フェアウェル さらば,哀しみのスパイ

フェアウェル さらば,哀しみのスパイ

フェアウェルサラバカナシミノスパイ
L'AFFAIRE FAREWELL

2010年7月31日(土)公開 / 上映時間:113分 / 製作:2009年(仏) / 配給:ロングライド

解説 東西冷戦下の80年代に起こったスパイ事件に基づく実録サスペンス劇。“フェアウェル“という暗号で呼ばれたKGBの大佐が、ソ連の重要機密を西側に流した理由と、謎めいた彼の人物像に迫っていく。二度に渡ってカンヌ映画祭パルムドールを獲得した巨匠エミール・クストリッツァが、ロシア語のセリフで“フェアウェル“を演じている点にも注目だ。

ストーリー KGBの大佐グレゴリエフは、ある決意を胸に秘め、ソ連駐在のフランス人技師ピエールに国家機密を手渡す。それは冷戦下の国際情勢を揺るがしかねないほどの極秘資料だった。やがてグレゴリエフとピエールが奇妙な友情を育む中、超大国アメリカが動き出し……。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全2件)