ずべ公番長・夢は夜ひらく

ズベコウバンチョウユメハヨルヒラク

製作:1970年(日本) / 配給:東映=東映東京

解説 新人・山口和彦監督が大信田礼子と賀川雪絵のコンビで映画化した“ずべ公番長“シリーズの第1作。“女ネリカン“と呼ばれる赤城学園を仮退学した影山リカは、ネリカン仲間の集まるキャッチバーのホステスになるが、大羽興業はことあるごとに嫌がらせをしかけてくる。仲間の死をきっかけに、ついにリカたちは殴り込みをかける……。

情報提供:ぴあ