コミックナタリー Power Push - ライブ・スペクタクル「NARUTO -ナルト-」

松岡広大が語るナルトと、2.5次元との向き合い方

今年3月より上演された、岸本斉史原作による舞台「ライブ・スペクタクル NARUTO-ナルト-」(参照:舞台「NARUTO」2.5次元専用劇場で明日開幕!光や映像にこだわった演出も)のDVDが発売された。キャラクターを見事に再現したビジュアルは公演前からファンの間で大きな話題となり、幕が開いてからも映像とギミックを駆使した演出や、トランポリンを使ったアクションなどが高評価を得ていた。

コミックナタリーではDVD発売を記念し、ナルト役を演じた俳優・松岡広大にインタビューを敢行。10代ながら初めて座長を務め、海外公演も果たした本作を振り返ってもらうとともに、松岡の2.5次元舞台との向き合い方を聞いた。

取材・文/坂本恵 撮影/石橋雅人

 
mixiチェック

神木隆之介さんからアドバイスをもらって、意識が変わった

──今回の舞台は初の主演ということでしたが、プレッシャーはありましたか?

松岡広大

常にプレッシャーと緊張と戦っていまして、緊張しないことがなかったのが「NARUTO」の舞台でした。やっぱりお客さんの作品への愛がすごく強いので、どうやったら皆さんにこの舞台を愛していただけるかとか、色々なことを追求していると、やらなければいけないことがとても多くなっていました。

──やることが多い、というのは。

長くずっと考えていたのは、キャラクターを追求していくことでした。それが一番大変でした。原作を読んだり、台本を何回も見返したり。慣れないように、常に新鮮な気持ちでできるように、というのも意識して演じていました。

──初めて座長というものを経験して、大変だったこともたくさんあったと思います。

毎回カーテンコールの、お客様に向けての挨拶の内容を考えるのは大変でしたね。自分の真摯な気持ちが伝わるように、作品への愛を持って演じていることをお客様に第一に伝えないといけないので、言葉を選んでいました。

──毎回、公演前に何を話すか考えていたんですか?

そうですね、せっかく自分が話す時間をいただいているので、「本日はありがとうございました」だけじゃなくて、それ以上に伝えたいことを考えていました。もっと作品を愛していただけたらな、とか。もっと「NARUTO」の輪が広がっていったらな、とか。最初はホントにタジタジで(笑)。周りのキャストたちに「もっと落ち着けよ」とか言われました。

「ライブ・スペクタクル NARUTO-ナルト-」より。

──みなさん、暖かく見守っているのが伝わってきました(笑)。

もう毎回緊張していて。あと大変だったのは、キャストの皆さんとスタッフの皆さんが、どうやったら居心地よく、ストレスフリーでいられるかっていうのを自分なりに考えたりしていました。

──現場の雰囲気を、どうやってよく保つか。

そうですね。周りをよく見ないとできないことなので、そこはずっと気を張っていました。実は最初、座長として自分は何をまっとうできるかということをずっと考えて気負いすぎていて、食事が喉を通らなかったこともあったんです。事務所の先輩の神木隆之介さんから、「背負うべきところだけ背負えばいい」というアドバイスをいただいたので、そこから意識が変わりました。

流司くんは僕のこと、絶対にライバルだと思ってます

──ナルトが所属する第七班には、テニミュ(ミュージカル「テニスの王子様」)で共演された方々もいらっしゃいました。松岡さんは遠山金太郎を演じられていましたが、サスケ役の佐藤流司さんは財前光役、カカシ先生役の君沢ユウキさんは監督の渡邊オサム役と、同じ四天宝寺のメンバーでしたね。

「ライブ・スペクタクル NARUTO-ナルト-」より。

流司くんと君沢さんはもう2年以上の付き合いなので、やっぱり自分のことをよく知ってくれていて「あんまり背負いすぎなくていいよ」とアドバイスをくれました。あとストレートにいろいろ言ってくれるし嘘がないので、すごく支えになりました。

──佐藤流司さんとは歳も近いですが、どんな関係性ですか?

流司くんは外には出さないですけど、僕のことは絶対にライバルだと思っています(笑)。

──ライバル!

内で燃えてるんですよ、流司くんって。努力をこっそりする人なので、そこはすごくサスケという役と似ていると思います。僕はオープンというか、努力することに恥ずかしさなんてないので、時間があったらいつでも練習するんですけど。流司くんはこっそり。

──影で修業するタイプなんですね。では、君沢ユウキさんはどうでしたか?

君沢さんは現場の温度を上げてくれるというか。キャストやスタッフの皆さんに対してすごく貢献してくださいましたし、とにかく笑わせてくれました。キャスト1人ひとりと話して距離を縮めたり。一歩引いて全体を見ているような方で、すごく助けられました。親みたいなところがあります。

松岡広大

──ほかにも我愛羅役の須賀健太さんや、サクラ役の伊藤優衣さんと、同世代の方が割と多かったと思いますが、刺激になりましたか?

そうですね。須賀健太さんと面と向かってお芝居するシーンがあったのですが、毎回舞台裏に戻るたびに「今日どうだった?」って、健太さんから聞いてきたり、僕から聞いたりとか。健太さんの常に追求している姿にすごく感化されて、自分も一言一言のセリフを考えるようになりました。

──回を重ねるごとにブラッシュアップしていたんですね。

毎回同じにはならなくて、「今日はいいのが何か掴めた気がする」とか。お互い芝居についてすごく熱く話していましたね。2人ともストイックでした。

DVD「ライブ・スペクタクル NARUTO-ナルト-」/ 2015年8月26日発売 / アニプレックス
DVD「ライブ・スペクタクル NARUTO-ナルト-」
初回仕様限定 [DVD2枚組] 8640円 / ANSB-10015~6
アニメイト限定版 [DVD2枚組] 9180円
収録内容
  1. 本編DVD
  2. 特典ディスク(バックステージ映像など)
特典内容
  • <初回仕様限定/アニメイト限定版共通>
    三方背ケース、デジジャケット、48P特製ブックレット
  • <アニメイト限定版>
    アニメイト限定版は特典映像DVD付き
  • ※特典の内容・仕様は予告なく変更になる場合があります。
Blu-ray / DVD「THE LAST -NARUTO THE MOVIE-」/ 2015年7月22日発売 / アニプレックス
Blu-ray / DVD「THE LAST -NARUTO THE MOVIE-」
完全生産限定版 [Blu-ray Disc] 6480円 / ANZX-11371
完全生産限定版 [DVD]5400円 / ANZB-11371
通常盤 [Blu-ray Disc]5400円 / ANSX-11371
通常盤 [DVD]4320円 / ANSB-11371
完全生産限定版特典
  • 録り下ろしドラマCD「THE HOST -NARUTO THE CD-」
  • キャラクターソングCD「冬の終わりに」日向ヒナタ(CV:水樹奈々)「いつの日にも」うずまきナルト(CV:竹内順子)
  • 西尾鉄也描き下ろしデジパック仕様
  • 特選三方背BOX
  • スペシャルブックレット
  • 特典ステッカー
松岡広大(マツオカコウダイ)
松岡広大

1997年8月9日生まれ、東京都出身。2009年より俳優・モデルとして活躍。2013年、「FROGS」で初舞台を踏み、さらに同年、ミュージカル「テニスの王子様」2ndシーズンに遠山金太郎役で出演、注目を集める。主な出演作に、ドラマ「特命戦隊ゴーバスターズ」「眠れる森の熟女」「神様のイタズラ」などがある。1st写真集「liberal」が東京ニュース通信社より発売中。