映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

解夏

解夏

ゲゲ

解説

『精霊流し』が映画化されたさだまさしの、もうひとつの小説の世界に、『がんばっていきまっしょい』など地方ロケ作品には定評のある磯村一路監督が挑戦。長崎を舞台に、いつ失明するかもわからない奇病に冒された青年の帰郷を見つめる。恋人との別離と和解を繰り返し、絶望と悟りを行き来する主人公の心情を大沢たかおがリアルに体現し、大いに泣かせる。

ストーリー

東京で小学校の教師をしていた隆之は、徐々に視力を失っていくという病気に冒される。教師をやめ、故郷の長崎に帰り美しい風景を目に焼き付けることで失明する恐怖を紛らわそうとする隆之だったが、恋人の陽子がやってきて……。

2004年1月17日(土)公開 / 上映時間:113分 / 製作:2003年(日本) / 配給:東宝=電通=アルタミラピクチャーズ=幻冬舎=フジテレビ

(C)2003フジテレビ・幻冬舎・東宝・電通・アルタミラピクチャーズ

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー