ランウェイ☆ビート

ランウェイ☆ビート

ランウェイビート

2011年3月19日(土)公開 / 上映時間:126分 / 製作:2011年(日本) / 配給:松竹

(C)2011「ランウェイ☆ビート」製作委員会

解説 mahaこと原田マハの人気ケータイ小説を『NANA』の大谷健太郎監督が映像化した青春映画。廃校の危機に直面した高校の文化祭で、天才的なファッションセンスを持つ転校生の主人公とクラスメイトが、ファッションショーに情熱を傾ける姿を描く。主演は若手成長株の瀬戸康史、ヒロインには『最後の忠臣蔵』の桜庭ななみをキャスティング。

ストーリー 転校生の“ビート“こと溝呂木美糸は転入早々、“ワンダ“こと犬田悟のイジメに遭う。だが、ビートは「お前をクラス一のカッコイイ男にする!」と宣言し実行する。そんな彼のセンスに驚いたクラスメイトは、文化祭恒例のファッションショーへ出場を決めたが……。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全4件)