コミックナタリー Power Push - 「新約Märchen」

愛がないとコミカライズできないSound Horizon 復讐劇を紡ぎ出す作家と編集者が語る秘話

中世ドイツ風の世界を舞台に、愛憎渦巻く復讐劇を描く「新約Märchen」1巻が、5月17日に発売された。コミックナタリーでは、Sound Horizonによるアルバムをコミカライズした鳥飼やすゆきと、その担当編集者の対談を実施。Sound Horizonのファンでもある2人に、愛溢れる制作秘話を語ってもらった。

取材・文 / 三木美波

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「新約Märchen」

「新約Märchen」より、テレーゼ。

サウンドクリエイター・Revoが主宰するアーティスト集団Sound Horizonのマキシシングル「イドへ至る森へ至るイド」と、7作目の“Story CD”(※)「Märchen」を、鳥飼やすゆきが独自の解釈でマンガ化した作品。少年マガジンエッジ(講談社)にて連載中だ。

1巻には、グリム童話をモチーフにした復讐劇「Märchen」へ至るまでのプロローグとなる「イドへ至る森へ至るイド」編を収録。主人公メルツとエリーザベトの幼き日の出会いと別離を中心とした物語が展開されている。

※Story CD……Sound Horizonはこれまで“Story CD”というナンバリングシリーズでアルバムを発表しており、「Märchen」は7th Story CDに位置付けられる。

「イドへ至る森へ至るイド」収録曲

  1. 光と闇の童話
  2. この狭い鳥籠の中で
  3. 彼女が魔女になった理由

「Märchen」収録曲

  1. 宵闇の唄
  2. 火刑の魔女
  3. 黒き女将の宿
  4. 硝子の棺で眠る姫君
  5. 生と死を別つ境界の古井戸
  6. 薔薇の塔で眠る姫君
  7. 青き伯爵の城
  8. 磔刑の聖女
  9. 暁光の唄

鳥飼やすゆき×担当編集 対談

喜びとプレッシャーの間を行ったり来たり(鳥飼)

──1巻の発売おめでとうございます!

「新約Märchen」のカラーイラスト。

鳥飼 ありがとうございます。皆さんにお届けできて、ホッとしています。

──今日は鳥飼先生と担当さんに、「新約Märchen」の制作秘話をお伺いできればと思います。さっそくですが、独自の世界が広がっているSound Horizonの楽曲を、コミカライズすることになったのはなぜでしょう?

担当編集 この「新約Märchen」は少年マガジンエッジの創刊ラインナップの1つです。女性でも読める少年誌を作ろうというコンセプトで連載作を考えていたとき、ちょうどSound Horizonさんも10周年の前でいろいろ盛り上げようとされていて。マガジンエッジとしても、Sound Horizonさんのアルバムをコミカライズしたら面白くなると思って、組ませていただきました。

──なるほど。鳥飼さんに白羽の矢が立ったのは……。

担当編集 Sound Horizonが好きなマンガ家さんを探しました。コミカライズは愛がないとできないと思いますので……。

──確かに、Sound Horizonには熱心なファンが多いですものね。

「新約Märchen」より。

鳥飼 担当さんからお声がけいただいて、「あの作品を描かせていただけるんだ」と喜びもありましたが、その反面「どうしよう」という思いも大きくて。好きな作品なだけに、喜びとプレッシャーの間を行ったり来たりの毎日で。

担当編集 最初はネームに入ることができず、ただ時が過ぎていって……。

鳥飼 少年マンガとして連載するにあたり、「Märchen」をどう見せていくのかという話し合いを担当さんと何回もしました。ああでもない、こうでもないと……。

担当編集 そうですね。

鳥飼 初めはどういうふうになるのか、自分でもわからなかったんです。自分の中にあるものしか描けないので、最終的にはいろいろ考えすぎるよりも音楽をよく聴き、入ってきたものを出すということを意識しました。

「新約Märchen」1巻 / 2016年5月17日発売 / 講談社
「新約Märchen」1巻
702円
Kindle版 / 540円

幻想楽団Sound Horizonの名盤Prologue Maxi「イドへ至る森へ至るイド」と7th Story CD「Märchen」を、鳥飼やすゆきが新たな解釈を加えたコミカライズ。 愛憎渦巻く第七の地平線に開かれた白い頁を、宵闇に染めていく──。

鳥飼やすゆき

鳥飼やすゆき(トリカイヤスユキ)

8月27日生まれ、神奈川県在住。好きな食べ物は卵かけご飯とワイン。少年マガジンエッジ(講談社)にてSound Horizonによるアルバム「Märchen」のコミカライズを連載している。