コミックナタリー

出版人・蔦屋重三郎が、面白い本を作り江戸を楽しくする「江戸の蔦屋さん」1巻

160

桐丸ゆいがまんがタイムジャンボ(芳文社)で連載する「江戸の蔦屋さん」1巻が、本日8月7日に発売された。

「江戸の蔦屋さん」は実在した出版人・蔦屋重三郎を主役に、江戸時代の書店と作家の関係を描いた時代劇。出版社の社長であり書店の経営者でもある重三郎が、駆け出し絵師・歌麿を家に居候させたり、山東京伝と吉原へと打ち合わせに出かけたりと、当時のクリエイターたちに声をかけ仕事に励む。

コミックナタリーをフォロー