コミックナタリー Power Push -「ACCA13区監察課」

下野紘×津田健次郎

オノ・ナツメの世界観を繊細に、色鮮やかに描いていく“程よく適当”な2人が語るアニメの空気感

日常会話のシーンにも少しの緊張感がある(津田)

──おふたりがこれまで演じられてきた役の中でも、ジーンとニーノはひと際言葉数も少なく、ミステリアスなキャラクターなのではないかと思いました。

津田 そうですね。これまではミステリアスな役を演じることがあっても、ひと癖あるキャラクターが多かったかもしれないです。

下野 ジーンとニーノはミステリアスではあるけれど、どちらかというとド直球な方向性ですもんね。僕はジーンみたいなキャラクターはほとんどやったことがなくて、こんなに何も語らない役は初めてだったので、どう付き合っていけばいいのかは悩みました。アフレコも進んできて、少しずつ「あ、会話はこういうふうにしていけばいいんだ」っていうのがわかってきたところで、ジーンというキャラクター自体は今でもまだ掴みきれてない部分があります。ジーンは大人のようであり、子供のようであり……。

津田 考えてるようで考えてない、みたいな。

アニメ「ACCA13区監察課」第2話より、ニーノとジーン。

──掴みどころがないですよね。

下野 まったくないんですよ。冷たいようで暖かいようで、みたいな。……もうなんなんだよ!っていう(笑)。

──それこそ先程も言われていたように、さじ加減が難しそうです。

津田 この作品は派手なアクションや動きがあるわけでもないので、やっぱり空気が大事な気がするんですよね。例えばジーンとニーノの会話のシーンも、ちょっと酔っ払いながら日常会話をしているんだけど、ほんの少しだけ変な緊張感もあったりするんです。この先の展開を自分たちは知っているから、演技のうえでは意識するんですけど、でもあくまでも日常会話のシーンだからリラックスしている演技をする。その辺が……まあ正直、難しいですよね。

下野 難しい。

津田 1つひとつの会話が、とても繊細で難しい。難しい分、それが面白いところでもあるんですけど。

程よく気を使って、程よく適当な2人の関係性

──ジーンとニーノは“仲のいい友人”という関係性ですが、2人を演じている下野さんと津田さん、おふたりの相性はいかがですか?

下野 僕、初めてお会いした頃から津田さんのお芝居が好きだなって思ってます。

津田 あら。なんですか、それ。急に褒め出しますか。

下野紘

下野 いやいや、本当に(笑)。僕、津田さんとは「バカとテストと召喚獣」のドラマCDからの付き合いなんですよ。

津田 そうそう。ちょうど俺が参加した日に、びっくりするくらい下野くんが噛んでたっていう(笑)。あれは印象深かったですよ。

下野 あははは!(笑) それは今も変わらずですけどね。

津田 いやいや、そんなことはないですよ(笑)。何気に下野くんとはすごくご縁を感じるんですよね。

下野 そうですね。

津田 下野くんって、程よく気を使ってくれて、程よく適当なんですよ。

下野 あははは(笑)。

津田 マイペースで、でも実はちゃんと気を使ってくれてっていう空気感が居心地よくて、本当にありがたいなと思ってます。

下野 それは僕もです。津田さんって先輩なんですけど、相手に緊張感を与えない方だなと思っていて。服装も黒が多かったり、どこか言葉少なげな印象が最初はあったんですけど、でもなんだかあんまり緊張しなくて。それは津田さんの内なる部分にも適当なところがあるからなのかなと思います。それを感じるから、津田さんと一緒にいるときは緊張しないですね。

──そういう気を使わない部分も、掛け合いの演技に生かされているところがあったりするのでしょうか。

下野 あるかもしれないですね。

津田健次郎

津田 そうですね。だから“ジーンとニーノ”感みたいなものも非常に入りやすかったなと思います。普段の下野くんの「ワー」とか「ギャハハー」っていう元気なテンションにも巻き込まれてますけど(笑)、ジーンを演じるフラットなテンションの下野くんにも巻き込まれていて、それは面白いなと思ってます。

下野 ありがとうございます(笑)。僕の中で、ニーノって大人な印象が強かったんですけど、それだけじゃない部分ももちろんあって。それは津田さん自身にもあると思うんですけど、津田さんはその感じを自然と芝居の中で出してくるんですよね。

津田 あらま。ありがとうございます。

下野 ジーンもニーノも大人なんだけど、ちょっとまだ子供っぽい部分が残っていて。僕の勝手な想像ですけど、恐らくニーノとジーンは学生の頃からそこの感覚が変わってないんだろうなって思います。その様子は、特に特典を観ていただけるとわかると思いますよ。

津田 ふふふ(笑)。

──特典というのは、Blu-ray BOX / DVD BOXに収録されている新作アニメですか?

下野 ええ、もう酷いですよ(笑)。若い子たちに教えてあげたい。大人だって子供な部分がいっぱいあるんだからねって。

津田 大人に見えるだけなんだよね。

下野 表に出さなくなったから大人に見えているけれど、実は大人もこういうことを考えてるんだからねって。観ていただければそれがすごくわかると思います(笑)。

ACCA13区監察課

テレビアニメ「ACCA13区監察課」

あらすじ

13の自治区に分かれた王国にある、巨大統一組織“ACCA(アッカ)”。かつてクーデターの危機により結成されたACCAは、国民の平和を守り続け100年が経とうとしていた。ACCA本部の監察課副課長 ジーン・オータスは、「もらいタバコのジーン」の異名をもつ、組織きっての食えない男。飄々とタバコを燻らせながら、13区を廻り不正がないか視察を行っている。そんなジーンを見つめる視線、不穏な噂と──おやつの時間。ジーンの平和な日常は、ゆっくりと世界の陰謀に巻き込まれていく!

放送情報
  • TOKYO MX:毎週火曜23:00~
  • サンテレビ:毎週火曜24:00~
  • KBS京都:毎週火曜24:30~
  • テレビせとうち:毎週火曜26:10~
  • BS11:毎週水曜24:30~
配信情報

見放題配信 アニメ放題 / バンダイチャンネル / ビデオパス / Hulu / プレミアムGYAO! / dアニメストア / dTV / U-NEXT
毎週木曜12:00~

AbemaTV
毎週土曜24:00~

都度課金 バンダイチャンネル ほか
毎週木曜12:00~

無料ライブ配信 AbemaTV
毎週土曜23:30~

スタッフ
  • 原作:オノ・ナツメ(掲載 月刊「ビッグガンガン」スクウェア・エニックス刊)
  • 監督:夏目真悟
  • シリーズ構成:鈴木智尋
  • キャラクターデザイン:久貝典史
  • 総作画監督:小田剛生、吉田奏子
  • 衣装設定:榎戸駿
  • 小物設定:五十嵐海
  • 美術監督:吉岡誠子
  • 色彩設計:橋本賢
  • 撮影監督:伏原あかね
  • 3D監督:籔田修平
  • 編集:木村佳史子
  • 音響監督:はたしょう二
  • 音楽:高橋諒
  • アニメーション制作:マッドハウス
キャスト
  • ジーン・オータス:下野紘
  • ニーノ:津田健次郎
  • ロッタ:悠木碧
  • グロッシュラー:諏訪部順一
  • リーリウム:遊佐浩二
  • スペード:大川透
  • パスティス:緑川光
  • パイン:安元洋貴
  • モーヴ:田中敦子
  • ポチャード:後藤ヒロキ
  • オウル:上田燿司
  • ノット:前野智昭
  • レイル:八代拓
  • シュヴァーン:宮野真守
  • マギー:上村祐翔
  • ファルケ2世:中尾隆聖
  • クヴァルム:石塚運昇

©オノ・ナツメ/SQUARE ENIX・ACCA製作委員会

「ACCA13区監察課 1」 / 2017年4月21日発売 / バンダイビジュアル
Blu-ray BOX / 14040円 / BCXA-1225
Blu-ray BOX / 14040円 / BCXA-1225
DVD BOX / 11880円 / BCBA-4830
「ACCA13区監察課 2」 / 2017年6月23日発売 / バンダイビジュアル
Blu-ray BOX / 14040円 / BCXA-1226
DVD BOX / 11880円 / BCBA-4831
「ACCA13区監察課 3」 / 2017年8月29日発売 / バンダイビジュアル
Blu-ray BOX / 14040円 / BCXA-1227
DVD BOX / 11880円 / BCBA-4832
下野紘(シモノヒロ)

東京都出身、4月21日生まれ。声優。2016年3月16日に発売されたシングル「リアル -REAL-」よりアーティスト活動も行っている。主な出演作は「うたの☆プリンスさまっ♪」シリーズ(来栖翔役)、「ベルセルク」(イシドロ役)、「弱虫ペダル NEW GENERATION」(鏑木一差役)など。

津田健次郎(ツダケンジロウ)

大阪府出身、6月11日生まれ。俳優、声優。主なアニメの出演作は「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」(海馬瀬人役)、「GANGSTA.」(ニコラス・ブラウン役)、「将国のアルタイル」(ルイ役)、吹き替えでは「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(パーシバル・グレイブス役)など。