映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

グレンとグレンダ

グレントグレンダ
GLEN OR GLENDA

解説

“映画史上最低の監督“エド・ウッドのデビュー作。アメリカで話題になった性転換事件にヒントを得たプロデューサーは、当初「わたしは性転換した!」とタイトルをつけたが、エド・ウッドの手でいつの間にか“女装は悪くない!“と訴えるメッセージ作品になってしまった。物語は、運命を司る精霊を絡め、精神科医の語る二つの女装マニアの例で綴られる。その一例となるグレンを演じるのは、実際にも女装マニアだったエド・ウッド。また、恋人バーバラ役で稚拙な演技を見せつけるドロレス・フラーは、現実にもエドの恋人だという。

上映時間:67分 / 製作:1953年(米)

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー