音楽ナタリー PowerPush - a flood of circle

佐々木亮介&Duranが語る新生AFOC

新ギタリストとしてDuranを迎えたa flood of circleから、ニューアルバム「GOLDEN TIME」が届けられた。実に5年ぶりに4人編成となった彼らの新作は、音の熱さも厚みも十分な、新体制の勢いを感じさせるアルバムに仕上がっている。

ナタリーは今回、フロントマンの佐々木亮介と、新生a flood of circleのキーパーソンとも言えるDuranにインタビューを行った。2人の言葉を通して、転がり続けるバンド・a flood of circleの“今”を感じ取ってほしい。

取材・文 / 中野明子

 
mixiチェック

出会っちゃったんですよね

──なぜこのタイミングでDuranさんをギタリストとして迎えることになったんですか?

左からDuran(G)、佐々木亮介(Vo, G)。

佐々木亮介(Vo, G) 別にギタリストを入れようとか焦っていたわけではなくて、出会っちゃったんですよね、Duranに。a flood of circleって2009年に初代のギタリストが失踪して、そこからライブはサポートを入れて、レコーディングは3人で録音した音源に、最後に俺がギターを重ねる作業を続けてきたんです。で、姐さん(HISAYO)が入ってから作った「LOVE IS LIKE A ROCK’N’ROLL」「FUCK FOREVER」「I'M FREE」っていう3枚のアルバムで、そのスタイルをやりきった感じがあったんですよね。で、次どうしようって思ってたときに、会っちゃったんですよ。たまたまスポーンと入ってきやがったというか。

Duran(G) はははは(笑)。

──もともとDuranさんのことは知ってたんですか?

佐々木 いや。俺、「I'M FREE」が出た頃にグレッチとエンドースメント契約を交わしたんですけど、“グレッチおじさん”と呼ばれる名物スタッフとコーヒーを飲んでるときに「Duranっていういいギタリストがいて、佐々木くんと歳も近いんだよ」って。そこでどんなヤツなんだろうって興味を持って、一度飲みに行こうって自分から連絡したんです。で、初めて会った日がThe ROOTLESSから脱退するって発表したときで、「今日バンド辞めるって言った日だよね? 俺と飲んでていいの?」って(笑)。でも、そこからちょっと何か起こるかもっていう予感はあったんですよ。

──かと言って、すぐに加入っていう話になったわけではないですよね?

佐々木 ええ。初めて会ったあとにもう1回飲む機会があって、そのときにものすごいDuranが酔っ払って。普通の居酒屋でジャックダニエルを1本空けたりしてて、「コイツすげえ!」って思ってたらトイレで吐いてた(笑)。で、便所で介抱しながら貸しが1個作れたと思って、直後にあった俺の弾き語りライブで急遽ギターを弾いてもらって。

──「メンバーにしたい」と思った決定打はなんだったんですか?

佐々木 全県ツアーをやってた今年の1月くらいに、ナベちゃん(渡邊一丘)といろいろ話し合ってたんですよ。ツアーも中盤に差し掛かって後半をよくするためにはどうしたらいいのかとか考えながら、シングル「KIDS / アカネ」のレコーディングも並行してやってて。そのときにレコーディングで大きな壁にぶち当たって。打開策を考えるために、飲みながら姐さんを含めて3人で話し合いをしてたんですね。まあ、いつも「これは解散かな」とか言いながら、最後は「続けるしかない」ってことになるんですけど(笑)。で、酔っ払った勢いで知り合ったばかりのDuranを呼び出して。そしたら自分のバンドの初ライブの日なのに、ライブ終わったあとに来たんですよ。

Duran a flood of circleのメンバーもそろってるって言うし、「来ちゃった」って感じで合流したんですよ。

佐々木 それで一緒に飲んでテンション上がって、スタジオ入っちゃおうってなったんです。で、初めてセッションしたらすごい気持ちよくて。

Duran セッションして終わったあとに、佐々木くんが吐いて。

佐々木 介抱されながら吐き終わってホッとして、思わず「バンドやろう」って言っちゃったんですよね。

──かなり勢い任せですね(笑)。でもそういう言葉が出たということは、セッションする中で音楽的に近いものを感じたんですか?

佐々木 感じましたね。あとブルース好きでそれが彼の根底にあるのは話してる中でわかったし、小さいライブハウスでもやるし、サポートで大きなステージでもやるし、いろんなものを見てるっていうのにシンパシーを覚えたんです。

「俺、佐々木くんだったらいいかも」

──a flood of circleは5年くらい3ピースバンドとして活動していて、特に今の体制になってからだいぶ安定した印象があったので、これを突き詰めていくのかなって思ってたんです。新しいメンバーを迎えるのは覚悟が必要だったと思うのですが。

a flood of circle

佐々木 と言っても、a flood of circleは数年ごとに節目があるバンドですから(笑)。俺にとっては、2009年に失踪した最初のギタリストがトラウマになってて。あいつとa flood of circleを組んだし、ギタリストとしてもすごく好きだったし、いなくなってから1年くらいは小田急線乗るとつい捜しちゃうくらいだったんですよ。だからそのあともギタリストは入れられなかった。でもDuranと会ってセッションしたときに、バンドを初めて組んだときのような気持ちが湧いて。それはナベちゃんとも共有してる気持ちなんだけど。初めてセッションしたあとに、「やろう」って言っちゃうくらいだった。

Duran 吐いた直後にね(笑)。僕は前からa flood of circleをリスナーとして聴いてたし、サウンドやバンドの姿勢にブルースを感じて。だから佐々木くんから連絡が来たときは「マジ?」ってびっくりしたもん。

佐々木 あ、そうなんだ。でも、最初全然話さなかったよね。年上なのに年下っぽいしゃべり方してたんですよ。

Duran すごい緊張してたんだよ。俺、正直なこと言うと、The ROOTLESSを抜けるときにバンドのボーカルの横では二度とギターを弾かないって決めてたんですよ。

佐々木 え? そうなの?

Duran あとサポートの話があっても、生意気にも選んでたんですよ。プライドを持ってギター弾いてるし、The ROOTLESSを真剣にやってたからこそ、誰がボーカルだろうと気軽に受けちゃいけないんじゃないかと思って。でも、佐々木くんと会って話したときに「俺、佐々木くんだったらいいかも」って思ったんだよね。

──なんだか2人の出会いって再婚話みたいですね。

佐々木 確かに。子供になんて言って説得しようみたいな(笑)。この場合メンバーだけど。

──でも、佐々木さんだけでなく、セッションを通してHISAYOさんも渡邊さんもDuranさんを受け入れたからこそ、今回のような体制になったんですよね。

佐々木 そうですね。あのときのセッションどうだった?とは、お互い恥ずかしくて聞けないですけどね。ただ、Duranも自分のバンドを始めてたし、The ROOTLESS脱退直後だったからどういうふうにa flood of circleに入ってもらうのがベストか考えなきゃいけなかったんですよ。俺らはライブは曽根(巧)さんがずっとサポートギターをやってきてくれたから、それもいつまで一緒にやるのかを決めなきゃいけなかった。だから全県ツアーが終わった4月に改めて飲みに行って、時期やなにかを決めていきましたね。

ニューアルバム「GOLDEN TIME」 / 2014年11月5日発売 / IMPERIAL RECORDS
ニューアルバム「GOLDEN TIME」
初回限定盤 [CD+DVD] / 3564円 / TECI-1422
通常盤 [CD] / 3024円 / TECI-1423
CD収録曲
  1. GO (Album ver.)
  2. Golden Time
  3. スカイウォーカー
  4. STARS
  5. ホットチョコレート
  6. Cigarette Roll
  7. Black Eye Blues
  8. Rodeo Drive
  9. KIDS
  10. アカネ
  11. Party!!!
初回限定盤DVD収録内容
  • 「Golden Time」PV
  • 「STARS」PV
  • 「KIDS」PV
  • 8th Anniversary Oneman Live“レトロスペクティヴ” 東京キネマ倶楽部3daysのドキュメント映像
  • ナイスサポート曽根巧ドライブデート風インタビュー
AFOC Tour "Golden Time Rock'n'Roll Show"
2014年11月15日(土)千葉県 千葉LOOK
出演者a flood of circle / RADIO CAROLINE
※チケット完売
2014年11月16日(日)神奈川県 F.A.D YOKOHAMA
出演者a flood of circle / KING BROTHERS
※チケット完売
2014年11月21日(金)愛媛県 Double-u studio
出演者a flood of circle / cinema staff
※チケット完売
2014年11月22日(土)大分県 club SPOT
出演者a flood of circle / cinema staff
2014年11月24日(月・祝)兵庫県 MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
出演者a flood of circle / locofrank
※チケット完売
2014年11月29日(土)茨城県 mito LIGHT HOUSE
出演者a flood of circle / TOTALFAT
※チケット完売
2014年12月5日(金)岩手県 盛岡club change
出演者a flood of circle / Keishi Tanaka
2014年12月7日(日)宮城県 BLUE RESISTANCE
出演者a flood of circle / Keishi Tanaka
2015年2月12日(木)長野県 LIVE HOUSE J
出演者a flood of circle / and more
2015年2月14日(土)宮城県 SENDAI CLUB JUNK BOX
出演者a flood of circle / and more
2015年2月21日(土)北海道 cube garden
出演者a flood of circle / and more
2015年2月27日(金)大阪府 BIGCAT
出演者a flood of circle / and more
2015年2月28日(土)愛知県 DIAMOND HALL
出演者a flood of circle / and more
2015年3月7日(土)東京都 EX THEATER ROPPONGI
出演者a flood of circle / and more
2015年3月8日(日)東京都 EX THEATER ROPPONGI
出演者a flood of circle / and more
a flood of circle出演情報
SHINJUKULOFT 15TH ANNIVERSARY
"LOFT MUSIC & CULTURE FESTIVAL 2014"
2014年11月30日(日)神奈川県 CLUB CITTA'
出演者 a flood of circle / THE BACK HORN / The Birthday / 怒髪天 / OLEDICKFOGGY / SA / NEW ROTE'KA&NEW ROTeKA
DJDADDY-O-NOV / MIWAKO(GONNA BALL)/ MORICAWA(Low-Cal-Ball, FRIDAY NIGHT OUT)/ RCF ALL STARS / SATO(URASUJI.)/ TAKESHI(SLAP of CEMENTERY)/ YU-ICHI(LONDON NITE)
SAKANAMONのアリが対バンツアー2014
2014年12月1日(月)東京都 LIQUIDROOM
出演者 SAKANAMON / a flood of circle
FM802 25th Anniversary 802GO! ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY
2014年12月28日(日)大阪府 インテックス大阪
a flood of circle(アフラッドオブサークル)

a flood of circle

2006年結成。ブルースや70年代ロックをベースにしたフリーキーなサウンド、ボーカル佐々木亮介(Vo, G)の強烈な歌声と、観る者を圧倒するライブパフォーマンスで話題を集める。結成当初は下北沢・渋谷界隈を中心にライブを行い、次第に活動地域を拡大。2007年7月に初音源となるミニアルバム「a flood of circle」をリリースする。同時期に新人バンドの登竜門「FUJI ROCK FESTIVAL '07」のROOKIE A GO-GOステージに出演し反響を呼ぶ。2009年4月、1stフルアルバム「BUFFALO SOUL」でメジャーデビューを果たすが、全国ツアー中の7月に当時在籍していたギタリストが失踪。しかしバンドは活動を止めることなくライブを継続し、同年11月にアルバム「PARADOX PARADE」を発表。2012年9月にインペリアルレコードに移籍してからも精力的なリリースを続ける。2014年9月にDuran(G)の加入が発表され、バンドは佐々木、HISAYO(B)、渡邊一丘(Dr)、Duranの4人体制となった。11月にはニューアルバム「GOLDEN TIME」をリリース。