コミックナタリー

映画「銀魂」が嵐電をジャック? 特別電車や万事屋の再現も

3031

万事屋セットの一部。

万事屋セットの一部。

空知英秋原作の実写映画「銀魂」の公開を記念したイベント「実写映画銀魂公開記念 京都ブルルン滞在記」が開催。5月27日から9月3日まで、映画のロケが行われた京都・東映太秦映画村や京都市の嵐電沿線一帯を舞台に行われる。

期間中はスタンプラリー、特別電車の運行、体験スペースなどさまざまな企画が展開される。「実写版なんてきいてないんですけどォォォ! スタンプラリー」では、嵐電四条大宮駅、東映太秦映画村ほか全6カ所にスタンプを設置。すべてのスタンプを集めると、アニメ描き下ろしオリジナル缶バッジがプレゼントされるので興味のある人はチャレンジしてみては。また四条大宮から嵐山を結ぶ嵐電が車体装飾やオリジナルヘッドマークを施され、実写版「銀魂」仕様になった特別電車が運行される。

さらに「映画村に実写銀魂の世界登場ゥゥゥ!」と題した体験スペースでは、実写映画「銀時」の撮影で使用された、万事屋セットの一部を再現。アニメ版の銀時、新八、神楽の撮り下ろしボイスが場内を案内をする。またアニメ描き下ろし等身大パネルの撮影コーナー、コラボフードや描き下ろしグッズの販売なども用意されている。

そのほか、イベントの開催を記念し、嵐電1日フリーきっぷの引換券と東映太秦映画村の入村券のセットに、特製パスケースが付いた記念チケットを販売。パスケースは描き下ろしイラストを使用したオリジナルで、銀時、土方、高杉の3種類が順次登場する。

実写映画「銀魂」は7月14日公開。銀時役を小栗旬、新八役を菅田将暉、神楽役を橋本環奈、脚本・監督は「勇者ヨシヒコ」シリーズなどで知られる福田雄一が務める。

実写映画銀魂公開記念 京都ブルルン滞在記

期間:2017年5月27日(土)~9月3日(日)
場所:東映太秦映画村、嵐電沿線一帯

コミックナタリーをフォロー