音楽ナタリー Power Push - ニコナタ(音楽)YOSHIKI

ファンと自然体でつながれる場所を求めて 「YOSHIKI CHANNEL」リニューアル

近年SNSを駆使して、突然の告知をするなど、常に話題にこと欠かないX JAPANのリーダー・YOSHIKI(Dr, Piano)。彼のニコニコチャンネル「YOSHIKI CHANNEL」が今年の夏にリニューアルされた。このチャンネルではこれまでにYOSHIKIがゲームに熱中する姿や、プレミアムイベントの模様、X JAPANのライブの模様や、記者会見後のインタビューなどが生配信され、今後もさらに濃厚なコンテンツが続々と配信される予定となっている。

音楽ナタリーでは、「YOSHIKI CHANNEL」の長時間特番「YOSHIKIの多忙な1日に密着!hideホログラムシアター、ミス・インターナショナル会場から生中継」が配信された当日の夜、YOSHIKI本人にインタビューを実施。彼が同チャンネルを開設したきっかけや、ニコニコ動画、ニコニコ生放送の魅力、さらにはインターネット黎明期にHIDE(G / X JAPAN)と交わした会話などを振り返ってもらった。そしてYOSHIKIがSNSで積極的に情報発信をするに至った経緯や、今後の展望についても話を聞いた。

取材・文 / 田中和宏 撮影 / 西槇太一

 
mixiチェック

テレビより自然体を見せられるのが魅力

──1日密着取材、お疲れさまでした。まずは会員制のニコニコチャンネル「YOSHIKI CHANNEL」を開設したきっかけを教えてください。

テレビだと構えちゃう部分があるんですが、このチャンネルだと視聴してくれるのはファンの方々なので、もっと自分の自然体をさらけ出せる雰囲気があっていいなと。以前マックスむらいさんとゲーム対決をしたんですが、僕はテレビ番組だとあまりそういうことをやらないんですね。でもそういう企画が気軽にファンに届けられるっていうのはとても楽しいなって。月に1、2回と言わずもっと頻繁に配信していけたらいいなと思っています。

──マックスむらいさんとのゲーム対決はバラエティ色の強い企画でしたが、ああいった企画はYOSHIKIさんとしては“アリ”だったんですか?

YOSHIKI

かなり“アリ”です、本当に面白かったですね。ゲームをやり出すとけっこうのめり込んじゃうタイプなので、配信されてることも忘れてたくらいでしたけど(笑)。

──「YOSHIKI CHANNEL」での配信というのは、ファンクラブでいう会報に近いものでしょうか?

そういう側面もありますが会報みたいな一方通行な内容だけではなく、もっと実験的なことをしていきたいです。ゲーム対決に関しては「太鼓の達人」の“神”がいまして(以前テレビ番組で共演)、より難易度の高いモードで対決してみようかと思ってます。以前「紅」を叩いてみたら、さすがに作曲者だってこともあってそれなりにいい点が出せたんで(笑)。

──実験的なことって具体的に何か案はあるんですか?

ほかのアーティストって「これをやったらいけないかな、ここから先はない」とかってけっこういっぱい線を作ってると思うんです。僕らはそういう境界線を平気で越えちゃうバンドなので、僕自身も「こんなことやっていいの?」みたいな予想外のコンテンツをこのチャンネルで配信していきたいです。ファンの方々は「こんなことをやってくれたらうれしいな」なんて期待を持ってこのチャンネルに入会しているはずですし。僕はその期待に応えたいし、そしてその期待をいい意味で裏切りたいです。

──近年ではハローキティとのコラボグッズ「yoshikitty」を発売したり、着物ブランド「YOSHIKIMONO」でデザイナーデビューをしたりしていますが、今後も音楽以外のジャンルとのコラボは考えているんですか?

頭に“き”の付くものはなんでもつなげてやっちゃおうみたいなことは常に思ってまして……「ヨシキンタロウ飴」とか(笑)。実はこれに関してはもう作り始めてるんですよ。あとは“YOSHIKIZAI”とかね、そういった音楽のマニアックな方面にもつなげていけたらなと。

──なるほど。機材と言えば、アメリカにあるレコーディングスタジオを移転なさったそうで。

昔のところはKissとかMetallicaも使ってた場所で、そこはそこですごいところだったんですけど、今のスタジオはもっとパワーアップしてます。超マニアックな機材をいっぱい持っているので、そういうものも「YOSHIKI CHANNEL」で紹介できたらいいかなって。

“指YOSHIKI”はすごかった

──ほかに「YOSHIKI CHANNEL」でやりたいことはありますか?

YOSHIKI

もちろんアーティスト同士の真剣な対談もしたいですね。あとは……僕がスポーツをやるとか(笑)。

──なるほど。確かYOSHIKIさんは高校時代、サッカー部に在籍していた時期があったそうですが。

ええ。超ダメダメでしたけどね。高校時代は血の気が多かったんで、サッカーなんて5分でレッドカードをもらっちゃうくらい。コーチには「サッカーはボールを蹴るもので、人を蹴るもんじゃない!」って怒られてました(笑)。柔道は体育の選択授業でやったくらいだったんですけどすぐ投げ飛ばされてましたね、軽いんで(笑)。

──(笑)。ちなみにニコニコ動画には“演奏してみた”というジャンルがありまして、X JAPANの楽曲をコピーしているユーザーの動画が多数アップされているんですが、ご覧になられたことはありますか?

最近、“指YOSHIKI”っていう動画を観ました。iPadのドラムアプリで指だけを使って演奏してるっていう。あれはすごかったな、今度「YOSHIKI CHANNEL」のゲストに呼んで対決とかしてみようかな(笑)。僕はドラムもピアノもやってるし、指ドラムだったらうまくいけそうな気がするんで。あと、ちょっと前にドラえもんのおもちゃが「紅」を叩いてるのを観て、すごい気に入っちゃってリツイートしちゃいました(笑)。(参照:Yoshiki(@YoshikiOfficial) | Twitter

──そもそもYOSHIKIさんがニコニコ動画、ニコニコ生放送を使うようになったきっかけは?

何年か前にX JAPANの24時間スペシャル(参照:YOSHIKI生出演!ニコ生でX JAPAN特別番組を24時間配信)をやりませんかって話をいただいて、面白そうだなって思ってからですね。同じ時期に(アメリカ・ロサンゼルスの)The Grammy Museumでコンサート(参照:YOSHIKI、アメリカ初ソロライブでX JAPAN名曲熱演)をやったんです。そのときに世界中のファンが「観たい!」って言ってくれていたので、海外向けにはUstreamで、日本向けにはニコ生で配信させていただいて。あと去年はThe Grammy Museumの屋上で「YOSHIKI CLASSICAL」のキックオフパーティ(参照:重大発表も?YOSHIKIグラミーミュージアム公演をニコ生で)のときもニコ生を使って、日本のファンに向けて生配信しました。

YOSHIKI CHANNEL

X JAPANのリーダー・YOSHIKIのニコニコ動画公式チャンネル。数秒でチケットが完売したプレミアムディナーショーの生中継や、YOSHIKIとマックスむらいによるゲーム対決の様子、YOSHIKIへの1日密着企画など、ここでしか閲覧できないスペシャルコンテンツをチャンネル会員限定で配信中。

X JAPAN 配信シングル「BORN TO BE FREE」 / 2015年11月6日配信開始
「BORN TO BE FREE」
X JAPAN JAPAN TOUR
  • 2015年11月28日(土)
    宮城県 石巻 BLUE RESISTANCE(※追加公演)
  • 2015年12月1日(火)
    神奈川県 横浜アリーナ(※追加公演)
  • 2015年12月2日(水)
    神奈川県 横浜アリーナ
  • 2015年12月3日(木)
    神奈川県 横浜アリーナ
  • 2015年12月4日(金)
    神奈川県 横浜アリーナ
  • 2015年12月7日(月)
    大阪府 大阪城ホール
  • 2015年12月9日(水)
    福岡県 マリンメッセ福岡
  • 2015年12月11日(金)
    広島県 広島グリーンアリーナ
  • 2015年12月14日(月)
    愛知県 日本ガイシホール
  • 2015年12月15日(火)
    愛知県 日本ガイシホール(※追加公演)
X Japan World Tour 2016 #XDAY

2016年3月12日(土)
イギリス The SSE Arena, Wembley
※現地時間

YOSHIKI(ヨシキ)
YOSHIKI

X JAPANでドラムとピアノを担当し、リーダー、プロデューサーも務める音楽家。1989年にXとしてアルバム「BLUE BLOOD」を発表し、メジャーデビューした。1991年からソロ活動を始め、1999年には「天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典」の奉祝曲の制作依頼を受けてピアノコンツェルト「Anniversary」を作曲する。2008年1月には映画「SAW IV」の全世界エンディングテーマ曲「I.V.」などをはじめとする数々のハリウッド映画音楽を手がけ、2012年、2013年と2年連続して「ゴールデングローブ賞のテーマ曲」を作曲するなど世界が注目するプロジェクトに多数携わる。2013年9月、約8年半ぶりのソロアルバム「YOSHIKI CLASSICAL」を発表し、2014年にはソロ初のワールドツアー「YOSHIKI CLASSICAL WORLD TOUR 2014」を開催した。また自身の着物ブランド「YOSHIKIMONO」でデザイナーデビューを果たしたほか、近年ではニコニコチャンネル「YOSHIKI CHANNEL」でディナーショーの模様や記者会見、ゲーム対決といった幅広いコンテンツを配信しているほか、SNSを駆使した積極的な情報発信でも注目を集めている。またX JAPANとしては2015年に約20年ぶりとなる日本ツアーを開催し、大みそかには実に18年ぶりの「NHK紅白歌合戦」出場が決定。2016年3月には20年ぶりとなるアルバム(タイトル未定)をリリースし、イギリスのThe SSE Arena, Wembleyにてコンサートを行う。