コミックナタリー

広瀬すず「『ちはやふる』にすべてを懸けた」、完成披露で思い明かす

1629

「ちはやふる -上の句-」完成披露舞台挨拶の様子。

「ちはやふる -上の句-」完成披露舞台挨拶の様子。

末次由紀原作による映画「ちはやふる -上の句-」の完成披露試写会が、本日2月24日に東京・TOKYO DOME CITY HALLにて開催された。

イベントでは綾瀬千早役の広瀬すず、真島太一役の野村周平、綿谷新役の真剣佑、大江奏役の上白石萌音、西田優征役の矢本悠馬、駒野勉役の森永悠希、須藤暁人役の清水尋也、若宮詩暢役の松岡茉優といったメインキャスト8名と小泉徳宏監督が、真っ赤なカーペットを歩いて登場。このカーペットは本作の象徴である百人一首の和歌「ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは」をモチーフにしたもの。会場に集まった1600人の観客を前に、広瀬が「なんか緊張してきちゃった」とつぶやくと、野村はじめキャストたちが「がんばれ!」と声援を送った。

真剣佑は「完成作品を観て、最初の5秒で鳥肌が立ちました」とコメント。野村から「どこから数えて5秒?」と鋭い質問が飛ぶと、真剣佑は「東宝と日テレの(ロゴの)あとです!」と答える。しかし松岡が「そこから鳥肌立ったって言っといたほうがいいんじゃない?」とアドバイスをすると、即座に「そこからです!」と訂正して笑いを誘う。

撮影中のエピソードを聞かれた広瀬は、矢本が真夏に撮影したテニスのシーンで熱中症になったという裏話を明かした。ここで現在25歳の矢本への“最年長いじり”がスタートし、野村は「話の中心はいつも矢本悠馬でした。(撮影中も)ずっと面白いことやってたもんね。一発ギャグやってよ!」と唐突にリクエスト。松岡や清水もわざとらしく「1600人もお客さんいるんだよ!?」「さすがに無理だよね」と悪ノリし、矢本を追い詰めていく。矢本は汗だくになりながら「ファイヤー!」と叫ぶも、野村が「まあ現場では一発ギャグなんてやってなかったんですけどね(笑)。矢本くん汗がすごいよ! 熱中症で倒れないでね!」とオチを付けた。

本作ではかるたの試合中の素早い動きを捉えるため、1秒間に1000コマ撮影できるハイスピードカメラを使用。小泉は「だいたい1000コマのうち1コマくらいは変顔が映るんですけど、松岡さんはそれが1コマたりとも出てこない」と絶賛する。野村は自分たちを指さし不思議そうな顔をするが、小泉に「君たちは、(変顔が)出る出る!」と言われて「こっちもそれなりに必死でやってるんだよ!」とアピールした。

映画初主演を務めた感想を聞かれた広瀬は、「いいのか悪いのかわからないけど、まったく意識しませんでした。現場に行くとみんなが千早の感情を引っ張ってくれたんです」と感謝を述べる。さらに「この映画ですずに出会えたことが私の宝物」と話した上白石へ、広瀬が「萌音姉大好き!」と声をかけると、間に立っていた野村が不満顔に。清水から「俺は周平が大好き!」と言われた野村は投げキッスで返し、ファンから黄色い悲鳴が上がる一幕も。

イベント終盤に、広瀬は「共演者の人たちと一緒に、ああしたい、こうしたいと話したのは初めてだし、かるたのシーンでは監督にOKと言われても『もう1回やってもいいですか』って言い張ることも多かった。スタッフの皆さんには申し訳なかったけど、みんなとの雰囲気や距離感がすごく刺激的でした。大人になってもずっと大事にしたいって思える仲間に出会えた」と改めて仲間へ言葉をかける。最後に、「ここにいるみんなと一緒に、競技かるたと『ちはやふる』という作品にすべてを懸けました。それが1人でも多くの方に届けばいいなと思っています」と挨拶し、舞台挨拶を締めくくった。

映画「ちはやふる」は2部作で制作。「ちはやふる -上の句-」は3月19日、「ちはやふる -下の句-」は4月29日に封切られる。

(c)2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (c)末次由紀 / 講談社

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】
  • コミックナタリー大賞