喪の仕事

喪の仕事

モノシゴト

製作:1991年(日本) / 配給:サントリー=ディレクターズ・カンパニー

解説 美大を卒業し、美術館に勤める主人公が、大学時代の友人の死を契機に、彼が生前に残した足跡を追いながら、自分自身を見つめ直していく様を静かなタッチで描いていく。監督の君塚匠は、自らの実体験をもとに“死“というテーマに真正面から取り組み、緊張感あふれる映像を作り出している。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全2件)