お笑いナタリー

ドランクドラゴン塚地が鈴木奈々に“壁ドン”初体験で自信

70

ドランクドラゴン塚地が出演する映画「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」の公開を記念して、昨日11月10日に都内で女性限定試写会&トークショーが開催された。トークショーには塚地と、新婚の鈴木奈々が登場。実体験のエピソードを交えながら、鈴木が塚地に恋愛指南を行った。

「MIRACLE」は相葉雅紀、榮倉奈々、ハン・ヒョジュ、生田斗真が演じる4人の男女の恋愛ドラマ。塚地は相葉が扮する主人公・山本光の友人で、恋愛に疎い“鈍感男子”の夢野役で登場する。また光にしか見えないキャラクター「デビクロ」の声を劇団ひとりが担当している。

トークショーで自身の恋愛エピソードを聞かれた塚地は、「片思いの経験しかないですよ。臆病だから好きと思っても全然言えない」とコメント。「僕は鈍感男子じゃなくて“超敏感男子”なんです。メールの返信が1時間ないだけで『俺に興味がないのかも……』と思う」と、恋愛に消極的な性格を嘆いた。そんな流れから、女性がときめくシチュエーションである「壁ドン」を鈴木が指導することに。塚地は「俺の苗字になれよ」という強気なセリフで鈴木に壁ドンを実践した。壁ドン初体験だったという鈴木は「塚地さんは腕が短いから超接近!」と茶化しながらも、「塚地さんのことはまったくタイプじゃないけど、やっぱりドキッとしますね」と好印象な様子。塚地もこの感想に「ある程度、ワイルドに行ってもいいのかな」と前向きな気持ちを見せた。

最後に塚地は「僕みたいな独り身の男性でも勇気をもらえる作品」と映画をPRし、「ミラクルを起こしたい人は告白前にぜひ観に行ってほしいです! あと、壁ドンは使えます!」と締めくくった。

映画「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」は11月22日(土)から全国ロードショー。

お笑いナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】