の永尾まりやが、映画初出演にして初主演を果たし、緒形拳主演の『ミラーを拭く男』で監督デビューした梶田征則が脚本と監督を務めている。

ストーリー 谷口麻衣は、今日出張から戻る予定の恋人に会うために彼のマンションに向かっていた。しかしいつものように恋人の部屋のドアを開けると、そこでは見知らぬ男女7人が言い争いをしており、麻衣は激しく混乱する。さらに麻衣は浴室で身元不明の死体を発見する。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全6件)