少年は残酷な弓を射る

少年は残酷な弓を射る

ショウネンハザンコクナユミヲイル
WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN

2012年6月30日(土)公開[PG-12] / 上映時間:112分 / 製作:2011年(英) / 配給:クロックワークス

(C)UK Film Council / BBC / Independent Film Productions 2010

解説 『モーヴァン』のリン・ラムジー監督が、衝撃作として話題を呼んだライオネル・シュライバーの小説を映画化。なぜか自分を愛さない悪魔のような息子に戸惑い、葛藤する母親をオスカー女優ティルダ・スウィントンが妙演。過去と現在を交錯させながら、母と息子のドラマを圧倒的な緊張感で描き出す。音楽はジョニー・グリーンウッドが務めている。

ストーリー 自分のキャリアをあきらめて夫の望みを叶えるために息子ケヴィンを出産したエヴァ。しかし生まれた時からケヴィンとの仲は上手くいかず彼は母にだけ反抗する。心が通わないままにケヴィンは恐るべき少年に成長。そしてある日、彼は“ある事件“を起こし……

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全5件)