音楽ナタリー Power Push - the telephones

圏外直前!公園ミーティングで確かめあった4人の絆

“圏外突入”=無期限の活動休止を発表したthe telephonesが、活動休止前ラストとなる7thオリジナルアルバム「Bye Bye Hello」をリリースした。アルバムに収録されているのは、休止を決めたバンドとは思えぬほどの、フレッシュでエモーショナルな計13曲。この傑作がどのようにして作られたのか、メンバー4人に話を聞いた。

取材・文 / 大山卓也 撮影 / 笹森健一

 
mixiチェック

活動休止発表で自分たちがダメージ

──ここに来て最高のアルバムが完成しましたね。まずはこのアルバムを作り始めたきっかけから聞かせてください。

the telephones

石毛輝(Vo, G, Syn, Programming) そもそもは「活動休止前にアルバム1枚出したら?」っていう話をもらって。最初は「ホントに出す?」くらいの感じで、あんまり実感なかったんです。だからちゃんとメンバーでミーティングしたのは、去年12月23日のライブで活動休止を発表したあとですね。ただ自分たちが思ってた以上に、あの発表で“食らった”感じがあって。

──“食らった”というのは?

長島涼平(B, Cho) もちろん自分たちで決めたことだけど、ファンの人たちの反応が予想以上に大きくて。活動休止っていう選択をした自分たちが勝手にダメージを受けてしまったというか。

──その状況下で、どんなアルバムにしようと考えていましたか?

石毛 最初はスタッフから「やっぱり最後だし、the telephonesっぽいアルバムがいいんじゃない?」って言われて、「なるほど、じゃあ作ってみるか」って曲を書き始めたんです。でもなんかイマイチしっくりこなかった。

松本誠治(Dr) 今までのファンがわかりやすく喜んでくれるアルバムにしようとしてたんですよね。

石毛 たぶん「DISCO!」連呼みたいなイメージだったんだと思うんだけど、でも今それをやってもなあって感じで、曲書いてるうちにだんだんイライラしてきて(笑)。the telephonesはもともと海外と日本のズレをなくして、リアルタイムでカッコいいことをやろうっていうコンセプトのバンドだったから。その方向に戻してからは、曲もスムーズにできはじめましたね。

心境が歌詞に出るタイプ

──曲を作る際に、活動休止前最後のアルバムであることは意識しましたか?

石毛 いや、もちろん後悔のないようにっていうのはあったけど、やっぱり自分たちらしいものを作りたいって感じが一番だったと思う。

──過去のアルバムと比べて、今回は4人の素の表情が強く出ている気がしました。飾ったり、無理やり盛り上げようとしたりしていない、自然体のthe telephonesというか。

岡本伸明(Syn, Cowbell, Shriek) それはありますね。

長島 活動休止を発表したからその境地に立てたっていうのはあるかも。

岡本 でも今やりたいことをやっただけだし、レコーディングはいつも通りだったよね。

長島 うん、しんみりした雰囲気にはまったくならず(笑)。

松本 ただ、スタンスはいつも通りなんだけど、できあがったものの濃度は今までと全然違う気がする。

──濃度というのは?

松本 ビートとかグルーヴのあり方、歌もそうだけど、いろんなものを更新できたと思うんですよ。ラストとか関係なく、いいアルバムがちゃんと作れたと思う。

石毛輝(Vo, G, Syn, Programming)

石毛 確かに最後だからこそ、変に飾らないで4人の姿が出るほうがいいって思ったとこはあるかも。まあ歌詞はけっこうラスト感を煽ってるような気もするんですけどね。

──そこはすごく感じます。the telephones自身のことを歌った「Something Good」をはじめ、バンドや音楽のことを見つめた歌詞が今回多いですよね。

石毛 自分の心境がわりと歌詞に出るタイプなので、そういう内容になってる自覚はあります。別に暗い曲があるわけじゃないけど。

──基本的に前向きですよね。

石毛 そうですね。こういう言い方はアレかもしれないけど、活動休止はいいタイミングだったと思うんです。バンドの空気も悪くなく、いい状態で作れたから。

ニューアルバム「Bye Bye Hello」2015年7月22日発売 / Virgin Records
「Bye Bye Hello」
初回限定盤 [CD+DVD] 3780円 / TYCT-69083 / Amazon.co.jp
初回限定盤 [CD] 3024円 / TYCT-69084 / Amazon.co.jp
CD収録曲
  1. Amber Romance
  2. Something Good
  3. Last Night
  4. When The Zombies Come
  5. Pretty Pretty Pretty
  6. Never Say No
  7. Thank You DISCO!!!
  8. Relationships
  9. My Hero
  10. Let's Talk About Music
  11. Jesus
  12. Love Is All
  13. Evergreen
CD+DVD盤 DVD収録内容
  1. Used Skin(SUPER DISCO Hits !!! RETURNS ~FANTASTIC DISCO PARTY NIGHT~@ラフォーレ六本木)
  2. Love&DISCO(SUPER DISCO Hits !!! RETURNS ~FANTASTIC DISCO PARTY NIGHT~@ラフォーレ六本木)
  3. kiss me, love me, kiss me(SUPER DISCO Hits !!! RETURNS ~THE BEST DISCO PARTY NIGHT~@ラフォーレ六本木)
  4. Four Guys From Saitama City(SUPER DISCO Hits!!! "nico nico"@六本木ニコファーレ)
  5. Don't Stop The Move, Keep On Dancing!!! (SUPER DISCO Hits 9!!! CENTER OF THE DISCO!!!~TDCの真ん中でDISCOを叫ぶ~@TOKYO DOME CITY HALL)
  6. Say DISCO(武道館 DE DISCO!!!~SUPER DISCO Hits 10!!! the telephones 10th Anniversary~@日本武道館)
  7. Monkey Discooooooo(武道館 DE DISCO!!!~SUPER DISCO Hits 10!!! the telephones 10th Anniversary~@日本武道館)

初回限定盤のみ紙ジャケット仕様(売り切れ次第プラケースに切り替え)。「Last Party~We are DISCO!!!~」チケット先行抽選受付シリアルナンバー封入。

the telephones presents Last Party ~We are DISCO!!!~
  • 2015年11月3日(火・祝)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
    OPEN 9:30 / START 11:30
    <出演者>
    the telephones / サカナクション / THE BAWDIES / 9mm Parabellum Bullet / dustbox / and more
the telephones(テレフォンズ)

the telephones2005年に埼玉県浦和にて結成されたロックバンド。メンバーは石毛輝(Vo, G, Syn)、岡本伸明(Syn, Cowbell, Shriek)、長島涼平(B, Cho)、松本誠治(Dr)の4人。ポストパンク / ニューウェイブにも通じるダンスロックサウンドで各地のフェスを席巻し、2009年にEMIミュージック・ジャパン(現:ユニバーサルミュージック)と契約。同年7月にアルバム「DANCE FLOOR MONSTERS」でメジャーデビューを果たした。2011年には埼玉・さいたまスーパーアリーナでのワンマンライブ「SUPER DISCO Hits FINAL !!! ~そして伝説へ~」を開催。その後もコンスタントに新作をリリースし、2013年9月にはPOLYSICSと合同で初のヨーロッパツアーを敢行するなど、ワールドワイドに活動を展開する。結成10周年を迎える2015年3月にキャリア初のオールタイムベストアルバム「BEST HIT the telephones」をリリースし、同年5月に東京・日本武道館で単独ライブを開催。同年7月に7thアルバム「Bye Bye Hello」を発表。11月3日のさいたまスーパーアリーナ公演を最後に無期限で活動を休止する。