こっくりさん 劇場版

こっくりさん 劇場版

コックリサンゲキジョウバン

2011年11月26日(土)公開 / 上映時間:85分 / 製作:2011年(日本) / 配給:ジョリー・ロジャー

(C)2011「こっくりさん 劇場版」製作委員会

解説 アイドルグループAKB48の鈴木まりやが初主演を果たしたホラー映画。今も昔も子どもたを魅了してきた霊交信“こっくりさん“を題材に、少女に降りかかった呪いの行方と、38年前に起こった“ある事件“の真相を描き出す。『心霊写真部』や『2ちゃんねるの呪い』シリーズなど、都市伝説の闇を描き続けてきた永江二朗が脚本と監督を務めている。

ストーリー 女子高校生・大島絵梨の母が急死した。悲しむ絵梨の前に、同じく終日前に母親が変死を遂げたという男が現れる。その男は、最近報道された死後30年以上経過した少年の白骨化事件に原因があると持論を語る。そして絵梨は、真相を知るために母親の郷里へ行く。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全1件)