コミックナタリー PowerPush - 和久井健「セキセイインコ」

「新宿スワン」作者の新境地!物語は満州編へ 色鉛筆を用いて彩られるカラー原稿にも注目

「新宿スワン」で知られる和久井健の最新作「セキセイインコ」は、永遠の命を持つ少年・金田七の、“記憶”を巡るダーク・ファンタジー。現代の裏社会を描いた前作とはまったく違ったテーマに挑んだ、和久井の新境地だ。「自分は何者なのか?」。その謎を追い求め、七は自身の記憶を辿る旅に出る。

コミックナタリーでは、和久井健にインタビューを敢行。仕事場を訪ね、作画に対するストイックなまでのこだわりや、新たに取り入れたカラーの手法、さらに本作が誕生した経緯や裏話に迫った。

取材・文/増田桃子

 
mixiチェック

絵本のような、現実感がなくなる絵にしたかった

──「新宿スワン」とはまったく違った題材の作品で、驚いた読者も多かったのではないかと思うのですが、まず絵の雰囲気が変わりました。特にカラーが絵画のように美しくて。

「スワン」の頃はアクリル絵の具を使ってたんですが、地味な絵だったので、「セキセイ」はもっと華やかにしたいと思って、色鉛筆を使い始めたんです。

「セキセイインコ」1巻のカバーイラスト。色鉛筆のみで着彩されている。

──全然、地味じゃないですよ!

いや、色合いがね(笑)。現代が舞台の作品は、どうしても地味な色合いになりますから。それに「セキセイ」の世界観をすぐに受け入れてもらうには、今までと同じ手法使ってたらダメだなと思って。「スワン」を読んでない人にも、興味を持ってもらいたかったから。

──色鉛筆でイラストが上がってきた時は、担当さんもビックリされたそうで。

「セキセイインコ」2巻のカバーイラスト。ビー玉のような七の目が印象的だ。

実はあんまりはっきりした絵が好きじゃなくて。色鉛筆って、塗り重ねていくと微妙な色合いが出せるので好きなんですよ。1巻のカバーで描いたメモリーは、赤と黄色と青の3色しか使ってませんけど、重ねて複雑な色も出せてる。それも色鉛筆ならではだなと思いますね。

──特にこだわっている部分はありますか?

目ですかね。2巻のカバーの七の目は、ビー玉のイメージで塗ってます。ちょっとメルヘンチックな、絵本のような、現実感がなくなる絵にしたかったんです。

良い描き方があればどんどん取り入れていきたい

──3巻では、1、2巻から着彩方法を少し変えられてますよね。

「セキセイインコ」3巻のカバーイラスト。

色鉛筆とアクリルを併せて使ってます。最初に色鉛筆で塗ってから、その上に水で薄くの伸ばしたアクリルを乗せると、色鉛筆も伸びるんで、混ぜながら塗ってます。で、その上からさらに色鉛筆で塗り足して。服の素材のタッチとか、キャラクターのアウトラインとか、細かいところは色鉛筆で描き足してますね。

──塗り方を変えたのは、どういう意図があったんでしょうか?

3巻のカラーは、担当さんから「パキっとした、キャラの一枚絵がほしい」っていうリクエストがあって。色鉛筆ってどうしてもふわっとしちゃうんですよね。なので、パキっとした絵ならやっぱアクリルかなと思ったんですけど、前の描き方に戻すんじゃなくて、なんか新しい事やりたいなと思って、色鉛筆とアクリルを組み合わせて描いたんです。

──パキっとしつつも、色鉛筆のカラフルさを活かした絵になってますね。

自分としても、いろんな描き方を試したいなと思ってるんです。より上手くなりたいですし。いい描き方があればどんどん取り入れていきたいんで。

全部線で塗らないといけない

──色鉛筆にして困ったことはありますか?

いやー、全体的に大変になりましたね。だって、全部線で塗らないといけないじゃないですか。

和久井が使用している色鉛筆。 和久井が使用しているアクリル絵の具。

和久井が使用している色鉛筆(左)とアクリル絵の具(右)。

──確かに広い範囲を色鉛筆で塗るのは大変そうです。

絵の具なら一筆で塗れちゃうから早いんだけど。あと、これ結構でかい紙に描いてて。

──どんな紙に描いてるんですか?

紙は普通のマンガ原稿用紙の裏を使ってるんですけど、特別に作ってもらった大きいサイズの原稿用紙があるんですよ(と言って取り出す)。

──普通はB4サイズですが、それの2枚分ですね。こんなサイズのマンガ原稿用紙、初めて見ました。

和久井専用の原稿用紙。左上には「和久井健 特製漫画原稿用紙」の文字が。

元々は、マンガの見開きページを描くために作ってもらったものです。原稿2枚を合わせたものだと、つなぎ目にペンがつっかかっちゃうんですよね。

──和久井さんのお名前が入っていますね!

それは頼んでないんですけどね(笑)。

──この大きさだと、確かに時間がかかりそうですね。

3巻のカラーは、全部で1週間ぐらいかかってます。ただ、ずっと同じ絵描いてると飽きてきちゃうんで(笑)、飽きたらやめ、ノったら描き、みたいな感じですね。

和久井健「セキセイインコ(3)」/ 2014年10月6日発売 / 610円 / 講談社
和久井健「セキセイインコ(3)」

「新宿スワン」の和久井健が描く、新世紀ミステリーエンターテインメント!! 少年が失った "記憶"。それは、世界が恐れ、そして求め続けた "謎" 。 突如記憶を失った少年、金田七(かねだなな)。 そして時を同じくして、彼の通う高校で起きたとある殺人事件。 何もわからぬ少年は、自らとその事件になにやら関わりがあるコトを知る。 いったい、自分は何者なのか? 少年は、ただ己を知るため事件を追う決意をする。

己が“永遠の17歳”であるコトを知った金田七。その衝撃に再び七は記憶の世界へ。そして時は遡り、記憶の舞台は1938年の満州。そこには、変わらぬメモリーと共に、己をセブンと呼ぶ凛々しき七の姿があった。満州鉄道・特急“あじあ”に乗り込んだ七は、満鉄調査部に所属する赤犬、馬賊の頭領・ストラフと出会う。いったい、ここからの約80年の間に、3人に何があったのか。

和久井健(ワクイケン)
和久井健

2004年9月期の月間新人漫画賞にて「新宿ホスト」で佳作を受賞。これが2005年別冊ヤングマガジン8号(講談社)に掲載され、デビューを果たす。同年ヤングマガジン17号(講談社)より、歌舞伎町で生きるスカウトたちを描いた「新宿スワン」を連載開始。2013年10月に完結し、2015年春には実写映画化を果たす。2013年12月より、早くも連載第2作目となる「セキセイインコ」をスタートさせる。