Mayu-ココロの星-

Mayu-ココロの星-

マユココロノホシ

2007年9月29日(土)公開 / 上映時間:123分 / 製作:2007年(日本) / 配給:ティ・ジョイ

(C)2007「Mayu-ココロの星-」製作委員会

解説 大原まゆが自らの体験に基づいて書いた書籍を『ダンボールハウスガール』の松浦雅子監督が映画化。21歳で乳がんを宣告されるも、希望を捨てることなく前向きに生きようとする女性、まゆを映画、バラエティで幅広く活躍する平山あやが体当たりで演じる。淡々と流れる時間の中で、主人公まゆが少しずつ成長する姿が繊細なタッチで描かれている。

ストーリー 札幌市内の広告代理店に勤務する21歳の会社員、竹中まゆは医者から「9割の確率で悪性です」と乳がんの宣告をされる。彼女は、両親や仲間、そして同じ若き乳がん患者に助けられながら、闘病生活を始める。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全2件)