コミックナタリー

毎週リアタイ!「恋愛暴君」青山吉能、小野賢章らAnimeJapanでトーク

161

三星めがね原作によるアニメ「恋愛暴君」のステージイベントが、本日3月25日に東京ビッグサイトで催された「AnimeJapan 2017」内のエイベックス・ピクチャーズブースにて行われた。

イベントにはグリ役の青山吉能、藍野青司役の小野賢章、緋山茜役の沼倉愛美、黄蝶ヶ崎柚役の長野佑紀、椎名茉莉役の大坪由佳が登壇。青山、沼倉、長野はそれぞれ自身が演じるキャラクターにちなんだコスチュームに身を包み、小野はコラリのぬいぐるみ、大坪は沼倉が持ちきれなかったグルカナイフを手にステージに現れた。

青山はグリについて「ポテンシャルが高い。いろんな可能性を秘めてるキャラクター」と説明する。「恋愛暴君」を「ドタバタしている作品。突っ込みどころが多くて、それも魅力の1つ」と語る小野は、青司のことを「すごく真っ直ぐで正義感が強い男の子。だから(周りのキャラクターに)巻き込まれていくのかな」と述べた。

沼倉は「青司くんを心から愛しているので、青司くんが絡むと愛が爆発して人を刺してしまう」という茜に対し、「信じてくれるかわからないんですけど(笑)、すごくピュアな子なんです」とフォローを入れる。長野は「柚ちゃんは茜さんが大好きな子。箱入り娘ということもあり、自分の気持ちを素直に言葉にする、感情豊かな女の子なので演じていて楽しいです」と笑顔を見せる。大坪は茉莉について「見た目は真面目だけどかなり小悪魔な子。自分が男だったらこういう子に弄ばれたい(笑)」と告白した。

イベントでは長野が手作りのお菓子を現場に持ってきたというエピソードなど、収録中の裏話も展開される。また作品のことをよく知るためのクイズコーナーでは、作中のシーンに合った四字熟語をそれぞれが回答。キャストはイラストで回答したりボケを連発したりと、会場を盛り上げた。

さらに青山が所属する7人組グループ・Wake Up, Girls!によるオープニングテーマ「恋?で愛?で暴君です!」と、大坪由佳とゆうゆによるユニット・smileY inc.が担当するエンディングテーマ「『スキ』を教えて」の話題も。大坪は「『スキ』を教えて」について、「『恋愛暴君』に出てくる“天使”や“悪魔”という単語が歌詞にたくさんちりばめられていて、女の子目線の恋愛ソングです」とコメント。青山は「恋?で愛?で暴君です!」は「めちゃくちゃポップな曲で、ライブでも盛り上がる曲になると思います」とファンにオススメした。また青山は観客に向けて「遅い時間の放送になりますが、私は毎週リアタイする予定なので皆さんも一緒に観ていただけたら」とメッセージを送った。

「恋愛暴君」は任意の2人を強制的にキスさせるというアイテムをもった天使・グリと、男子高校生の青司、青司のことが大好きなヤンデレの女子高生・茜を軸に描くラブコメディ。アニメは4月6日にテレビ東京にて放送がスタートし、BSジャパン、AT-Xでも順次オンエアされる。

※「AnimeJapan」のイベントレポートなど関連記事はこちらから!

(c)三星めがね・COMICメテオ/恋愛暴君製作委員会

コミックナタリーをフォロー