ジュゼッペ・ロトゥンノ

ジュゼッペロトゥンノ

17歳でスチール・カメラマンとして映画界入りし、1955年に撮影監督に昇進。「白夜」(1957)「若者のすべて」(1960)などのヴィスコンティ作品、「フェリーニのアマルコルド」(1974)などのフェリーニ作品で才気を見せた。

こちらもオススメ