コミックナタリー

麻生羽呂「今際の国のアリス」5年半の連載に幕、命懸けの“げぇむ”に挑む物語

211

麻生羽呂「今際の国のアリス」が、本日3月2日発売の週刊少年サンデー14号(小学館)にて最終回を迎えた。

「今際の国のアリス」は荒廃した謎の世界に迷い込んだ主人公たちが、生き残りを賭けて命懸けの「げぇむ」に挑むサバイバル・サスペンス。2010年に少年サンデーS(小学館)にて連載がスタートし、週刊少年サンデーに発表の場を移し掲載されてきた。単行本12巻から14巻にかけては、オリジナルアニメDVDが付属するなどの展開も。単行本の累計発行部数は130万部を記録し、最終18巻は4月18日に発売される予定だ。

なお月刊サンデーGX(小学館)では、同作のスピンオフ「今際の路のアリス」が連載中。マンガは「正しいコドモの作り方!」の黒田高祥が手がけている。

コミックナタリーをフォロー