百年の時計

百年の時計

ヒャクネンノトケイ

2013年5月25日(土)公開 / 上映時間:105分 / 製作:2013年(日本) / 配給:ブルー・カウボーイズ=太秦

(C)さぬき地産映画製作委員会/小松 大久保一彦 金子修介 金丸雄一

解説 平成『ガメラ』シリーズや『ばかもの』『青いソラ白い雲』などを手掛ける金子修介監督による人間ドラマ。老成した芸術家が、過去に出会った忘れられぬ人を探す姿と、それを見つめる若き美術館学芸委員の成長を描き出す。路線開業100周年を迎えた香川県の高松琴平電気鉄道の姿が、物語に温かみを与え、観るものに郷愁の念を想起させる作品だ。

ストーリー 高松市美術館の学芸員、神高涼香は、憧れの芸術家、安藤行人の回顧展を担当することに。しかし、やる気に満ちた涼香とは対照的に、年老いた行人は企画に乗り気ではなかった。そこで涼香は行人にやる気を取り戻してもらうべく、彼の人探しを手伝うことに……。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全6件)